新入社員の平均年収や手取り、ボーナスの実態。中には500万円超えもいる?

新入社員の平均年収がどれくらいあるのかご存じですか?

当然、社会人全体の中では低くはなりますが、そもそも比較できない面も多いです。

今回は、新入社員の年収の考え方や平均年収がどの程度かという点に着目して解説していきます。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

関連記事

 

新入社員の年収の考え方

新入社員の年収の考え方

新入社員の場合、年収については以下のようになります。

4月から12月までの合計

年収を計算する場合は、1月から12月の収入の合計になります。

この期間で年収が決まり、納める税金が決定するのです。

一方、新入社員が入社するのは大体4月頃です。

その為、3ヶ月は収入がないわけですから、年収はどうしても低くなってしまいます。

ちなみに、1月から3月にアルバイト等で収入があった場合には、税制上で使う年収には合算されます。

ボーナスや残業代など全てを含む

新入社員に限らず、年収にはボーナスや残業代、その他諸々の手当などが含まれます。

基本的に基本給は変わらない

新入社員としての初任給は、基本的に12月まで変わりません。

だいたい、昇給があるのは1月もしくは4月です。

そのため、年収は初任給×9か月分+ボーナスや残業代ということになります。

夏のボーナスは貰えないことが一般的

新入社員の場合、夏のボーナスは支給されないことが多いです。

通常、夏のボーナスは10月から3月の成果に対して支払われますが、新入社員はその期間会社に在籍していませんから、支払われないのが一般的です。

ただし、会社によっては数万円程度の寸志を貰える場合もあります。

冬のボーナスは4月から9月の成果に対して支払われる為、新入社員にも支払われることがほとんどです。

住民税がない為、手取りは高め

新入社員は昨年の収入がない為、給料から住民税が引かれません

それ故に、手取りとしては2年目の人よりも高くなる場合が多いです。

住民税は2年目に数千円から1万円程度引かれます。

たった1年でそれを補うくらいに給料があがることはあまりないので、2年目で手取りは減ることが多いです

新入社員の平均年収

新入社員の平均年収

では次に、学歴別に平均年収を推定していきます。

初任給の平均額9か月分に、ボーナス1,5ヵ月分、残業が月間20時間として考えてみます。

高卒の場合

高卒の場合、初任給の平均は15万8千円です。

よって、9ヵ月分で142万円です。

これに、ボーナスが1.5ヵ月分として23万7千円。

残業代は、割り増しされることを考慮して毎月2万円、9ヵ月で18万円。

トータルすると、平均年収は183万7千円程度となります。

大卒の場合

大卒の場合、初任給の平均は20万4百円です。

よって、9ヵ月分で180万円です。

これに、ボーナスが1.5ヵ月分として30万6百円。

残業代は、割り増しされることを考慮して毎月2万7千円、9ヵ月で24万3千円。

トータルすると、平均年収は234万3千円程度となります。

院卒の場合

大学院卒の場合、初任給の平均は22万8千円です。

よって、9ヵ月分で205万円です。

これに、ボーナスが1.5ヵ月分として34万2千円。

残業代は、割り増しされることを考慮して毎月3万円、9ヵ月で27万円。

トータルすると、平均年収は266万円程度となります。

中には新入社員の年収が500万円を超える会社も!

中には新入社員の年収が500万円を超える会社も!

大体の会社は上述した程度の年収であることが多く、給料面で他と大きな差はつきません。

欧米では、特に大学院卒の新卒者などに対して、高額な給料を提示する場合も少なくありませんが、日本では従来の年功序列の考え方から、初任給は低いことが一般的です。

全体の平均年収が高い一部上場企業であっても、初任給は他の会社とそうは変わりません。

ただ、会社によっては平均年収とは段違いの年収を提示することもあります

例えば、日本商業開発という不動産投資関連の会社では、初任給が50万円、年収にして500万円を超えます。

年収500万円といえば、サラリーマン全体の平均年収を超えており、新入社員でありながらそれだけ貰えるのはかなり高給であると言えます。

他にも、目まぐるしい勢いで成長をしているベンチャー企業などでは、平均以上の初任給を提示している場合が多いです。

年収の伸びは必ず確認しておこう

年収の伸びは必ず確認しておこう

新入社員の年収が高い会社は非常に魅力的です。

ただ、長い目で見た場合、新入社員時の年収はそう気にするものではありません

大切なのはその後どの程度年収が伸びていくかということです

初めから給料は高いけれど、昇給がほんのわずかしかない会社よりも、最初は低くても年次を重ねると給料がどんどん上がっていく会社のほうがトータルでは得られる収入は多いです。

また年収だけではなく、年間休日数や残業時間、有給取得率、離職率など、働き方に影響する面にも焦点を当てることが重要です

いくら年収が高くても、度を超えた残業が多いなどめちゃくちゃな働き方をしていると、心身ともに壊してしまう可能性が高いです

また、年収の伸びが悪い会社に勤めているならば早めに転職しておくことをおすすめします

年齢が高くなってから年収が低い低いと嘆いても、高年収の会社に転職することが難しくなってしまうからです。

転職で不満を解消できた人は8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップなどの希望条件を叶えることができています。

さらに、今はかなりの売り手市場で、以前よりも転職によって理想を実現できる可能性は高くなっています

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)