仕事から帰れない、帰りづらい雰囲気のある会社からは早めに転職すべき。ストレスは溜まり続ける一方。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

仕事から帰れない、帰りづらい雰囲気のある会社からは早めに転職すべき。ストレスは溜まり続ける一方。

今日やらなくてはいけない仕事が終わっても、帰れるような雰囲気ではなく、結局自分も残業してしまっているなんてことになっていませんか?

会社、職場によっては、気にせずに先に帰ろうとすると上司から直接怒られたり嫌味を言われたり、直接的ではなくても評価を下げられて出世では不利になるなんてことも多いです。

正直言って、正当な理由がないにもかかわらずに残業をしなくてはいけない会社、決められたことをこなしているにも関わらずに帰りたい時に帰れない会社というのは、決して良い会社ではありません。

関連:残業50時間から残業10時間以下の会社に転職。残業の少ない会社が意外にある。

関連:残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

こんな会社は帰りづらい

仕事から帰りやすいか、それとも帰りにくいかというのはかなり会社の雰囲気に大きく影響するもの。

こんな会社は帰りづらい傾向にあります。

残業時間の長さを誇らしげに話す人が多い

同僚が先月○○時間も残業やっただの、上司が昔は徹夜も平気だっただの、やたらと残業時間の長さを誇らしげに話すことが多い会社というのは、残業すること自体を正当化されており、帰りたくても帰りづらい雰囲気がある会社であることが多いです。

残業が多いことは別に自慢するようなことではないにも関わらず、その会社では残業すること=頑張っている、会社に貢献しているというといった誤った考え方を持っていがちです。

定時に帰る意識が全くない

定時で帰ることに対する意識が全くない会社もかなり多いですね。

職場全体が定時で仕事が終わるように仕事の予定を立てず、数時間残業することを前提で毎日を進めているなんて職場も多いのではないでしょうか。

そうなると、自分ひとりが定時で終わらせるように仕事を進めたところで帰ることができずに、結局ある程度付き合いせざるをえなくなってきます。

仕事の指示、分担が曖昧

仕事の指示や分担が曖昧だと、自分では一応やるべきことは終わって帰っても、仕事が終わっていないのに帰るのかと因縁をつけられることになってしまいます。

結局やることは次から次へと湧き出てきて、自力では帰れる環境を作ることができません。

管理職の時間管理が甘い

管理職は、残業代がつかないどころか、そもそも残業時間という概念すらない会社がほとんどであるが故、どうしても長時間労働になってしまいがちです。

管理職の時間管理が甘く長時間労働が平然と行われているような会社だと、その影響は管理職以外の社員にまで影響しがちになります。

上司が毎日遅くまで働いているような状態は、自然と早く帰ることができない状態をつくりあげてしまうことになるんです。

残業が余ることを許さない

会社によっては、残業時間を指示されている企業も多いですね。

ただそのことが悪影響を及ぼすこともあり得る話です。

柔軟性がなく、指示された残業時間を使い切れなければ怒られてしまうなんてことになると、無駄に残業時間を消費しなくてはならず、仕事がないにも関わらず帰れないなんてことになるのです。

この柔軟性のなさはサービス残業をせざるを得なくなる環境をつくります。

年間での残業時間が決められているが故に、指示された残業時間から仕事が終わらないからと言って増やしてもらうことができずに、こっそり仕事をやらなくてはならなくなるのです。

サービス残業している人が多い

そもそもサービス残業をしている人が多いというのも問題。

仕事が終わっていようと終わっていまいと、会社にいるのが普通なんてことになってしまっている職場ではなかなか帰りにくいですよね。

会社にとってはサービス残業ですから、いくら社員が残っていようとも金銭的な痛みはありません。

代々そういう風習がある会社だと、自分ひとりだけ帰るなんてことは相当勇気がないとできません。

長時間勤務の常態化はかなりのリスク

仕事から帰りたいのに帰れないというのが毎日続くのは、想像以上に大きなストレスとなんですよね。

別に家に帰りたくなくて、残業をしたくてしている人ならば、別に何も気にしないかもしれません。

ただ、そうではない人にとっては仕事がないにも関わらず残業しなくてはいけなかったり、帰ってからの時間を大事にしたいのにそれが叶わないようなそれこそ何年も続くなんてことは辛いことでしかありません。

長時間勤務の常態化は、それを望んでいない人にとって大きなリスクとなるものです。

身体的、精神的ストレスの増大によって体調不良を引き起こしやすいですし、生活に充実を感じることができないままつまらない毎日を過ごすことになります。

今帰りづらいなら将来も帰りづらい

帰りたくても帰りづらい会社というのは、もうそれが普通になってしまっているので、特別なことがない限りは仕事ができるようになろうが、出世しようが、変わらず早く帰ることはできないことがほとんどです。

稀に社長が変わったり、会社の方針が変わったりすることによってその労働慣習を改善しようと取り組む場合もありますが、それは労働者の立場からすると期待できるものではありません。

もしもあなたが今、無駄な長時間を強いられているならば、それは5年後も10年後も同じである可能性が高いということを覚悟しなくてはいけません。

残業が嫌ならさっさと転職が吉

もしもその覚悟が持てないならば、さっさと転職するの吉。

会社が変わるかもしれないなんていう淡い期待を抱いて待っていても、結局何も変わらない毎日が待っているだけです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?

関連:上司からのサービス残業の強要は当然違法。絶対にさっさと転職したほうが良い



このページの先頭へ