転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

転職活動には、なかなか決まらなくて大変だというイメージがあります。

会社員として働きながら転職活動をすることは、何もしない時よりも大変なのは間違いありません。

企業選びをして色々調べたり、書類選考の為に職務経歴書を書いたり、面接の練習をしたり。

あまり長いと、心も体も疲弊してしまいますよね。

ですから、これから転職活動する人にとって、転職活動にを行う人にとってはその期間は非常に重要なものになります。

転職活動を始める前に平均期間を知り、心構えをもちましょう。

関連:転職で仕事が決まらな不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:中途採用とは?新卒、第二新卒、キャリア採用のそれぞれの定義や求められる能力

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

転職活動期間はどれくらいか

転職活動期間はどれくらいかかるものだと思いますか?

これから紹介する期間、私の感覚としては短い気がしました。

転職活動は転職サイトに登録して、職務経歴書といった必要なものを準備し、書類選考を実施し、面接をし、そこまでうまくいって内定となるわけですから、平均ではもっと長い期間かかると思っていました。

転職活動期間、どれくらいの人が多い?

エン・ジャパンでは、転職活動にかかった期間がどれくらいであったかの調査を実施しました。

その結果、最も多かったのは3ヶ月以内です。

3ヶ月以内に決まる人はなんと、75%となっており、4人に3人は3ヶ月という期間で転職活動を終えることができているのです。

転職エージェントから言われる期間

転職エージェントに登録し、担当がついた時、色々と助けてくれるのは3ヶ月までと言われました。

転職エージェントは転職者を企業に送り込んだ結果、お金をもらえるわけですから、あまりにだらだら転職活動を続けられて、なかなか決まらないと利益が下がるだけとなってしまうわけですから、3ヶ月という期間で終わらせるのです。

では3ヶ月という期間はなんなのか。

私が転職エージェントに聞いたところ、3ヶ月という期間は本気で転職活動をすればおおよその人が決まる期間だそうです。

たしかに上記で説明した期間と一致していますね。

転職活動期間は3ヶ月!

これまでの結果からわかるように、転職活動の期間は3ヶ月という結論が生まれます。

3ヶ月くらいであれば、なんとか頑張れますよね。

思えば、私がリクナビNEXT に登録してから、内定を貰うまでの期間は2ヶ月半でした。

早く決まってよかった!と思っていましたが、全然早いわけではなく、普通でした。

転職活動を始めると3ヶ月なんてあっという間に過ぎていきます。ずっと転職活動の為に、何かしているわけでもないですしね。

転職活動は長い期間もかかるし、大変だから嫌だと思っている人は、3ヶ月という期間を受けとめ、その上でやるかやらないかをあらためて考えてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

転職活動の期間を短くするには

多くの人が3ヶ月という期間で転職活動を終わることができていることを紹介しました。

ただ、なかには1ヶ月程度で終わる人もいれば5ヶ月くらいかかる人もいます。もっと長くかかってしまい、結局決まらないまま終わるなんて人もいます。

もちろん転職先の会社選びに妥協すれば早いかもしれませんが、それでは転職する意味がないのでだめです。

どうすれば妥協せずに転職活動の期間を短くすることができるのでしょうか。

転職サイト選びは大事

転職サイト選びは大事です。

たくさんの転職サイトがありますが、使いやすいものもあれば、使いにくいものもあります。

求人数が多くて自分の望む会社を見つけやすい転職サイトもあれば、求人数の少ない転職サイトもあります。

転職のノウハウを持っている転職サイトもあれば、そうではない転職サイトもあります。

ですから転職サイト選びというのは効率よく進める上では重要なのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

どれだけ転職活動に集中できるか

転職活動の期間を短縮する為には、本人の頑張り次第な部分が大きいです。

会社に行きながら、会社から帰ってきてからだとか、休日だとか、もともと休憩していた時間に行わなければなりませんから、さぼろうと思ってしまうと、どこまでもさぼってしまいます。

そうなってくると期間は伸びるばかりです。

また、職務経歴書、面接などに対しても集中して取り組む必要があります。

職務経歴書は、リクナビNEXT でも書き方やコツを見ることができずについつい適当に書いてしまう人がいます。

そうすると、オファーも着ませんし、書類選考も通りません。

その結果、書き直さなくてはならなくなります。

最初から本気で書いておけばよかったものの、手を抜いてしまった結果、期間がのびただけなんてことになるのです。

はっきりと目標を決め、スケジュールを立てる

多くの人が3ヶ月で終わるということがでています。

では2ヶ月で終わらせる為にはどうすればいいでしょうか。

それはスケジュールをたてることです。

いつまでに何を準備しなくてはならないか、いつまでに書類選考に応募しなくてはならないかといったスケジュールを自分でつくって、

それぞれの目標に対して一つずつ行っていくということが大事です。

スポンサーリンク

最後に

何も転職活動において大事なことは期間ではありません。

しかし、転職活動に成功している人は、短期間で終わらせていることができているし、

長引けば長引くほど、あまりうまくいかない転職活動になっています。

短期間で全力を注いで、転職活動を終わらせるということに取り組むことをおすすめします。

関連:評判がいいのはリクナビNEXT!転職サイトの顧客満足度。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ