残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

残業が多いか少ないかというのは、労働者にとってかなり重要なことです。

仕事が楽しくて仕方がない、できる限りたくさん稼ぎたいという人であれば残業が多くても気にならないかもしれませんが、プライベートも大事にしていきたい人にとっては残業がかなりの負担になっているでしょう

ましてや、その残業が残業代のでないサービス残業であれば目もあてられません。

働いている中で残業が多くて辛いと感じているならば、それはあなたが望んでいる働き方にあっていないのかもしれません。

関連記事

 

求人が増加する今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

公式

doda
【転職者満足度No,1】
・IT・営業・企画系求人に強い

公式

 

残業が何時間だろうと辛いものは辛い

残業が何時間だろうと辛いものは辛い

毎日4時間以上、月に80時間も残業していればさすがに残業が多くて辛いというのは当然のことでしょう。過労死の可能性が増える過労死ラインも80時間が目安になっています

では毎日2時間、月40時間程度だとどうでしょうか。それぐらいなら全然問題ないと思う人がいる一方で、多くて辛いという人もいます。

毎日1時間、月20時間だどうでしょうか。むしろ少ないと思う人も増えてくるかもしれませんが、それでもやっぱり辛いと思う人はいるでしょう。

残業がどれくらい多いと辛いと感じるかなんて人それぞれです。定時で帰りたいと思った人が残業20時間で辛いと思ってもそれは甘えでもなんでもありません。自分が望んでいる働き方と合っていないだけのことです。

日本では残業が多いほど頑張っているだとか、残業は4、50時間するなんて当然なんていうような考え方もありますが、そこまで会社に自分の人生をそそぐ必要なんてありません

誰に何て思われようと、何て言われようと、辛いものは辛いでいいんです。

残業時間は自分で調整できない

残業時間は自分で調整できない

残念なことに日本のほとんどの企業は自分で残業時間を調整することはできません。

周りがしていたら合わせてやらなきゃいけない雰囲気もあるし、仕事を早く終わらせても残業時間が余っていると言われて追加で仕事を与えられたりしてしまい、早く帰りたいと思っても環境がそれを許してはくれません

「周りなんて気にせずに残業せずに帰ればいい」、「残業は断ればいい」そんな風に考えている人もいるかもしれませんが、36協定が結ばれている限りは会社側が残業を命じられれば応じなくてはなりません。

特別な理由がなかったり、健康を害するレベルでの残業時間ではないのに断ってしまうと懲戒解雇されてしまう可能性もあるのです。

要するに、残業時間も帰る時間も結局は会社に委ねることになってしまうことがほとんどで、もっと残業を少なくしたいと考えた場合は会社を変えるしかないということです。

残業が辛いならば自分の働き方に合う会社に転職を

残業が辛いならば自分の働き方に合う会社に転職を

したくもない残業を強いられるって本当に辛いです。

忙しすぎて残業しなくてはいけないというのも辛いし、自分は定時で終わらせられたのに周囲に合わせて残業するのも辛すぎます。たとえ残業代を貰うことができて給料が増えるとしても嫌な人には苦痛で仕方ありません。

そんな嫌なことに時間を使い、プライベートの時間を減らしていれば当然ストレスは溜まっていくし、仕事が楽しいなんて思えるわけもありません。

それが嫌なら、そんな状態から抜け出したいなら、転職するしかありません

残業が少ない会社を探してみよう

残業が少ない会社を探してみよう

正社員の仕事だと基本的には残業が多くて、サービス残業も少なからずはあるといった印象を持っているかもしれません。

ただ、労働者に賃金を払わずに働かせるサービス残業は違法なので、あなたが声を上げることで改善できる可能性は高いです。

残業時間に関して、実際のところはどうだと思いますか?

日本労働組合総連合会の労働時間に関する調査結果によると、正規労働者、すなわち正社員の残業時間の分布は以下の通りになっています。

  • 10時間未満・・・53.6%
  • 10時間~20時間未満・・・17.8%
  • 20時間~30時間未満・・・11.0%
  • 30時間~40時間未満・・・6.5%
  • 40時間~50時間未満・・・3.9%
  • 50時間~60時間未満・・・2.3%
  • 60時間以上・・・4.9%

半数以上の方が残業時間は10時間未満となっています。。

このことからも、残業時間が20時間未満の会社で働くことは十分にできることだと思います。

というわけで、まずは会社を探してみましょう。

残業時間ばかりを気にするとなると、さすがに給料面では妥協しなくていけなくなることもありえますが、探してみた上で判断すればいいのです。

仕事探しは転職エージェントを駆使しよう

転職するにあたり、転職エージェントは有効的に使っていきましょう。

転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職活動全般のサポートをしてくれるにもかかわらず利用料は無料なので、ぜひお試し感覚でも利用してみることをおすすめします。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)