30歳で大手企業からベンチャー企業への転職を決心。その結果、年収は400万円アップ!

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

30歳で大手企業からベンチャー企業への転職を決心。その結果、年収は400万円アップ!

大企業と言えば、安定しているし、年収も高い。休日数などの労働条件も良いことが多く、ホワイト企業であることが多いです。

その為、就職、転職市場においてかなり人気があり、倍率も高くなっています。

しかし、そんな大企業でも退職する人はいます。

ただ、退職したからといって絶対に年収が下がるわけでも、労働条件が悪化するわけでもありません。

そこで今回は大企業からベンチャー企業に転職し、年収を400万円も大幅アップさせた人の体験談を紹介します。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

30歳で大手企業からベンチャー企業に転職した人の体験談

私はもともと大企業志向が強く、学生時代も就職活動で受けたのは大企業ばかりでした。運よくその受けた会社の中から内定を貰うことができ、入社してから約8年間働きました。

仕事はかなり恵まれていたと思います。30歳の時点で年収は700万円程度、周囲よりも多い額を貰えていましたし、残業時間は平均30時間、多くても45時間程度で休日も多く、世間の一般的な企業よりもずっと恵まれた環境で働くことができていたと思います。

転職のきっかけ

そんな私がベンチャー企業に転職したきっかけは大学の友人との会話でした。

その友人は私同様に新卒で大企業に就職しましたが入社3年目で退職し、ベンチャー企業へ転職していました。驚いたことに年収は800万円を超えており、かなりの高収入を得ていたのです。

それよりも驚いたのは仕事に関する考え方です。

会社の同期や同僚と話した時にでてくるのは、愚痴であったり辞めたい、だるいといった後ろ向きな言葉ばかりでした。それは自分も同様で、仕事の面白さは感じることはできなくなってきて、つい口にしてしまうのは後ろ向きな言葉ばかりでした。

しかし、その友人は前向きな発言が多かったです。

年収は高いものの残業時間は多く忙しそうだったし、仕事も話を聞く限りかなり大変そうだったのにそれでも前向きな発言が多かったのです。

そこから色々仕事に関して考えるようになりました。

確かに大企業で働くことができるというのかなり幸せなことで、多くの恩恵を受けています。ただ、そのことによってただ漠然と仕事をするようになってしまっていたのです。

そのことを意識した時、このまま働いていても幸せとは言えないなと感じるようになり、転職を決意しました。

転職活動

私の場合は最初からベンチャー企業に転職したいと思っていたわけではありません。

ただ、友人の話を聞いてベンチャー企業への転職自体にハードルが低かった為、大企業にこだわるということはなくなっていました。

そして、転職エージェントから大企業、ベンチャー企業ともに紹介してもらい仕事の内容を重視しながら応募しました。

転職自体は色々とサポートも手厚かった為、特に迷うこともなくすんなり内定を頂くことができました。

その転職活動で、ベンチャー企業だけではなく、実は大企業の内定も頂くことができました。

どっちに行くか、正直かなり悩みました。

仕事の内容でいったらベンチャー企業、ただ将来の安定性、給料でいうと大企業のほうであり、結婚をしている身だから自分だけのことを考えるにはいかず、かなり悩みました。

しかし、妻が大企業を選んだらまた一緒じゃんと言ってくれ、思い切ってベンチャー企業に転職することに決めました。

転職後

ベンチャー企業に転職直後は、年収に変化はありませんでした。年収700万円がそのまま700万円という形です。

ただ、翌年に仕事ぶりを評価され、なんと年収が400万円もアップし、1100万円となりました。大企業で働いている場合、年齢、役職によってある程度決まっている為そんなに多く給料がアップするなんてありませんから、ベンチャー企業の醍醐味と言えるでしょう。

仕事に関していえば、確かに仕事自体も楽しいと感じることができる内容だったのですが、自分の意思で転職してこの仕事を選んだという意識から、確実に仕事への向き合い方は前向きになりました。

残業は前職よりもちょっと増えましたが、体力的にそこまできついとも感じませんから、現時点ではこの転職は成功だと思っています。

ベンチャー企業に転職して年収アップする人は意外に多い

今回紹介した方は、大企業からベンチャー企業に転職した直後は年収維持、翌年に大幅な年収アップという形でしたが、

実際は転職活動時点で大幅な年収アップを提示されることも少なくはありません。

もちろん、大企業にいてかなり高い収入を得ている人だと年収がダウンしてしまう可能性もありますが、それは能力次第。

高いの能力が備わっているのであれば、十分に年収アップは可能であると言えます。

その一方で後悔してしまう人もまた多い

ここまで、ベンチャーへの転職した例を紹介してきましたが、忘れてはいけないのが失敗した人もいるということです。

大企業を辞めてしまったことに大きな後悔を感じる人は少なくありません。

大企業ではかなり恵まれた環境で働くことができている人もかなりいるでしょう。しかし、実際に中で働いていることには恵まれているということに気づくことができず、辞めて初めて気づくようになってしまうのです。

転職するかどうかはメリット、デメリットをよく考えて決めよう

ベンチャー企業への転職は大きな可能性もあり非常に魅力的かもしれません。

ただ、転職する前にはメリット、デメリットを冷静に考え判断しなくてなりません。

しかもそのメリット、デメリットからの判断は安定だとか年収だとか表面的なものだけではなく、自分の将来のキャリアプランを考えながら、自分で徹底的に調べて納得した上で答えをだす必要があります。

まあ、とは言っても時には思いきってチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。勇気を持ってベンチャー企業に転職するか、それとも大企業に転職するか、それとも同じ会社で働き続けるか、自分で納得して行うのであればどれも正解となるでしょう。

転職活動をする場合は転職サイトや転職エージェントを有効的に使っていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. JAC Recruitment

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動始めるならまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

JAC Recruitmentは業界3位の年収600万円以上のミドル層、ハイクラス層を退職にした転職支援サービス。

大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、他に比べて高年収なものが多数揃っているのが特徴。

求人の質はもちろん、コンサルタントの質が高いと評判ですからキャリアアップを希望している人は合わせて使ってみるといいでしょう。

■公式サイト:JAC Recruitment

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

ちなみにとりあえず情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXTがいいです。

国内No.1の転職サイトで掲載されている求人量、スカウトメール機能、診断テストなどが充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?



このページの先頭へ