ストレスの少ない仕事、ストレスが多い仕事の特徴

「今よりもラクな仕事に就きたい…」と考えたことはありませんか?

仕事にストレスは付き物であるとはいえ、できるだけストレスフリーで働きたい思うのは当然のことです。

そこで、今回はストレスが多い・少ない仕事の特徴、実際にストレスが低いといわれる職種についてご紹介していきます。

まず、ストレスを感じるポイントを知る

インドア派・アウトドア派でストレスの発散方法が違うように、ストレスを感じる部分も個人によって変わってきます。

体を動かすのが苦痛なのか、じっとしているのが苦痛なのか。話すことが好きなのか、黙っている方が好きなのか。

そういった意味で、誰もがラクだと感じる仕事があるとは言いにくいですが、少なくともあなた自身のストレスポイントを知ることで、どんな仕事にストレスを感じるかは判断できます。

これまでの仕事を振り返ってみて、どんなことに苦痛を感じてきたか、逆にどんなことなら精を出せたか思い出してみましょう。

精神的ストレスが多い仕事の特徴

ストレスは大きく分けて「精神的ストレス」「肉体的ストレス」の2つがあります。

自分の悩みに当てはまるかどうか、1つずつチェックしてみましょう。

1.ノルマがある

営業職などによく見られるノルマ。

ノルマがあると毎日頭の片隅から「ノルマ」の圧力を感じ、嫌でもストレスが蓄積していきます。

特に未達成のときに怒られたり、嫌みを言われる環境だったりするとさらにストレス度は高くなる一方です。

もちろんノルマを達成できたときの高揚感はすばらしいものですが、真面目でコツコツがんばるタイプの人だと、知らず知らずのうちに負担を感じて、気分が落ち込んでしまうことも少なくありません。

2.仕事量多すぎる、少なすぎる

仕事量は多すぎても少なすぎてもストレスを感じてしまいます。

多すぎれば残業ばかり、場合によってはサービス残業や休日出勤の必要も出てきます。

逆に少なすぎれば時間を持て余してしまい、時計を何度見ても一向に時間が進まない、座りながら金縛りに会っている気分を味わわねばなりません。

まったく時計を見れない忙しいさも、時計ばかり見てしまう暇さも、人には同様に苦痛を与える要素になるのです。

3.人間関係が悪い

仕事に限らず、どんな世代のストレスにも代表的なのは人間関係です。

嫌味ばかり言ってくる上司やサボってばかりの後輩、一向に職場に馴染めず孤独感を感じているなど、挙げればキリがありません。

どんなに仕事自体が楽しくても、人間関係が悪いとスムーズに事が運ばず、仕事のモチベーションが落ちる原因にもなります。

逆に人間関係が良いと、仕事が好きではなくても楽しく感じたりパフォーマンスも上がったりするという側面もあるのです。

4.給料が少ない

多くの人にとって、給料日はテンションの上がる日ですよね。

仕事は大変だけど給料を貰うことでストレスを緩和している、成果が給料に反映されるから頑張れる、という人も少なくありません。

もし給料の低さが原因で、毎日お金を意識しながら生活しなければならない状態なら、仕事面だけでなくプライベートでのストレスも溜めてしまうことになります。

5.仕事内容が自分に合っていない

「つまらない…」と毎日思いながら仕事をするのは苦痛です。

一般的にラクだといわれる事務や作業系の仕事も、ルーティンワークに飽き飽きしてしまうタイプの人にとってはストレスに感じてしまいます。

他にも自分の得意なこと、やりたいことと全く違う仕事を強いられたり、自分の能力を発揮できない職場では不満を感じてしまいがちです。

肉体的ストレスが多い仕事の特徴

精神的ストレスほど項目はありませんが、こちらは直に体調不良に繋がることもあるので蔑ろにできません。

1.残業や休日出勤が多い

平日は早く仕事を終わらせて家でゆっくりしたい、休日はしっかりリフレッシュできる時間がほしい。

それを許してくれないのが残業と休日出勤です。

帰りが遅いと夕飯をカップ麺1つで済ませてしまったり、休日出勤で疲労が蓄積し続けてしまったりする恐れもあります。

業界の繁忙期によってはやむを得ない場合もありますが、仕事とプライベートのオンオフは健康を保つために必要な要素です。

2.外回り・力仕事がある

運動が苦手な人にとっては地獄のような仕事でしょう。

全く動かないことも問題ではりますが、真夏もスーツを着たまま外回り、毎日が体力勝負の力仕事では体への負担は避けられません。

しかし元々スポーツが好きでオフィスワークが辛い人とっては、汗水をたらすことが逆にやりがいを感じる要素になることもあります。

3.職場が遠すぎる

今はリモートワーク化が進みオフィスへの出勤も減っているかと思いますが、それでも在宅ですべて完結できることは少ないです。

アメリカの調査では「通勤に1時間以上かけている人は、さらに1分増えるごとに幸福度が下がっていく」という結果が出ています。

職場の遠さは幸福度に関係することから、長すぎる通勤時間はストレスの原因になると考えられます。

ストレスの少ない仕事とは?

では、実際にストレスフリーの仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

精神面・体力面を考えながらランキングを追っていきましょう。

ストレスの少ない仕事ランキング

人材派遣会社ビズヒッツは、働く男女532人を対象に「ストレスの少ない仕事に関する意識調査」を行いました。

1位~7位までの結果は以下の通りです。

1位倉庫・工場での作業
2位事務職
3位販売職
4位データ入力
5位飲食店の接客
6位受付・案内業務
7位ドライバー・配達

単純作業で1人で黙々とできる「倉庫・工場の作業」「事務」が上位に挙がっています。

事務には電話対応が含まれることもありますが、電話は一時的な接客であるため負担も少ないといえるでしょう。

1人で仕事が完結する、かつルーティンワークが多いという点では、「データ入力」「ドライバー・配達」も当てはまります。

3位は意外にも接客業務である「販売職」で、こちらは1位2位とは対照に、接客やコミュニケーションが好きな人にとってストレスフリーな職種だといえます。

「飲食店の接客」や「受付・案内業務」も同様の理由でランクインしており、人間関係の濃淡で職種が二分されていることも窺えます。

ただ、ストレスの少ない業務内容である分給料も低めに設定されていることも理解しておきましょう。

番外編:人間関係が少ない仕事

前述した通り、ストレスの判断基準として人間関係はよく用いられます。

ランキング以外にも、人間関係の少ない仕事には以下のものも挙げられます。

  • 警備員
  • 清掃員
  • ビルメンテナンス
  • 農業
  • プログラマー
  • Webライター

警備員や清掃員は、基本的に1人や少人数制。適度に体を動かす仕事であるため働きやすい仕事であるといえます。

ビルメンテナンスは建物に異常がないか点検する仕事で、1日のスケジュールはほぼ一緒、ルーティンワークが中心となります。

プログラマー・WebライターなどのWeb関連の仕事については在宅で働きやすい一方、スキルが求められたり納期があったりして、多職種に比べるとストレスフリーとは言いにくい面もあることを理解しておきましょう。

仕事のストレスが体に与える影響は大きい

ストレスを1ミリも感じない仕事はなかなか無いでしょうが、過剰なストレスは心身に様々な悪影響を及ぼすことを忘れてはいけません。

最悪の場合、うつ病などの精神疾患になってしまったり、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気になってしまうこともあるのです。

どういったことにストレスを感じやすいかや、ストレスに対して強いか弱いかは人によって様々。

だからこそ自分自身を労り、無理だと感じたときには仕事を変えることも考えてみましょう。

 

 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

doda
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント/転職サイト
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話・Webで可能対面・電話・Webで可能対面・電話・Webで可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
その他の時間は要相談
平日:~20時30分
土曜日:9時30分~17時30分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~18時30分
 

※1 2020年12月

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

doda

対象の年代25歳~34歳
どんな人に向いている?

・特に技術職、営業職を希望の方
・転職エージェントから履歴書の書き方から年収交渉まで、サポートをしっかりと受けたい方
・転職エージェントを利用せずに転職活動を進めたい方
・現在の年収が300万円を超えている方

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事