転職に迷う30代がやるべきこと。怖いのは当たり前だから踏み出す勇気を持つことも必要。

転職したいという気持ちは強いけれど、なかなか踏み切れず転職するかどうか迷っている。

30代の人にとって転職はかなり勇気がいること、そう考えている人が多いのではないでしょうか。

20代のうちであればまだ思い切ることができたけれど、30代になってしまうとそう簡単に決断できません。

でも迷ったまま決断できずに時間がたち40代になってしまうと、あなたはきっと「30代のうちに転職すれば良かった」と考えてしまうようになります。

だからこそ、30代で転職するか迷っているならば、今のうちにやれることをやって自分の答えを出しておきましょう。

関連記事

 

30代の方におすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります。
30代はこれまで培ってきた経験やスキルがあるので、即戦力として企業から高い評価を得ることのできる魅力的な人材です。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望する職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
転職者の6割以上が年収UP

公式

iX転職
ハイクラス向け転職サービス
・年収800万円以上の求人多数
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

30代の転職は迷って当たり前

30代での転職はそう簡単に決断できるものではなく、迷って当たり前です。

会社が倒産してしまったり職場環境が悪すぎたりすれば悩む時間もそこそこで転職に踏み切れますが、平均的に悪くない条件で働いている場合、失敗を恐れてしまいます。

30代にもなれば社内でもある程度の立場、人脈もでき、仕事のコツもわかってスムーズにこなせるようになっている頃です。

転職するということは、その手に入れたものを一旦手放し、またゼロからやっていかなくてはいけないということ。

「もし職場に馴染めなかったらどうしよう。」「仕事がうまくいかなかったらどうしよう。」「自分に合わなかったらどうしよう。」

一度迷いの森に入れば、転職への不安が募るのも仕方がないことなのです。

30代で転職するなら覚悟すべきこと

あなたの抱いている不安は、30代の転職市場を考えると的を射ているといえます。

実際に、30代で転職するなら覚悟しておくべきことについて挙げていきます。

やる気・ポテンシャルだけでの採用は難しい

20代とは違って、やる気・ポテンシャルだけでは採用されにくくなります。

というのも、20代は転職市場で最も若い世代。伸びしろを見込み、長い目で成長させていこうとする会社の意図があります。

これが30代に入ると若さのラベルが剥がされ、即戦力になるかどうかが判断基準になってしまうのです。

年収・待遇が下がる可能性

前職での評価と、転職先の評価が必ずしも同じとは限りません。

特にキャリアアップを目指したハイクラス層の転職になると、周りのレベルも高く想定以下の待遇を条件に出されて満足を得られない可能性があります。

未経験業界・職種のハードルは高い

前述した通り、30代に求められるのは即戦力。

未経験者を採用する際には、ポテンシャルやその職種に近しいスキルを持った人が優遇されます。この場合は経験職に比べて年収が下がってしまうこと、自分の思っている以上にハードルの高い転職になることを覚悟しておきましょう。

迷ったらコレをする!

しかし転職するか迷っている時点で、転職したいという気持ちがそれなりに強い証拠。

なぜその気持ちがあるのか、理由を明確にすることが転職を決断するための第一歩です。

なぜ転職したいのかを整理する

転職願望にはプラスマイナスどちらであれ、何かしらの動機があるはずです。

年収が少ない、休みが少ない、残業が多いといった不満の解消、もっと規模の大きい仕事がやりたい、仕事のスキルをアップさせたいという希望の実現も理由になります。他にも年収ダウンを覚悟すれば、30代であっても未経験の仕事に就くことだって可能です。

自分に素直になり、なぜ転職を意識しているのか、結局のところ自分はどうなりたいのかを整理してみてください。

まだ転職願望が漠然としている方こそ、思考を整理してみることで自分がどれくらい強い気持ちを持っているかに気づけるはずです。

現職での将来像を考えてみる

転職後のことばかりではなく、転職せずに今の会社で働き続けた場合の将来を想定してみましょう。

そこで絶対に後悔する姿、満足のいかない未来しか見えないのであれば転職するべきです。

転職に後悔する可能性はゼロではありませんが、行動しない後悔と行動してする後悔なら、後者の方が人生経験としてプラスに働きます。

少しでも状況を前に進めるには、可能性の広い選択をするべきです。

とりあえず転職活動を進めてみる

転職するためには大前提として、自分が良いと思える転職先が無ければなりません。

手始めに転職サイトに登録したり転職エージェントに相談したりして、自分の満足できる転職先があるかどうか事前に調査をしておきましょう。

本当に今が最適な転職時期かを見分けるためにも、まずは手足を動かして情報を集めてみてください。

未経験・経験職での難易度の差

方向転換をして未経験に挑戦するか、はたまたキャリアアップを目指して同業種を選ぶか、状況によって転職難易度も変わってきます。

というのも30代というレールに乗った時点で、未経験・経験職関係なく即戦力になるかどうかをジャッジされるからです。

経験職なら年収・待遇アップの可能性も

経験職かつ人に語れるような実績を持つ方は、自分の希望通りに、もしくはそれ以上の待遇で転職できる確率が高いです。

また部下の育成やグループでのリーダー経験のある方も、若手を引っ張る管理候補として採用されやすくなります。

面接では自分の経験を武器に、しかしまだ発展途上中だと謙虚にアピールしていきましょう。

成功率を上げるためにも、希望する転職先がどれだけのレベルを求めているか事前にチェックしておくことも大切です。

未経験でチャレンジできる業界は絞られる

20代と比較すればハードルが高いというだけで、未経験業界・職種への挑戦も決して無茶なものではありません。

特に未経験業界においては、前職と似た職種(新規営業からルート営業など)を希望する場合「経歴あり」として充分に力を発揮できます。

完全な未経験業界・職種にチャレンジするとしても、まだ熟しきっていない伸び盛りの業界、たとえばIT業界などは経験者の応募者自体が少ないため狙い目であるといえます。

スキル・資格がなくて不安な方

なかには面接で話せるほどの実績がない、活かせる資格がないと萎縮してしまっている方もいるかと思います。

資格は時間とお金をかけて得られる肩書きですから、持っていれば有利という見解は間違いではありません。

しかし、スキルが無いというのは果たして本当でしょうか。数年間、人によっては10年近く社会人経験を積んでいて、気づかないまま得ているスキルがゼロであると言い切れません。

自分の力に気づくためには、初心に戻って自己分析をすることが必要です。

資格は合格しなければ名乗れないものですがが、スキルにおいてはポータブルスキルというものがあるのです。

ポータブルスキルとは?

ポータブル電源、ポータブルレコードプレイヤーに使われるポータブル(持ち運び)と同様に、ポータブルスキル(持ち運びできるスキル)と呼ばれるものがあります。

ポータブルスキルとは、業種や業界を問わず活かせるスキルのこと。

たとえば「コミュニケーション能力」「企画力」「交渉力」「論理的思考」などが挙げられます。

どれも仕事をする上で必要であり、あらゆる状況で活かせるスキルです。専門的なスキルを得ていなくとも、普段仕事をしている中で何気なくこれらの力を発揮していることがあります。

それを掘り出すために、自分がやっていて楽しいこと、やりがいを感じること、褒められたことをぐるりと思い返して、自分が得意としているポータブルスキルを見つけましょう。

必ずそれはあなたの強みになり、面接でアピールできる要素になります。

 

ポータブルスキルについては、下記のページも参考にしてみてください。

転職で活かせるポータブルスキルとは? 身につける方法やセルフチェックについて

女性の場合

「30代女性」というワードを聞くと、一昔前ほどではありませんが結婚・子育てを連想する人が多いです。

実際に女性は、ライフプランによって男性以上に慎重な転職をする必要がでてきます。

全く同じ条件の20代には負けてしまうかも

既婚者であればいつ子育てに入ってもおかしくない、未婚者であっても結婚・出産の機会は近いかもしれない、採用担当者は30代女性にそんなイメージを抱きがちです。

ただでさえ30代の転職はハードルが高くなるというのに、加えてライフイベントの負担も女性は背負うことになってしまします。

まったく同じ条件で20代の女性がいたとしたら、多くの企業が仕事に一心になれる20代女性を選んでしまう可能性も拭えません。

そこで30代女性が転職を成功させるために必要なのは、転職前に自分のライフプランを立てておくことです。

ライフプランを明確にする

2016年に政府が女性活躍推進法を施行したこともあり、企業側の理解は以前より深まってきています。女性向け転職サイトが増えているのも、その証拠といえるでしょう。

バリバリ働いてキャリアアップを目指したいか、育児と仕事を両立するか、いずれは家庭に入りたいのか、ライフプランを明確にすることが女性の転職をスムーズにするための準備になります。

そうすれば、どのような環境・働き方が自分に合っているのかが浮き彫りになり、正社員に拘らず非正規の道に進んだり、無理をして転職する必要が無いと気づいたりして、視野を広げるきっかけにもなります。

また転職後に会社とのトラブルを避けるためにも、面接時には自分のライフプランについて丁寧に説明するよう心がけましょう。

30代未経験におすすめの職種

最後に30代で未経験に挑戦しようと考えている方へ、比較的転職しやすいとされる職種についてご紹介いたします。

営業職

どの業界にも必要、かつ常に人材が不足しがちな職種です。

特別な資格をもっていなくても採用されやすく、もしコミュニケーション能力や交渉力に秀でていれば採用の確立をぐっと上げられます。

注意点としては、営業職にとって業界知識は非常に重要になってくるため、未経験から目指す場合あまりニッチな業界を選ばないことをおすすめします。

事務職

こちらもほぼ全ての業界に必要な職種ですが、デスクワークで仕事のハードルが低そうな印象がある分、倍率が高い傾向にあります。

しかしWordやExcelなどのOfficeソフトをある程度使いこなせると、周りと一歩差をつけることができます。

育児と両立したいと考えている女性にとっても働きやすい環境です。

販売・サービス系

営業や事務と比べると、土日休みでなかったり体力仕事が多かったりとハードな仕事になりがちです。

でも人と話すのが好きな人にとっては、即戦力になれるとともに楽しみながら仕事ができます。

女性であれば、エステティシャンなど美容系のサービス業を選ぶと一生使えるスキルの取得にもつながるのでおすすめです。

介護・福祉系

基本的に人材不足であり、需要も高まっている業界です。

また介護職は30代以降から挑戦する割合が高く資格取得のチャンスもあるため、同じ年代の人と一緒に成長できる環境も多いでしょう。

運送・ドライバー

運送業においては活躍している年代が40代、50代と他の業種に比べて高いので、30代でも有利に転職を進めることができます。

普通自動車免許のみでは難しい職種ですが、多くの企業で資格取得支援が行われています。

入念な準備が勇気につながる

30代の転職は怖くて当たり前、迷うのも当たり前です。でもそこで立ち止まっては後悔の波を大きくしてしまいます。

考えられることは全て考え、やれることを最大限やってみるのが今あなたのすべきこと。

入念な準備はきっとあなたの背中を押してくれます。

希望の実現にむけて、勇気ある決断をしていきましょう。

最近は転職支援サービスも充実していますので、ぜひ積極的に活用してみてください。

関連記事

 

30代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【ハイクラス】iX転職


転職エージェント

iX転職は、ハイクラス向けの転職サービスです。

高収入を得られる求人が多数あり、将来的に年収800万円以上を目指したい方におすすめです。

また、ヘッドハンターからのスカウトや手厚いサポートも受けれるので、自身の市場価値を向上させながら効率よく転職活動を進めていくことができます。

 

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアので転職を考えている方は登録必須です

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)