職場ですぐ怒る人の特徴。怒りっぽい上司への対処法とは?

上司がすぐ怒るということで困っている人も多いのではないでしょうか。

誰だって怒られたくないでしょうし、職場の雰囲気も悪くなってしまいますよね。ですから、すぐ怒る上司よりも、優しい上司のほうが良いですよね。

とは言え、上司は自分で選ぶことができませんから、怒りっぽい上司にあたってしまったとしても我慢するしかありません。

でも、なんでこんな怒りっぽいんだろうと不思議に思いますよね。そこで、今回はすぐ怒る人の特徴や対処法を紹介します。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

【Point】転職サービスは2~3つの複数の利用が効果的です!

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
自分の市場価値がわかる
・面接確約オファーが届く

公式

マイナビエージェント
20代の信頼度No.1
・未経験でも応募しやすい

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

すぐ怒る、怒りっぽい人の特徴

職場にいるすぐ怒る人、怒りっぽい人、特に上司はどんな人ですか?

実はこんな特徴を持っているかもしれません。

自分に自信がある

過去にこんなことをやってきたという自信や、能力は誰にも劣っていないという自信を持っている人ほど、怒りっぽい人が多い傾向にあります。

自分はできることがなぜできないのかということを思う場合や、自分の実力、正当性をアピールする為に怒っている場合があります。

こだわりが強い

仕事はこうあるべきだ、仕事はこうするべきだというこだわりが強い人もまた、すぐ怒る、怒りっぽい人が多いです。

こだわりが強い為に、少しでも思い通りにいかないと、イライラして怒ってしまいます。

ミスがなくても、仕事の流れが違っていたり、仕事のやり方が違っていると、すぐ怒りだします。

怒ることに意味があると思っている

部下を成長させる為には、怒ることが必要だ。

怒らなければ、部下はわからない。

そんな風に考えて怒る人もいます。

実際怒ることによって、部下の意識改革を促すこともあるでしょうが、必ずしもそうなるわけではありませんし、大きなストレスを与えてしまうことにもなります。

しかし、怒ることを過剰に正当化してしまっている場合が多いです。

実は小心者、不安症

仕事でミスをしてしまうと、そのミスの大きさによっては、あなただけの問題だけでなく、上司の問題にもなることがあります。

上司はそれだけ責任の重い立場なのです。

ただ、上司が小心者であったり、不安症だと、怒りっぽくなりがちです。

自分が怒られることをひどく嫌い、部下のミスに敏感に反応し説教したり、常に状況を把握していないと不安で、報連相を怠るとひどく怒ることが多々あります。

また、小心者であるが故に、怒ることで上司としての立場を守っているなんて人もいます。

普段から大きなストレスを感じている

怒りっぽい原因が、性格ではなく、むしろその人の置かれている状況に原因があるかもしれません。

誰だって、ストレスが溜まっている時というのはイライラしがちですよね。

上司という立場は、責任が重くなり、一般社員よりも大きなストレスを感じてしまっている場合が大いにあります。

また、ストレスが溜まるのは仕事だけじゃありませんね。家庭のことなどでストレスを感じてしまっている場合もあるかもしれません。

おすすめの転職サービスはこちら➡

すぐ怒る、怒りっぽい上司への対処法

怒りっぽい上司なんて、部下にとっては正直迷惑。

とは言え、怒りっぽい性格を直してもらうなんてことはできません。

ですから、上司が変わることに期待するのではなく、自分がどう対処していくかが大切になります。

なんでこんなに怒るんだろうと考えてみる

怒りっぽいとは言っても、その理由は人によって様々。

実は小心者であったり、実は尊厳を示したいだけであったり、単にイライラしているだけであったり。

まずは、何が原因で怒っているのかを知るところから始めましょう。

そうすることで、今後何をすれば怒られるのか、何をすれば怒られにくくなるかということも見えてきます。

下手に意見は言わない

怒られている時は、下手に意見を言うのはやめておきましょう。

何か言うと、言い訳だなんだと思われてしまい相手の怒りを増幅させてしまう可能性が高いです。

逆に、正当な意見を言ったとしても、よりいっそう上司を怒らせることになります。

ようするに、どんな意見を言ってもよりいっそう怒らせるだけです。

怒られる時はできるだけ短時間で終わらせるように心がけ、また普段もあまり関わらないようにするのがいいでしょう。

尊敬している感じをだす

怒られている内容がわけのわからないものであったり、理不尽なものであるなんてことはよくあります。

そんなことで怒られると、イライラしてしまうし、上司を尊敬することなんてできませんよね。

ただ、態度としてそれがでてしまうと、余計怒られることになります。

尊厳を示したいから怒っている上司にとって、そういった態度を取られると余計イライラします。

適当に尊敬している感じをだして、その場をやりすごすのが一番楽です。

怒られすぎて大きなストレスとなっていたら

すぐ怒るが上司になってしまうと、毎日大きなストレスを感じることになりますよね。

なんとか適当にやる過ごせるのであればいいのですが、我慢のしすぎには注意しましょう。

また、怒ることがひどくなり、パワハラになっている場合もあります。

もしもあなたに行われている行為がパワハラであるならば、会社に相談したり、転職することも視野にいれておきましょう。

 

転職サービスの選び方

  • STEP1
    転職サービスの種類を知る
    大きく分けて転職サイト・転職エージェントの2種類がある。

    転職サイトとは?

    求人を載せるための掲示板。

    転職者が自分のペースで応募・選考を進められる。サービスによっては、企業側からオファーを貰えることも。

    転職エージェントとは?

    応募から採用まで、アドバイザーのサポートを受けられる。

    履歴書の添削や面接対策をしてくれたり、転職サイトには載っていない大手や人気企業の非公開求人を紹介して貰えたりする。

  • STEP2
    自分の特徴をあぶり出す
    あなたの年齢は?経験は?希望する業界は?といった自分の特徴・転職目的を明らかにする。

    (例)20代前半・職歴に自信が無い・未経験の職種に挑戦したい。

  • STEP3
    特徴に当てはまるサービスを2~3種類選ぶ

    ➡各転職サービスの特徴・強みはこちら

    少なくとも、転職サイト・転職エージェント各1つずつは選ぶようにしよう。

    サイトは中小企業の求人が多かったり、エージェントは大手の非公開求人を持っていたりと、扱う情報に差が出てくるので、一方だけでは偏った情報しか手に入らない可能性も。

  • STEP4
    実際にサービスを利用する
    特に転職エージェントは、面談や電話でのやりとりで相性をチェックする。

    良い求人に巡り合うには、求人を紹介してもらう際に、おすすめする理由をしっかり説明してもらえるかを確認しておこう。

    (担当者との相性が悪い場合、変えてもらうことも可能)

  • STEP5
    各サービスから広く情報を集め、比較しながら選考を進めていく

    始めはまんべんなく2~3種類のサービスを併用し、最終的にはあなたが1番利用しやすいサービスに絞っていく。もちろん、そのまま併用し続けてもOK。

    転職エージェントの履歴書の添削・面接対策は、転職サイトから応募した企業の選考にも活かせる!

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

幅広く情報を得るためにも、リクルートエージェントは登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、たくさんの選択肢からピッタリの求人を見つけられるはずです。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【登録したら待つだけ】ミイダス


  転職サイト  

会員登録の段階で自分の適正年収・職種適正を把握できるほか、希望条件を入力しておけば企業から面接確約のオファーが飛んできます。

逆にオファーが来なければ自由に応募することができないので、受け身で転職したい方、他のサービスと併用して使いたい方に最適です。

 

【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)