サラリーマンの平均年収。正社員と派遣ではこんなに違う。

正社員と非正規雇用の社員では、どれほど年収に差があるのでしょうか。

今回は、今の日本のサラリーマンの平均年収を正規雇用者の場合と非正規雇用者の場合で分けてみました。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

サラリーマンの平均年収はたった・・・

国税庁「民間給与実態調査」にて、給与所得者、いわゆるサラリーマンの平均年収が発表されました。

サラリーマンの平均年収は441万円

給与所得者の平均年収は441万円でした。

男女の内訳は男性が545万円、女性が293万円

男性の場合の545万円を1ヶ月で考えると、45万円程度。ボーナスがあるとその分、毎月にもらえる額は減ります。

ここから税金、社会保険料がかなり引かれるわけです。

45歳といえば、子供がいる家庭であれば、高校、大学とお金がかかる時期であることを考えると、平均年収であっても厳しいのが現実です。

また、このサラリーマンの平均年収の中で賞与が63万円(男性81万円、女性36万円)となっています。

ボーナスの時期になると、ニュースでは東証一部上場企業のボーナス平均額が発表されます。

その年によってかわりますが、およそ70万円程度。年2回あるので1年間では140万円程度になるわけです。

東証一部の企業に勤めているサラリーマンの平均は相当高いことがわかります。

平均年収の推移

サラリーマンの平均年収は10年前からかなり下がりました。

しかし、ここ数年で若干増えました。

過去の平均年収のデータは以下の通りです。

  • 平成16年:438万8千円
  • 平成17年:436万8千円
  • 平成18年:434万9千円
  • 平成19年:437万2千円
  • 平成20年:429万6千円
  • 平成21年:405万9千円
  • 平成22年:412万0千円
  • 平成23年:409万0千円
  • 平成24年:408万0千円
  • 平成25年:413万6千円
  • 平成26年:415万0千円
  • 平成27年:420万4千円
  • 平成28年:421万6千円

引用:国税庁「民間給与実態調査」

ここ2年は政府主導の賃上げによる効果か、平均年収は上昇傾向にあります。

とはいっても10年前からくらべるとまだまだ低い数字。

それだけでなく消費税や、介護保険料といった負担額が増えていることもあり、相当厳しいものがあります。

正規雇用者と非正規雇用者。平均年収はこんなに違う!

これまで紹介した平均年収はサラリーマンとはいっても正規雇用者も非正規雇用者も含めた額です。

正規雇用者と非正規雇用者は、平均年収で大きく異なります。

国税庁「民間給与実態調査」によれば、

  • 正規雇用者:486万9千円
  • 非正規雇用者:172万1千円

と、なんと300万円の差が開いています。

ただ、非正規雇用は派遣社員、契約社員だけではなくフルタイムではないパートタイマーなども含まれている為、一概には比較できません。

そこで、より比較できるのは男性に限定した場合でしょう。

女性にくらべるとパートタイマーが少ないと推定できるためです。

男女別の平均年収は以下の通りです。

  • 正規雇用者(男性):539万7千円
  • 正規雇用者(女性):373万3千円
  • 非正規雇用者(男性):227万8千円
  • 非正規雇用者(女性):148万1千円

男性限定でみた場合においても、やはり300万円程の差がありました。

やはりこれほど差があるということでしょう。

平均20万円でも年収は240万円ですから、非正規雇用の男性は平均的にはそれ以下となってしまっているというのが現実です。

通常の正社員は、会社に入った後で、様々な仕事を経験し、力をつけていきます。

そして、仕事ができるようになり、出世し給料もあがっていきます。

しかし、非正規雇用者は長くは働くことができずに、経験して仕事を深くまで身に付けることができずにいることになってしまいます。

その為、年収も若い頃と同じままであり、増えていきません。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。