仕事から帰れない、帰りづらい雰囲気のある会社からは早めに転職すべき。ストレスは溜まり続ける一方。

仕事から帰れない、帰りづらい雰囲気のある会社からは早めに転職すべき。ストレスは溜まり続ける一方。

今日やらなくてはいけない仕事が終わっても、帰れるような雰囲気ではなく、結局自分も残業してしまっているなんてことになっていませんか?

会社、職場によっては、気にせずに先に帰ろうとすると上司から直接怒られたり嫌味を言われたり、直接的ではなくても評価を下げられて出世では不利になるなんてことも多いです。

正直言って、正当な理由がないにもかかわらずに残業をしなくてはいけない会社、決められたことをこなしているにも関わらずに帰りたい時に帰れない会社というのは、決して良い会社ではありません。

関連:残業50時間から残業10時間以下の会社に転職。残業の少ない会社が意外にある。

関連:残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

こんな会社は帰りづらい

仕事から帰りやすいか、それとも帰りにくいかというのはかなり会社の雰囲気に大きく影響するもの。

こんな会社は帰りづらい傾向にあります。

残業時間の長さを誇らしげに話す人が多い

同僚が先月○○時間も残業やっただの、上司が昔は徹夜も平気だっただの、やたらと残業時間の長さを誇らしげに話すことが多い会社というのは、残業すること自体を正当化されており、帰りたくても帰りづらい雰囲気がある会社であることが多いです。

残業が多いことは別に自慢するようなことではないにも関わらず、その会社では残業すること=頑張っている、会社に貢献しているというといった誤った考え方を持っていがちです。

定時に帰る意識が全くない

定時で帰ることに対する意識が全くない会社もかなり多いですね。

職場全体が定時で仕事が終わるように仕事の予定を立てず、数時間残業することを前提で毎日を進めているなんて職場も多いのではないでしょうか。

そうなると、自分ひとりが定時で終わらせるように仕事を進めたところで帰ることができずに、結局ある程度付き合いせざるをえなくなってきます。

仕事の指示、分担が曖昧

仕事の指示や分担が曖昧だと、自分では一応やるべきことは終わって帰っても、仕事が終わっていないのに帰るのかと因縁をつけられることになってしまいます。

結局やることは次から次へと湧き出てきて、自力では帰れる環境を作ることができません。

管理職の時間管理が甘い

管理職は、残業代がつかないどころか、そもそも残業時間という概念すらない会社がほとんどであるが故、どうしても長時間労働になってしまいがちです。

管理職の時間管理が甘く長時間労働が平然と行われているような会社だと、その影響は管理職以外の社員にまで影響しがちになります。

上司が毎日遅くまで働いているような状態は、自然と早く帰ることができない状態をつくりあげてしまうことになるんです。

残業が余ることを許さない

会社によっては、残業時間を指示されている企業も多いですね。

ただそのことが悪影響を及ぼすこともあり得る話です。

柔軟性がなく、指示された残業時間を使い切れなければ怒られてしまうなんてことになると、無駄に残業時間を消費しなくてはならず、仕事がないにも関わらず帰れないなんてことになるのです。

この柔軟性のなさはサービス残業をせざるを得なくなる環境をつくります。

年間での残業時間が決められているが故に、指示された残業時間から仕事が終わらないからと言って増やしてもらうことができずに、こっそり仕事をやらなくてはならなくなるのです。

サービス残業している人が多い

そもそもサービス残業をしている人が多いというのも問題。

仕事が終わっていようと終わっていまいと、会社にいるのが普通なんてことになってしまっている職場ではなかなか帰りにくいですよね。

会社にとってはサービス残業ですから、いくら社員が残っていようとも金銭的な痛みはありません。

代々そういう風習がある会社だと、自分ひとりだけ帰るなんてことは相当勇気がないとできません。

長時間勤務の常態化はかなりのリスク

仕事から帰りたいのに帰れないというのが毎日続くのは、想像以上に大きなストレスとなんですよね。

別に家に帰りたくなくて、残業をしたくてしている人ならば、別に何も気にしないかもしれません。

ただ、そうではない人にとっては仕事がないにも関わらず残業しなくてはいけなかったり、帰ってからの時間を大事にしたいのにそれが叶わないようなそれこそ何年も続くなんてことは辛いことでしかありません。

長時間勤務の常態化は、それを望んでいない人にとって大きなリスクとなるものです。

身体的、精神的ストレスの増大によって体調不良を引き起こしやすいですし、生活に充実を感じることができないままつまらない毎日を過ごすことになります。

今帰りづらいなら将来も帰りづらい

帰りたくても帰りづらい会社というのは、もうそれが普通になってしまっているので、特別なことがない限りは仕事ができるようになろうが、出世しようが、変わらず早く帰ることはできないことがほとんどです。

稀に社長が変わったり、会社の方針が変わったりすることによってその労働慣習を改善しようと取り組む場合もありますが、それは労働者の立場からすると期待できるものではありません。

もしもあなたが今、無駄な長時間を強いられているならば、それは5年後も10年後も同じである可能性が高いということを覚悟しなくてはいけません。

残業が嫌ならさっさと転職が吉

もしもその覚悟が持てないならば、さっさと転職するの吉。

会社が変わるかもしれないなんていう淡い期待を抱いて待っていても、結局何も変わらない毎日が待っているだけです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?

関連:上司からのサービス残業の強要は当然違法。絶対にさっさと転職したほうが良い


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ