仕事を辞めるのが怖いという人に知ってほしいこと。あなたは本当にそのままでいい?

仕事を辞めるのが怖い、そんな気持ちから辞めることを躊躇していませんか?

確かに仕事は簡単に辞めて良いものではありませんが、時には思い切って辞めなければ後々大きな後悔をしかねません。

そこで、一度良く考えてみましょう。果たして仕事を辞めることは本当に怖いことなのでしょうか。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

仕事を辞めるのが怖いという考えは勿体ない

仕事を辞める勇気がない、辞めた後のことが不安で辞めるのが怖いと思う人はいます。

確かに、その気持ちも分かります。

しかしその一方で、会社の状況や今後のキャリアを考えたとき、仕事を続けることが正しいとも限らない場合もあるでしょう。

今の仕事を辞めて転職する選択もあるのに、チャンスを逃しているかもしれません。

見渡せば仕事を辞める人は少なくないし、転職後のキャリアプランを立てている人も多いです。

辞めるか辞めないかは置かれている状況や、辞めたあとのことを冷静に考えて決めなくてはなりません。

そして辞めた方が良いと判断したら、たとえ怖いと思っても勇気を出して行動することが大切です。

仕事を辞めるのが怖い理由

なぜ、仕事を辞めるのが怖いのかその理由を探っていきます。

辞めると伝える事が怖い

今の職場の上司が厳しい人、仕事が忙しくて辞めると言いづらい雰囲気があると、辞めると伝えることが怖いと感じます。

受け入れてもらえるか、怒られるのではないかなど周囲の反応を考えてしまうと、自分でハードルを上げてしまいますます伝えられなくなります。

また、自分が辞めることで同僚に迷惑をかけると思うことも理由の1つと言えるでしょう。

しかし、このまま辞めると伝えられないままだとずるずる働き続けることになります。

そのため、職場がどのような状況だったとしても、退職時のマナーを守ってきちんと辞めると伝えましょう。

怖いからといって辞める直前に伝えるのはNG、仕事の引き継ぎなど退職時にやることは意外と多いものです。

トラブルを避けるためにも期間に余裕をもって事前にアポを取り、明確な理由とともに辞める旨を伝えましょう。

次の仕事が決まっていないから

次の仕事が決まっていないと、辞めたあとのことが不安になり転職に踏み切れない状態になります。

仕事が決まるまでの生活費など金銭面や、すぐに仕事が決まらなかったらどうしようといった不安をかかえるでしょう。

辞めたあとの不安から辞めると伝えられずにいるなら、在職中に転職活動をはじめてみてください。

実際にすぐ転職しなくとも、いろいろな求人を見ておくだけでもどんな仕事があるのか把握できます。

それに、多くの情報を得ることで視野が広がり、心の余裕にもつながるでしょう。

仕事を辞めるのが怖いという人に知ってほしいこと

これまで転職経験がない場合、仕事を辞めるのが怖いと思うことはあります。

しかし、転職を経験することで自身にさまざまな変化があり、会社が違えば社風も違うように環境が変わったことで得られるものもあるでしょう。

今、仕事を辞めるのが怖いと思っているなら、実際に辞めて転職した人はどうなのか解説していきます。

転職して後悔する人はかなり少数

多くの人が転職に踏み切っているわけですが、そのうち転職を後悔している人は実は少数派です。

入社3年以内、第二新卒として転職した人のうち7割以上が転職したことに満足しています。

また、厚生労働省の「転職者実態調査」によると、転職先の会社に対して不満を感じている人は1割もいないという結果がでています。

確かに転職して失敗したらどうしようと不安になることはよくあるでしょう。

しかし、実際に失敗した人はかなり少数派であり、しっかり検討した上で転職すればそうそう失敗しないのが転職なのです。

あなたの退職を止める権利は誰にもない

退職について会社側から強い引き止めに合うのを恐れるあまり、怖い理由の一つになっている人もいるでしょう。

しかし、退職を決めるのはあなたであり、会社側に退職を拒否する権利はありません。

むしろ会社が社員を辞めさせない、といった行為は絶対にできないのです。

ただ一部では、退職を許可してくれない会社や、損害賠償を請求すると言ってくる会社もありますが、それは法律に反した行為です。

あなたには一切非はなく、法律を武器にすれば会社の言い分なんて気にせず辞めることができます。

参考:「仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

転職はそれほど難しいことではない

転職は難しいものだと思っていませんか?

確かにこれまでの職歴や経験から転職がうまくいかない人はいます。

しかし、すべての人がうまくいかないのではなく、ある程度の期間で転職活動が終わる人の方が多いのです。

今の転職市場はかなりの売り手市場です。

転職しやすい状況なことから、決して転職は難しいものではないといえるでしょう。

それに、転職活動は在職中に行うことが可能です。

良い会社が見つからなかったら転職を取りやめる選択もできます。

仕事を辞めることが怖いと思う前に、まずは転職活動を始めてみてください。

仕事を辞める際に押さえておいて欲しいポイント

仕事を辞める際は、やみくもに辞めると伝えるのはNGで、いくつか段階を経てトラブルの無いようにしなければなりません。

また、会社側から強く引き止められる可能性も考えておくことも必要でしょう。

辞めるときのトラブルを避けるには、いくつかポイントを押さえて行動することが大切です。

退職を引き留められても一貫した態度で

辞めると伝えたとき、会社側から引き止められることがあります。

その際は、感謝を伝えつつ退職する意志が変わらないことを一貫して示すことが大切です。

会社としては今辞められると困るから引き止めますが、あなたの進路やキャリアを決めるのはあなた自身です。

あなたが決めることに対して会社から意見される必要はありません。

引き止められることで上司や同僚に対し、辞めて悪いと思ってしまうかもしれませんが、周囲への気持ちよりも自身の人生を大事にするべきです。

どうしてもしつこく引き止められる場合は、「家庭の事情」「親の介護」などの会社が介入できない理由で辞めるのも1つの方法です。

周囲の人への気配りは忘れずに

トラブルなくスムーズに辞めるには、退職時のマナーを守ることが重要です。

退職する1~2ヵ月前には退職の意志を伝えて、会社側にあなたの仕事を引き継ぐ人を探す時間を持たせましょう。

退職の意志を伝えるときは口頭でも問題ありませんが、退職届が必要かは確認しておいてください。

また、できるだけ繁忙期を避けるのもポイントで、忙しい時期にリソース不足を招くようなことは避けましょう。

加えて、引き継ぎ書は作成するのに時間がかかるので、前もって準備しておくことをおすすめします。

このような周囲への配慮をすることで、自身が辞めづらくなる原因を軽減できます。

辞める事は逃げではない

近年では、自分の強みを発揮できる環境で、私生活と両立できる範囲で働くことが主流になってきています。

そのため、辞めることに対し嫌なことから逃げると思う必要はありません。

むしろ辞めたい気持ちを押さえて働き続けることは、慢性的なストレスにもつながるでしょう。

仕事内容が同じでも給料が高い、人間関係のトラブルが少ない会社は探せばたくさんあります。

思い切って転職に踏み切ることをおすすめします。

在職中の転職で懸念事項を潰そう

仕事を辞めるのが怖い理由の1つとして、次の転職先が決まっていないことが挙げられますが、在職中に転職先を探すことでこれらの不安を解消することができます。

また、今の会社を離れることへの怖さのハードルも下げることにつながるでしょう。

在職中に転職先を探す際は、転職エージェントの利用がおすすめです。

履歴書作成から面接練習までさまざまな転職に関するサポートをしてくれます。

自分一人で自身に合う企業を探すのは意外と難しいものです。

転職エージェントなら様々な情報を考慮した上であなたにマッチした企業を紹介してくれます。

面接練習も1人ではできないことから、転職のプロに協力してもらうことで面接通過率を上げることにも繋がるでしょう。

エージェントを利用して新しい環境を目指そう

仕事を辞めるのが怖い人は、転職エージェントに相談しながら転職活動を始めましょう。

転職エージェントは登録したら必ず転職しなければならないわけではなく、今後のキャリア相談として活用することができます。

面談をする中で自身に転職したい気持ちがあれば、彼らのサポートを受けながら進めることも可能です。

サポート内容は非常に手厚く、履歴書などの書類の添削や面接練習、あなたのスキルや特性に合う求人を紹介してくれます。

彼らは多くの企業情報を保有しているため、それらを考慮した上で最適な企業を紹介してくれます。

面接や入退社の日程調整もしてくれるので、あなたはその他のやることに集中することができるでしょう。

次の転職先が決まっていれば、辞めるのが怖いという思いも和らげることができます。

登録や利用は完全無料、仕事を辞めるのが怖いと感じる人は、まず登録して相談してみてください。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。