残業30時間はきつくて疲れる。残業30時間で手取りはどのくらい?残業時間が月50時間や60時間ともなるとほとんどの人がきついと感じるようになります。

ただ、残業30時間となると意見は分かれ、きついと感じる人もいればきつくないと感じる人もいます。

仕事の内容や、仕事が好きか嫌いか、プライベートの時間をどの程度とりたいかという点によってきつさは大きく変わりますが、平均的には若干きついと感じる人が多いみたいです。

残業30時間というと、平均で毎日1.5時間程度の残業となります。

残業代が欲しいという人にとってはもっと残業したいと考えますし、お金よりもプライベートの時間を大事にしたいという人にとっては出来るならば定時や残業は多くても1日1時間以内にしたいと考えるものです。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

残業30時間って実際どうなの?

残業30時間って実際どうなの?

残業30時間は実際はどうなのでしょうか。

全体の月残業時間や労働基準法との関係、手取りなどの面からみていきましょう。

月残業30時間は一般的

残業30時間というのは、サラリーマンの中で最も多い層となっています。

Vorkersが68,000人にアンケートを取り月の残業時間を調査したところ、以下のような結果となっていました。

月の残業時間

データを見てわかるように20時間から40時間の層が多く、中でも残業30時間の人が最も多いことがわかります。

ただ、平均時間としては45時間程度、全体の真ん中に位置している値である中央値は40時間となっており、残業30時間は全体の労働者から見ると少ないほうであるということが言えます。

労働基準法との関係

残業をするためには労働基準法第36条に基づき、労使間で36協定を結ぶ必要があります。

ただ36協定を結んでいるからといって無制限に残業させることが可能になるわけではなく、1ヶ月で45時間、年間360時間という制限があります。

年間でこの時間を守ろうとした場合、月あたりの残業時間は30時間に抑える必要があるため、残業30時間である労働者が多いのです。

ただ、それ以上残業させることが必ずしも違法であるわけではなく、「特別条項」というものを付けていれば、その限度時間を超えた残業をさせることが可能になります。

とは言ってもこれは一時的に特別な事情がある場合に限る為、毎年できるようなものではありません。

残業代の計算方法

次に、残業が30時間の場合だと残業代はどの程度になるのかということを紹介します。

残業代の計算方法は、時間当たりの基準賃金×1.25×残業時間となります。

基準賃金というのは基本給だけではなく、定常的に支払われる手当(役職手当や職務手当、資格手当など)も含まれる為注意しましょう。

では具体的に計算してみましょう。

毎月の基準賃金が20万円で残業を除いた1日あたりの労働時間が8時間、月の労働日数が22日だとすると、一時間あたりの賃金は1,136円となります。

これに法律で義務付けられている割増賃金1.25倍が1時間あたりの残業代となり、残業時間が30時間の場合だと残業代は42,600円となります

割り増し賃金の留意点

ただ、割り増し1.25倍というのは法律で決められている最低額であり、会社によっては1.3倍や1.35倍としている場合もあります。

1.25倍の場合のモデルケースは以下の通りです。

・基本給+手当が20万円の場合→総支給が24万円、手取りが20万円程度

・基本給+手当が30万円の場合→総支給が36万円、手取りが30万円程度

・基本給+手当が40万円の場合→総支給が48万円、手取りが39万円程度

ただ、注意が必要なのが割増賃金がつくのは法律で決められた限度時間を超えた場合に限ります。

労働基準法では週40時間が限度と定められており、例えば勤務時間が8時間で週5日勤務の場合は残業代の全てが1.25倍以上の割増賃金となります。

しかし、祝日などで週4日勤務となった場合には週の勤務時間が32時間となる為、残業したとしても8時間までは割り増しにしなくてもよくなります。

たいていはそんなこと関係なく、残業代は一括で決められた割増を適用する場合がほとんどですが、まれにそういった会社もあるので注意しましょう。

残業30時間でもきつい、疲れたと感じているなら

残業30時間でもきつい、疲れたと感じているなら

残業30時間というのは法律の限度時間とも関係しており、基準となる時間と言えます。

ただ、人によってはちょっときつい、疲れたと感じる人もいるでしょう。サービス残業であれば問題外ですが、残業代を貰えて給料が増えるよりも早く帰りたいと考える人も決して少なくはありません。

正社員ならそれくらいは我慢しろ、などと言う人もいるかもしれませんが、決してそんなことはなく、働き方は自分で選ぶものです

残業が20時間以下の会社、定時で帰ることができる会社は一定数あり、転職しようと思えば十分に可能です

転職時の注意事項

もちろん、給料面では譲らなくてはならない部分がありますので、総合的に考えることは大事になります。

ただし、求人票の情報を鵜呑みにして会社を選ぶことは避けましょう

残業10時間程度なんて言いつつ実際は40時間以上だったという場合や、残業代がでるのが10時間程度であとはサービス残業なんていう会社もあります。

現在の職場の業務が忙しく、転職活動にまで十分気を配れない方もいるかと思いますが、今と同じような会社に転職することがないよう注意することは必要です。

人手不足の職場の求人は社員を集める為、誇張した表現で魅力的に見せているところも多数存在します。

したがって転職する際は、応募する企業がそういった会社ではないかとしっかり見抜く必要があります。

そんなあなたにおすすめなのが、転職エージェントです。

正しい企業情報を把握するためにも転職エージェントの利用を

正しい企業情報を把握するためにも転職エージェントの利用を

一人で転職活動をしようとする場合はネットの情報や求人誌の内容が主な情報源になると思いますが、信ぴょう性に欠けるものも中にはあるでしょう。そして膨大な情報から必要な情報を取捨選択することは難しいことです。

転職エージェントは企業の内情を詳しく正確に把握しているので、残業が少ない企業の情報も数多く持っています

利用料は無料で、あなたの希望を汲み取りマッチした企業を紹介してもらうことが可能なのでミスマッチを防ぐことができます。

転職エージェントの利点

その他にもキャリアの相談や、履歴書の作成補助・面接の練習といったサポートを受けることが出来ますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます

面接の日程調整もエージェントが行ってくれるので、在職中の転職活動ならエージェント利用がぴったりだと言えます。

登録料・利用料ともに無料なので、残業が多いことに悩んでいるのであれば一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?