年収400万円って平均?少ない?年収400万円の手取りや割合、生活について解説

年収400万円と聞いて、どういう考えを持ちますか?

まあ平均くらいだろうと思う人もいますし、いや少ないと思う人もいるでしょう。

そこで今回は、年収400万円の場合の手取りや割合、生活などに焦点を当てて紹介していきます。

関連記事

 

キャリアアップを目指す方におすすめの転職サービス

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの2サービス公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda X
【ハイクラス向け転職サービス】
・年収800万円以上の求人多数
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ

公式

転職エージェントでは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
キャリアアップを希望しているのであれば
まずは登録をしてエージェントと面談をすることをおすすめします。 
そうすることで、希望する年収や職場環境を考慮した上であなたを理想の転職先へと導いてくれるでしょう

年収400万円ってどれくらい?

年収400万円ってどれくらい?

まずは、年収400万円というのが一体どれくらいなのかということを紹介していきます。

日本のサラリーマンの平均程度

国税庁が発表した「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、日本の給与所得者、いわゆるサラリーマンの平均年収は433万円となっています。

ですから年収400万円は平均程度といえるでしょう。

ただ、男女別に平均年収を見ると男性の平均年収は532万円女性の平均年収は293万円となっています。

そのため年収400万円の場合、男性は平均よりも100万ほど低く女性は平均よりもはるかに多い給料であるということが分かります。

正社員のみだと平均以下

上記で紹介した平均年収は、正社員に限定されるものではなく、派遣社員や契約社員、パートといった非正規社員も含まれたものです。

正社員に限定した場合の平均年収は496万円となっている為、年収400万円だと正規社員の平均以下となります。

なお、非正規雇用者の平均は176万円の為、もし非正規雇用者で年収400万円だとするとかなり高額であると言えます。

年収400万円台の割合

次に、年収400万円代の人がどの程度いるか、その割合を見ていきましょう。

国税庁が発表した「給与階級別分布」(平成12年分)によると、各年収の割合は以下の通りになっています。

  • 100万円以下・・・6.6%、270万人
  • 100万円~200万円・・・11.8%、530万人
  • 200万円~300万円・・・15.2%、680万人
  • 300万円~400万円・・・17.4%、780万人
  • 400万円~500万円・・・14.8%、660万人
  • 500万円~600万円・・・10.7%、480万人
  • 600万円~700万円・・・7.2%、320万人
  • 700万円~800万円・・・5.1%、230万人
  • 800万円~900万円・・・3.5%、160万人
  • 900万円~1000万円・・・2.3%、102万人
  • 1000万円以上・・・4.2%、190万人

年収400万円台の人の年収は14.8%となっています。

平均年収は年収が高い層によって底上げされますが、中央値は年収300万円代にあり、年収400万円は中央値を超えて、決して低所得者とは言えません。

年齢別でみる平均年収の割合

次に、年齢別の平均年収を見ていきましょう。

年齢別の平均年収は以下の通りになっています。

  • 20代前半・・・男性:288万円、女性:250万円
  • 20代後半・・・男性:394万円、女性:301万円
  • 30代前半・・・男性:485万円、女性:312万円
  • 30代後半・・・男性:580万円、女性:303万円
  • 40代前半・・・男性:635万円、女性:292万円
  • 40代後半・・・男性:676万円、女性:270万円
  • 50代前半・・・男性:707万円、女性:277万円
  • 50代後半・・・男性:697万円、女性:273万円

ちょうど30代男性が年収400万円台となっています

もし20代で年収400万円程度あるならば、それは平均よりも多くもらっているということがわかります。

転職で年収400万円以上の収入を得る難易度

上記の結果はあくまで派遣社員なども含めた値であり、正社員として転職する場合なら、20代後半で年収400万円以上を得ることも十分に可能です

最近の転職市場はかなり売り手市場で、条件をアップさせて人を集めようとしている企業も多いため、転職で年収を上げることのできる可能性は高まっています

年収300万円台で給料に不満を感じている人、年収500万円は欲しいと考えている人は転職を考えても良いでしょう。

年収400万円の実態

年収400万円の実態

では、次に年収400万円の実態として手取りがいくらになるか、生活はどうなるかという点について紹介していきます。

年収400万円の手取り

給料からは社会保険料や所得税、住民税といったものが引かれます。

その額は家族構成などによっても変わるため、およそでいくらになるかを紹介します。

年収400万円~年収500万円の方の手取りはおよそ300万円~390万円程度となります。

すなわち、年収400万円台の人は、1年に300万円から390万円程度のお金を手にするということです。

これを12ヶ月で割ってみると、25万円から32.万円程度となります。

これがボーナスがゼロとした場合に月々使えるお金となります。

ボーナスも考慮するともう少し多い額になるでしょう。

年収400万円の生活

年収400万円だと、決して裕福な生活はできないのが現状です。

家賃を6万円から8万円程度とし、その他の食費や水道光熱費、通信費といったものを引くと、月に使えるお金はあまり残りません。

独身であれば、まだ生活に余裕はありますが、子供がいる家庭だと厳しいのが現状でしょう

多くの場合、共働きしている人が多いです。

ただ、中には年収400万円でも月に10万円程度の貯金をしている人もいます。

全て満足いくようにはできませんから、どこにお金をかけ、どこを節約するか、家計管理をしっかりと行う必要があります。

年収を増やす為には行動するしかない

年収を増やす為には行動するしかない

年収400万円の人で、もっと給料がほしいと思っている人は少なくないでしょう。

子供の学費や自身の老後といった将来への不安は絶えません。

ただ、同じように働き続けても年収を上げることはなかなか難しいのが実情です

年収が上がるかどうかはその会社次第なところもあり、いくら努力してもあがらないこともあります。

ですから、もし年収をあげたいならば転職することも考えましょう。

転職で年収をアップさせたいなら転職エージェントを利用しよう

年収を上げたいが、今の会社では希望通りの年収になる見込みがない。と感じている方は多いと思います。

その場合、年収を上げるために一番確実な方法は転職をすることです。

ただ、年収を上げたくて条件の良い会社を探してみても、1人ではなかなか探すことが困難でしょう。

だからこそ利用してほしいのが転職エージェントです。

彼らは、あなたの希望を考慮した上でそれにマッチした企業を紹介してくれます

サポートはそれだけにとどまらず、書類の添削や面接練習スケジュール調整なども行ってくれるのです。

中でも、年収アップを目指している方に最もおすすめしたいポイントは、企業との給与交渉も行ってくれると言う点です。

個人ではなかなか言いづらいことでも、エージェントに任せればあなたを理想の年収へと導いてくれるでしょう

これだけのサポートが受けれるにも関わらず、登録&利用料は一切かかりませんのでお試し感覚で利用してみることをおすすめします。

 

キャリアアップを目指す方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

様々な職種に精通した専門コンサルタントが、あなたの希望する年収や職場環境を考慮したうえで、
理想の転職先へと導いてくれるでしょう

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【ハイクラス】doda X


転職エージェント

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス向けの転職サービスです。

高収入を得られる求人が多数あり、将来的に年収800万円以上を目指したい方におすすめです。

また、ヘッドハンターからのスカウトや手厚いサポートも受けれるので、自身の市場価値を向上させながら効率よく転職活動を進めていくことができます。