仕事を辞めるのが怖いという人に知ってほしいこと。あなたは本当にそのままでいい?

仕事を辞めるのが怖い。そんな気持ちから辞めることを躊躇してしまっていませんか?

確かに仕事は安易に辞めて良いものではありませんが、時には思い切って辞めなければ、後に大きな後悔をしかねません。

そこで一度良く考えてみましょう。果たして仕事を辞めることは本当に怖いことなのでしょうか。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

仕事を辞めるのが怖いという考えは無くした方が良い

仕事を辞めることが正しいとは限りません。辞めない方が良い人、辞めない方が良い時だってあります。

しかしその一方で仕事を続けることが正しいとも限りません。辞めた方が良い結果を生むことは決して少なくないのです。

だからこそ、怖いという気持ちに左右されてしまうのは正直言って好ましくありません。

その感情によって辞めるという選択肢がなくなれば、本来辞めるべき時に辞めることができないからです。

転職のチャンスを見逃し、手に入れることができたはずのものを手に入れることができず、変わらず苦しみ続け、そして後悔するのです。

辞めるか辞めないかは置かれている状況や、辞めた後にどうなるかということを冷静に考えて決めなくてはなりません。

そして辞めた方が良いと判断したら、たとえ怖いと思っても思い切ることは絶対に必要なことです。

仕事を辞めるのが怖いという人に知ってほしいこと

あらためて、仕事を辞めるということがどういったことなのか考えてみましょう。

はたしてそこまで怖がる必要があることなのでしょうか。

仕事を辞める人は少数派なんかではない

仕事を辞めるなんていうのは決して珍しいことではありません。

新卒3年以内の離職率は最も低い大卒でもおよそ3割。10人に3人は仕事を辞めています。

さらに35歳までを対象にすると、正社員に限定した場合でも5割以上、10人に5人以上が転職を経験しています。

これから仕事を辞めるあなたは決して少数派なんかではないのです。

参考;「35歳までの離職率は5割超。半数以上の人が一度は転職を経験している。

転職して後悔する人はかなり少数

これほど多くの人が転職に踏み切っているわけですが、そのうち転職を後悔している人は実は少数派です。

入社3年以内、第二新卒として転職した人のうち7割以上が転職したことに満足しています。

また厚生労働省の「転職者実態調査」によると、転職先の会社に対して不満を感じている人は1割もいないという結果がでています。

確かに転職して失敗したらどうしようという気持ちは持って当たり前。しかし実際に失敗してしまう人なんてかなり少数はであり、勢い任せではなくしっかり検討した上で転職すればそうそう失敗しないのが転職なのです。

参考:「入社3年目以内の人が知っておくべき第二新卒転職の現在の状況

参考:「あなたの転職に対するイメージは正しい?転職先の会社に対する満足度、不満を感じている人は意外に少ない。

仕事を辞めることより、無理に続ける方が怖くない?

もし今の仕事を辞めなかったら、あなたはどんな気持ちで仕事を続けていくことになるのでしょうか。

仕事を辞めるよりもそっちの方がよっぽど怖いことだと感じませんか?

確かに転職した直後は、仕事のやり方も変わるし、人間関係もリセットされますから大変に感じることだってあるでしょう。

ただそんなのは今の仕事で苦しみながら定年まで働き続けることを考えたら、よっぽど楽なことではないのでしょうか。

転職なんてそれほど難しいことではないし、リスクも低い

転職は難しいものだと勘違いしていませんか?

たしかにそれまでの職歴、経験などから思ったように転職がうまくいかない人がいるのは確かです。

しかしそんな人ばかりではありません。むしろ、あっけなく転職活動が終わったと言う人の方が多いです。

うまくいかなかったものばかりを見てはいけません。

今の転職市場はかなり売り手市場となっています。転職はかなりしやすい状況です。決して転職は難しいものではないのです。

もちろん上手くいくかどうかの保証はありません。

ただ転職活動は在職中に行うことが可能。良い会社が見つからなかったら転職を取りやめるということだってできるのです。

仕事を辞めることが怖いと思う前に、まずは転職活動くらい始めてみるべきです。

あなたの退職を止める権利は誰にもない

会社側から強く反対されるかもしれないということが怖い理由の一つになっている人もいるかもしれません。

しかし、退職するかどうかを決めるのはあなたであり、会社側にそれを拒否する権利はありません。

辞めさせないなんて行為は絶対にできません。

一部、退職を許可してくれないような会社、損害賠償を請求すると言ってくるような会社もありますが、それは法律に反した行為。

あなたには一切非はなく、法律を武器にすれば会社の言い分なんて気にせずに辞めることができます。

参考:「仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

退職の大変さは一瞬、でも続けたらずっと続く

いざ退職となると確かに大変なこともあります。

上司への申し出、引き止めに対する対処、引継ぎ、退職日まで気まずい日々を過ごすことになること、諸々の手続き。

私自身、以前勤めていた会社を退職する際に色々と苦労しました。

しかしその大変さなんて振り返ってみたら一瞬のこと。今考えたら悩むことでもなんでもなく大したことではありません。

会社、上司、同僚への迷惑なんてあなたが考えることではない

自分が抜けたら仕事が回らなくなる、自分が辞めたら周りに迷惑をかけることになる。

そんなことを考えるのはもうやめましょう。

辞めた後の会社のことは会社が考えることです。あなたが悩むことではありません。そしてどうとでもなります。

もちろんこれまでのことに感謝することは大切。ただだからと言ってそれを辞めない理由になんてすべきではないのです。

本当に今のままでいいの?

改めて考えてみてください。

本当に今のままで良いのですか?

単に怖いという理由で仕事を辞められずに続けてしまって本当に良いのですか?

まだまだ長い会社生活。感情に左右されず、あなたにとって本当に良いことは何なのか、あらためてしっかり考えてみて下さい。

まずは一歩、転職活動を始めてみれば?

転職活動を始めることは転職することではありません。

結果次第で転職するのかしないのか、今の仕事を辞めるのか辞めないかということが決めることができます。

辞めるかどうかの判断は、まだまだする必要はないのです。

仕事を辞めるのが怖いと考えている人の多くは、その先どうなるのかがわかっていないことが大きな理由。

もし転職しても良いと思える会社から内定を貰えれば、それは変わります。

転職がうまくいくか不安という気持ちもなくなるでしょう。

退職時にトラブルが起きそうでも、受け止めようという気持ちにもなれます。

今の会社への迷惑どうこうも、内定を蹴る理由になんてならないはずです。

だからこそ、まずは第一歩、転職活動を始めてみてはどうでしょうか。

転職サービスについて

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。転職活動の際には活用してみて下さい。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事