転職に迷う30代がやるべきこと。怖いのは当たり前だから踏み出す勇気を持つことも必要。

転職したいという気持ちは強いけれど、なかなか踏み切れずに転職するかどうか迷っている。

そんな人も多いのではないでしょうか。

特に30代の人にとって転職はかなり勇気がいること。

20代のうちであればまだ思い切ることができたけれど、30代になってしまうとそう簡単には決断できません。

ただ迷ったまま決断できずに時間がたち40代になってしまうと、あなたはきっと「30代のうちに転職すれば良かった」と考えてしまうようになります。

だからこそ、転職するか迷っている30代の人はやれることをやって何かしらの答えをださなくてはなりません。

関連記事

 

30代での転職は迷って当たり前

30代で転職。そう簡単に決断できるものではなく、迷って当たり前です。

会社が倒産してしまったり、待遇や労働環境が悪すぎる場合なら転職に踏み切ることはできますが、平均的に見るとそこまで悪くない条件で働いている人だと、失敗することが怖くてそう簡単に踏み切れるものではありません。

30代にもあれば会社でもそこそこ力のある立場になり、人脈もでき、仕事のコツもわかってスムーズにこなせるようになっています。

転職するということは、その手に入れたものを一旦手放し、またゼロからやっていかなくてはいけないということ。

もし職場に馴染めなかったらどうしよう、もし仕事がうまくできなかったらどうしよう、もし自分に合わなかったらどうしよう。

考えれば考えるほどに転職後のことに対する不安が大きくなっていきます。ですから迷って当たり前なんです。

迷ったらしない方が良いは大きな間違い

迷うくらいならそこまで転職することを望んでいないから転職しない方が良いと考える人もいるかもしれません。

ただそれは間違いです。

確かに迷うことなく転職を決断できるくらい強い意思を持つことができれば良いかもしれませんが、迷っている時点ですでに転職したいという気持ちはそれなりに強いという証拠。

そこをうやむやにして何もせずに過ごしていれば、高い確率で30代のうちに転職しなかったことを後悔することになります。

転職することがベストであるとは言いません。転職を辞めた方が良いという人もいるでしょう。

ただ転職しないならしないで、その理由を明確にし納得しなくてはいけません。

転職するか迷う30代がやるべきこと

ではもし転職するか迷ってしまっている場合、どうすれば転職するかしないか答えをだすことができるでしょうか。

その為には以下のことを行ってみてください。

30代で転職することのメリット、デメリットをおさえる

まずは客観的に30代で転職することのメリット、デメリットを抑えておきましょう。

転職のメリット

まずメリットは何と言っても仕事に抱える不満を解消できることでしょう。

年収を大幅アップできる人もいれば、休みが少ない、残業が多いといった問題を解消することができたり、仕事に関してもより規模の大きい仕事がやりたい、仕事のスキルをアップさせたいという希望も転職することによって実現することが可能です。

年収ダウンを覚悟すれば、30代であっても未経験の仕事に就くことだって可能です。

転職せず同じ会社で働いていれば解消することができないことも多いわけですから、やはり転職は有効的な手段です。

転職のデメリット

一方でデメリットとして挙げられるのが、失敗のリスク。

年収アップが実現できても休みが少なすぎて不満を解消するようになったり、条件は希望通りでも人間関係が上手くいかなかったり。

そういったリスクがあることは受け入れなくてはいけません。

20代に比べて30代は職場に馴染むこと、仕事を覚えることが難しい傾向にあるのは確かですからね。

ただしそれは人によってかなり違いますし、あらかじめ対策をしておくことでリスクを抑えることは可能です。

またもう一つデメリットとして挙げられるのが、定年時に貰える退職金が少なくなってしまう可能性があること。

退職金がない会社、退職金が少ない会社から退職金が多い会社に転職する場合なら増えますが、同程度の会社だと勤続年数が少なくなってしまう分退職金が減ってしまいます。

一般的に退職金は「基本給×勤続年数×給付率(定年時1.0、自己都合の場合0.2~0.5)」で計算され、定年時の基本給が50万円だとすると22歳から働いた場合で1,900万円、35歳から働いた場合だと1,250万円で650万円もの差が生まれます。

まずこのメリット、デメリットを抑えた上で転職するかしないかを決めていかなくてはなりません。

何故転職を意識しているのか、どうなりたいのかを整理する

転職するかを迷っているということは、それなりに解消したいと考えている不満があるということ。それを明確にしなくてはなりません。

自分に素直になり、なぜ転職を意識することになっているのか、結局のところ自分はどうなりたいのかを整理してみましょう。

整理してみると、自分の気持ちの強さなどがわかってくるので少し答えに近づいてきます。

もしどうしても解消したいと強く願うことがあるなら、もっと転職を前向きに考えてみましょう。

今の会社で働き続けた場合の将来を想定してみる

転職した後のことばかりではなく、転職せずに今の会社で働き続けた場合の将来を想定してみましょう。

そこで絶対に後悔する将来しか見えないのであれば転職するべき。

転職したら後悔することになるリスクは確かにありますが、転職しなければ絶対に後悔する自信があるなら、少しでも満足行く可能性がある前者を選択してみるべきです。

とりあえず転職活動を進める

結局最後に転職を決断する為には、どういった転職ができるか次第。

だからこそ、迷っているならとりあえず転職活動を始めてみることが大切。

例えば年収アップしたい、やりたい仕事に就きたいと思っていても、それを転職で実現できなければ転職する意味はありませんからね。

逆に年収アップもできて休日数が増え、残業も減るなど希望していること以外も大幅に良くなることだってあります。

もしそうなったら転職に対する迷いはなくなるはず。

実は転職活動を行うことが迷いを消し決断する最大の手段となります。

内定後にも比較する

転職活動を行い希望通りの会社から内定を貰ったら、内定を受ける前にしっかり今の会社と比較することも大切。

良くなった部分ばかりに目が行ってしまうと転職後に後悔することになってしまいます。

年収、休日数、残業、仕事内容、会社の将来性、会社の安定性、残業時間、社風。できる限り多くのことを一つずつ比較してみましょう。

30代の転職が怖いもの。最後は勇気を出して踏み出すことが必要。

30代の転職は怖くて当たり前。迷うのも当たり前です。

ただそこで止まってしまっては後悔することになる可能性大。

だからこそ、考えることから逃げず、やれることを最大限やってみることがあなたが今やるべきこと。

ぼんやりと悩んでいるだけではいつまでたっても何の答えも出ずに時間がたってしまうだけです。

そして最後は勇気を出して思い切った決断をすることも必要。

おそらく希望通りの会社から内定を貰い、9割がた転職することを決めても最後はやっぱり迷います。

ぜひあなたの希望を実現する為に勇気ある決断をしましょう。

30代向けおすすめ転職サイト、転職エージェント

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事