毎日残業で21時、22時過ぎることが当たり前。やっぱりきついし転職を考えてもいいんじゃない?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

毎日残業で21時、22時過ぎることが当たり前。やっぱりきついし転職を考えてもいいんじゃない?

サービス残業は問題外ですが、しっかり残業代を貰えるのであれば給料の面を考えると残業が多いことはありがたいことかもしれません。

とは言え、それにも限度というものがありますよね。

さすがに毎日21時、22時を過ぎるまで残業して働かなくてはいけない状態はやっぱりかなりきついです。

もちろん、人によっては働くのが好きでなんともない人もいるかもしれませんが、そうでなければそんな会社で働き続けるべきではありません。

関連:毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?

関連:残業45時間以上が続いているなら失業保険はすぐに貰える!体を壊す前に退職してしまおう

慢性的な長すぎる残業は体をむしばむ

ちょっと忙しい時期になって、1ヶ月くらい残業が増えるなんてことはどうしてもあるかもしれません。

まあ一時的なものであればとりあえず今だけと頑張ることはできますよね。

けれど、21時、22時を過ぎることが慢性的になっているようであれば話は別です。

通勤にも時間はかかるし、帰ってもご飯を食べて寝るだけ。プライベートの時間なんて全然とれません。それがずっと続くなんてきついというのは当然のことです。

こんな状態が続くと当然ストレスは溜まってきます。そしてそのストレスは徐々に心も体も蝕んでいきます。

実際、長時間労働が原因で体調を崩してしまう人は本当に多く、決して甘く考えてはいけないのです。

残業の長さが与えるストレスは人によって個人差があります。

好きな仕事を楽しくやっていれば毎日21時過ぎるまで残業してもなんとも思わないかもしれません。逆にプライベートの時間を大事にしたい人であれば毎日21時まで残業するなんてのは大きなストレスです。

たかが21時、22時で残業が多いなんて甘えだ、睡眠時間はしっかり取れるのだから問題ないだろうなんてことは決してないのです。

何故そんなに残業しなきゃならないの?

残業の長さばっかりは、本人の努力だけではなんともならない場合がありますよね。

いくら効率化をはかって残業を減らそうとしても、その分仕事を増やされるてしまうこともあります。

会社自体に残業が多い人ほど仕事を頑張っている人間として評価される風潮が会社もあります。

そもそも会社自体が21時以降まで残業することが当たりまえになっていて、とりあえずその日の仕事が終わっていたとしても帰るに帰れない状況にある場合もあります。

与えられている仕事が多すぎて、そもそもどうにもならないなんて場合もあります。

残業時間を減らそうと思っても、会社が人手不足になっていたり、長時間労働が良しとなっている風潮がある時点で、個人の力ではどうにもならないことがほとんどです。

ですから、残業を減らそうと思ったら会社自体にその意識を持ってくれなくてはならないのですが、まあそんなことは期待するだけ無駄です。

大事なのはお金よりも健康と充実

確かにお金は大事です。残業することで給料が増えてくれるのは非常にありがたいことです。

ただ、それは一番大切なことではありませnよね。

残業しすぎて体を壊してしまったり、プライベートの時間が一切取れず人生が充実していると感じることができていなければ、いくら残業代で給料が増えても仕方ありません。

今一度、自分にとって何が大切なのか、5年後、10年後振り返ってみた時に良かったと思えるのか、それともその仕事を続けていたことに後悔してしまうのか、考えてみてください。

体を壊す前に転職を

毎日遅くまで残業していると、辞めたいと思っていても転職を検討したり、転職活動を始める気力すら持てない人も多いでしょう。

しかし、そこを踏ん張って始めなければいつまでたっても辞めることができずに、さらに気力を削がれて行ってしまいます。

そして、いつか暇になったらと思っていても、そんな時はなかなか訪れず、気づいたら転職できない年齢になってしまうのです。

確かに転職活動は大変です。でもそれは2、3ヶ月程度。今後数十年の社会人生活を考えた時、多少きつくてもやるべきことは決まるかと思います。

転職活動に当たり、今は無料で使える便利なサービスも充実しています。上手く使えば転職活動にかかる負担を最小限に抑えることができます。

転職サイト、転職エージェントを活用しよう

転職するにあたり、転職サイトや転職エージェントは非常に便利な道具です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:残業100時間以上の実態や体験談。今のままで大丈夫?



このページの先頭へ