ストレスが溜まりやすい仕事とストレスの少ない仕事の特徴について。自身に合った仕事でストレスを軽減させることが大切。「今よりもストレスの少ない仕事に就きたい…」と考えたことはありませんか?

仕事にストレスはつきものとはいえど、できるだけストレスフリーで働きたい思うのは当然のことです。

そこで、今回はストレスの少ない仕事の特徴や職種についてご紹介していきます。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

大切なのはストレスの度合い

大切なのはストレスの度合い

ストレスは仕事のパフォーマンスや自身の心身に大きく影響を与えるため、ないに越したことはありません。

ただ、正直なところストレスを感じずに仕事をすることは非常に難しいです。

株式会社ビズヒッツが実施した「仕事のストレスに関する意識調査」では、対象の500人のうち95.8%もの人が仕事でストレスを感じたことがあると回答しています

このことからも、ほとんどの人が仕事でストレスを感じているということが分かります。

ただ、皆が皆ストレスによって同じ負担を感じているわけではありません。

仕事にストレスはつきものだとしても、その度合いによって心身への負担は大きく異なります

大切なのはストレスを最小限に抑え、自身への影響を少なくすることなのです。

自分のストレスポイントを把握する

インドア派・アウトドア派でストレスの発散方法が違うように、ストレスを感じる部分も個人によって変わってきます。

体を動かすのが苦痛なのか、じっとしているのが苦痛なのか。話すことが好きなのか、黙っている方が好きなのか。

あなた自身のストレスポイントを理解することで、状況ごとに変化するストレスの度合いを把握することができます

これまでの仕事を振り返ってみて、どんなことに苦痛を感じてきたか、逆にどんなことなら精を出せたか思い出してみましょう。

ストレスが溜まりやすい仕事の特徴

ストレスが溜まりやすい仕事の特徴

ストレスは大きく分けて「精神的ストレス」「肉体的ストレス」の2つがあります。

自分の悩みに当てはまるかどうか、1つずつチェックしてみましょう。

精神的ストレスが溜まりやすい仕事の特徴

ノルマがある

営業職などによく見られるノルマ。

ノルマがあると毎日頭の片隅から「ノルマ」の圧力を感じ、嫌でもストレスが蓄積していきます。

特に未達成のときに怒られたり、嫌みを言われる環境だったりするとさらにストレス度は高くなる一方です。

もちろんノルマを達成できたときの高揚感はすばらしいものですが、真面目でコツコツがんばるタイプの人だと、知らず知らずのうちに負担を感じて、気分が落ち込んでしまうことも少なくありません

仕事量が多すぎる、少なすぎる

仕事量は多すぎても少なすぎてもストレスを感じてしまいます。

多すぎれば残業ばかり、場合によってはサービス残業や休日出勤の必要も出てきます。

逆に少なすぎれば時間を持て余してしまい、時計を何度見ても一向に時間が進まない、座りながら金縛りに会っている気分を味わわねばなりません。

まったく時計を見れない忙しいさも、時計ばかり見てしまう暇さも、人には同様に苦痛を与える要素になるのです。

人間関係が悪い

あらゆる世代の代表的なストレスの要因として挙げられるのが人間関係です。

嫌味ばかり言ってくる上司やサボってばかりの後輩、一向に職場に馴染めず孤独感を感じているなど、挙げればキリがありません。

どんなに仕事自体が楽しくても、人間関係が悪いとスムーズに事が運ばず、仕事のモチベーションが落ちる原因にもなります

逆に人間関係が良いと、仕事が好きではなくても楽しく感じたりパフォーマンスも上がったりするという側面もあるのです。

給料が少ない

多くの人にとって、給料日はテンションの上がる日ですよね。

仕事は大変だけど給料を貰うことでストレスを緩和している、成果が給料に反映されるから頑張れる、という人も少なくありません。

もし給料の低さが原因で、毎日お金を意識して生活しなければならない状態なら、仕事面だけでなくプライベートでのストレスも溜めてしまうことになります

仕事内容が自分に合っていない

「つまらない…」と毎日思いながら仕事をするのは苦痛です。

一般的にラクだといわれる事務や作業系の仕事も、ルーティンワークに飽き飽きしてしまうタイプの人にとってはストレスに感じてしまいます

他にも自分の得意なことややりたいことと全く違う仕事を強いられたり、自分の能力を発揮できない職場では不満を感じてしまいがちです。

肉体的ストレスが溜まりやすい仕事の特徴

精神的ストレスほど項目はありませんが、こちらは直に体調不良に繋がることもあるので蔑ろにできません。

残業や休日出勤が多い

平日は早く仕事を終わらせて家でゆっくりしたい、休日はしっかりリフレッシュできる時間がほしい。

それを許してくれないのが残業と休日出勤です。

帰りが遅いと夕飯をカップ麺1つで済ませてしまったり、休日出勤で疲労が蓄積し続けてしまったりする恐れもあります。

業界の繁忙期によってはやむを得ない場合もありますが、仕事とプライベートのオンオフは健康を保つために必要な要素です。

外回り・力仕事がある

運動が苦手な人にとっては地獄のような仕事でしょう。

全く動かないことも問題ではりますが、真夏もスーツを着たまま外回り、毎日が体力勝負の力仕事では体への負担は避けられません。

しかし元々スポーツが好きでオフィスワークが辛い人とっては、汗水をたらすことが逆にやりがいを感じる要素になることもあります。

職場が遠すぎる

今はリモートワーク化が進みオフィスへの出勤も減っているかと思いますが、それでも在宅ですべて完結できることは少ないです。

アメリカの調査では「通勤に1時間以上かけている人は、さらに1分増えるごとに幸福度が下がっていく」という結果が出ています。

職場の遠さは幸福度に関係することから、長すぎる通勤時間はストレスの原因になると考えられます。

ストレスの少ない仕事とは?

ストレスの少ない仕事とは?

では、実際にストレスの少ないの仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

精神面・体力面を考えながらランキングを追っていきましょう。

ストレスの少ない仕事ランキング

人材派遣会社ビズヒッツは、働く男女532人を対象に「ストレスの少ない仕事に関する意識調査」を行いました。

1位~7位までの結果は以下の通りです。

1位倉庫・工場での作業
2位事務職
3位販売職
4位データ入力
5位飲食店の接客
6位受付・案内業務
7位ドライバー・配達

単純作業で1人で黙々とできる「倉庫・工場の作業」「事務」が上位に挙がっています。

事務には電話対応が含まれることもありますが、電話は一時的な接客であるため負担も少ないといえるでしょう。

1人で仕事が完結する、かつルーティンワークが多いという点では、「データ入力」「ドライバー・配達」も当てはまります。

3位は意外にも接客業務である「販売職」で、こちらは1位2位とは対照に、接客やコミュニケーションが好きな人にとってストレスフリーな職種だといえます。

「飲食店の接客」や「受付・案内業務」も同様の理由でランクインしており、人間関係の濃淡で職種が二分されていることも窺えます。

ただ、ストレスの少ない業務内容である分給料も低めに設定されていることも理解しておきましょう。

番外編:人間関係がでのストレスが少ない仕事

前述した通り、ストレスの判断基準として人間関係はよく用いられます。

ランキング以外にも、人間関係のストレスが少ない仕事には以下のものも挙げられます。

  • 警備員
  • 清掃員
  • ビルメンテナンス
  • 農業
  • プログラマー
  • Webライター

警備員や清掃員は、基本的に1人や少人数制。適度に体を動かす仕事であるため働きやすい仕事であるといえます。

ビルメンテナンスは建物に異常がないか点検する仕事で、1日のスケジュールはほぼ一緒、ルーティンワークが中心となります。

プログラマー・WebライターなどのWeb関連の仕事については在宅で働きやすい一方、スキルが求められたり納期があったりして、多職種に比べるとストレスフリーとは言いにくい面もあることを理解しておきましょう。

仕事のストレスが体に与える影響は大きい

仕事のストレスが体に与える影響は大きい

ストレスを1ミリも感じない仕事はなかなか無いでしょうが、過剰なストレスは心身に様々な悪影響を及ぼすことを忘れてはいけません。

最悪の場合、うつ病などの精神疾患になってしまったり、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気になってしまうこともあるのです

どういったことにストレスを感じやすいかや、ストレスに対して強いか弱いかは人によって様々。

だからこそ自分自身を労り、無理だと感じたときには仕事を変えることも考えてみましょう。

ストレスの少ない仕事に転職したいなら転職エージェントの利用を

前述したとおり、人によってストレスを感じるポイントや度合は異なります。

そのため、ストレスの少ない仕事に就きたいなら自分がどんなことで大きくストレスを感じるのかを理解する必要があるとともに、そこに適している仕事も見極めなければなりません。

ただ、自分のことは理解できてもどんな企業が自分に適しているかを見極めることはなかなか難しいものです。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントと一緒に転職活動を進めていく方法です。

彼らは面談を通してあなたのことをよく理解した上で、あなたにとってストレスの少ないベストな仕事を紹介してくれます

転職のエキスパートとして、あなたよりもはるかに各企業の特徴を理解している彼らだからこそできることです。

加えて、書類の作成や面接対策などの転職活動全般を全力でサポートしてくれます

これだけのサポートがあるのにもかかわらず利用料は一切かからないので、ぜひ一度エージェントとの面談を行ってみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

関連記事