手取り30万円は多い?少ない?20代・30代・40代それぞれの場合で平均と比較

手取り30万円というのは多いと思いますか?少ないと思いますか?

周りなんて関係ない、平均と比較しても関係ないと思う人もいるかもしれませんが、本来ならもっと貰えるはずなのに低い給料しか貰えていない人もいますから、今後のことを考える為、さらなる上昇を狙う為には、平均と比較してみるというのも実は大切なことです。

今回の記事では手取り30万円が平均と比較するとどうなのかについて20代・30代・40代それぞれで比較しているので参考にしてみてください。

関連記事
主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

手取り30万円は多いのか、それとも少ないのか

大学卒の初任給はおよそ20万円。手取りにすると17万円弱です。

これに比べれば、手取り30万円というのは非常に高い給料のように思いますよね。

ただ給料というのは年齢が高くなるにつれて増えていくのが一般的であり、年齢によっては手取り30万円というのが少ないとなってしまう場合も当然あります。

周りはもっと給料が上がっているのではないか、自分の給料は平均よりも低いのではないかなんて不安を感じる人もいるでしょう。

では実際のところ、手取り30万円というのは多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。年齢ごとに平均と比較してみましょう。

手取り30万円の総支給額及び年収

まずは比較の為、手取り30万円の場合の総支給額や年収を確認してみましょう。

手取り30万円となると、総支給額は扶養の状況によって変わるもののおよそ38万円程度になります。

38万円から社会保険料や所得税、住民税などが引かれて手元に30万円が入ってくるというわけです。

給料が高いと引かれるものも大きくなりますが、総支給額だけでみると大卒の平均初任給から約2倍程度にはなっているのです。

年収はもしボーナスがなければ約450万円。

ボーナスが年間2か月分あると年収532万円、年間4か月分あると608万円となり、年収が600万円を超える人も決して珍しくはないはずです。

手取り30万円の実態、20代・30代・40代でそれぞれ比較

では手取り30万円が各年齢での平均月収・平均年収と比較して多いのか、それとも少ないのかを比較してみましょう。

20代で手取り30万円

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、20代で正社員として働いている人の平均月収(残業代含む)は以下の通りになっています。

  • 20歳~24歳・・・23万9,200円
  • 25歳~29歳・・・28万1,200円

手取りにするとおおよそ16万円~20万円ということになりますから、手取り30万円(総支給38万円)というのは十分に多い金額を手にしていると言えるでしょう。20代前半であれば倍近いですし、20代後半でも1.5倍です。

年収の高い大手企業であればこの程度の収入を得る人も少なくはありませんが、全体から見るとかなりの上位層です。

また、国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、20代の年収は以下の通りになっています。

  • 20歳~24歳・・・267万円
  • 25歳~29歳・・・370万円

手取り30万円ということはボーナスが一切なくても年収450万円。ボーナスが年間4か月分あれば600万円にもなるわけですから、平均からみてもかなり高い収入です。

ただし年収のデータは正社員に限定したものではなく派遣社員や契約社員、パートなども含めた金額なので正社員に限定した場合に比べると低くなっています。

では正社員に限定した場合だと年収はどの程度になるでしょうか。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると正社員に限定したボーナスは20代前半で43万2,100円、20代後半で74万8,600円となっているので、単純に平均年収を計算すると以下の通りになります。

  • 20歳~24歳・・・330万円
  • 25歳~29歳・・・412万円

正社員に限定した場合であっても、ボーナスなしだとしても平均年収超え、もしボーナスが年間4か月あればだいたい平均の1.5倍の年収を得ているということになります。

30代で手取り30万円

続いて30代についてみていきましょう。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、30代で正社員として働いている人の平均月収(残業代含む)は以下の通りになっています。

  • 30歳~34歳・・・32万1,400円
  • 35歳~39歳・・・35万2,400円

手取りにすると26万円から28万円です。大きく高いというわけではないものの、30代であっても手取りで30万円というのは平均以上の上位層となります。

では年収はどうでしょうか。

また、国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、30代の年収(正社員に限定していない場合)は以下の通りになっています。

  • 30歳~34歳・・・410万円
  • 35歳~39歳・・・448万円

正社員に限定しなければ、ボーナスがなくても平均以上です。ボーナス次第で平均よりもかなり上の年収を得ているということがわかります。

では正社員に限定した場合だと年収はどうなるでしょうか。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると正社員に限定したボーナスは30代前半で91万6,300円、30代後半で103万9,000円となっているので、単純に平均年収を計算すると以下の通りになります。

  • 30歳~34歳・・・477万円
  • 35歳~39歳・・・527万円

手取り30万円でボーナスがまったくないとなると年収はおよそ450万円になりますから、正社員に限定した場合の平均年収よりは低くなります。

ボーナスが年間2か月あればだいたい平均、4か月あれば平均以上というのが30代の特徴です。

40代で手取り30万円

続いて40代を見ていきましょう。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、40代で正社員として働いている人の平均月収(残業代含む)は以下の通りになっています。

  • 40歳~44歳・・・37万8,300円
  • 45歳~49歳・・・40万6,500円

40代前半で平均が総支給約38万円、手取り30万円となります。40代後半で手取り30万円だと若干平均よりも下回るという結果です。

20代であればかなりの高給であると思える金額も、40代だと普通程度になるということです。

では年収だとどうでしょうか。

また、国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、30代の年収(正社員に限定していない場合)は以下の通りになっています。

  • 40歳~44歳・・・476万円
  • 45歳~49歳・・・502万円

ボーナスがなければ平均以下、ボーナスが1,2か月あれば平均、ボーナスが4か月以上あれば平均よりも100万円以上高くなるということです。

当然のことですがボーナスがいくらなのかは、やはり大事ですよね。

続いて正社員に限定した場合の年収についても見てみましょう。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると正社員に限定したボーナスは40代前半で117万500円、40代後半で133万7,700円となっているので、単純に平均年収を計算すると以下の通りになります。

  • 30歳~34歳・・・570万円
  • 35歳~39歳・・・621万円

手取り30万円でボーナスがまったくないとなると年収はおよそ450万円になりますから、正社員に限定した場合の平均年収よりかなり低くなります。

ボーナスが年間で4か月程度あってようやく平均程度です。

20代から40代までの平均月収・平均年収と比較してみましたが、手取り30万円というのは20代なら平均よりもかなり上、30代なら若干上、40代だと平均程度かボーナス次第では下回るというのが結論です。

手取り額だけではなく、残業時間や休日数も大切

月収や年収を考える上では、単に金額だけを見ていると痛い目をみかねません。

当たり前のことですが、残業や休日出勤が多ければ多いほど、給料は高くなるわけですから(サービス残業ではない場合ですが)。

たとえば同じ手取り30万円・総支給額38万円だとして、残業時間別に基本給を計算してみると以下の通りになります。

残業時間基本給残業代
0時間38万円0円
10時間35万5千円2万5千円
20時間33万3千円4万7千円
30時間31万3千円6万7千円
40時間29万6千円8万4千円
50時間28万円10万円
60時間26万6千円11万3千円

※前提条件:1日8時間、月22日勤務、残業時割増率1.25倍

当たり前のことですが、同じ総支給額・手取りなら残業時間が多ければ多いほど基本給は少なくなります。

残業時間が60時間にもなれば、基本給は26万円代にとどまります。

同じ収入を得ることができると言っても、残業が多いのはやはりきついもの。

残業が60時間で手取り30万円と、残業が10時間で手取り28万円であれば、後者のほうがよっぽど良いです。

またこれは休日数についても同様のことが言えます。

年間休日が120日の場合と100日の場合であれば、同じ収入でも時給は全然変わってきますからね。

だからこそ、仕事は収入のみならず、どれだけの時間働くことになるのかについてもよく考えて比較うる必要があります。

最後に

現在の転職市場は非常に売り手市場となっており、転職によって年収アップをすることが以前に比べてかなりしやすくなっています。

それこそ月収では10万円以上、年収では100万円以上アップするという人も決して珍しくなくなっている状況です。

同じ会社に居続けていてはせっかく能力が高くても、なかなか上がらないのが現実。

だからこそもし現在の収入に不満を感じているのであれば、収入アップを目指して転職するということも考えてみてはいかがでしょうか。

最後になりますが、もし転職活動を始めることを検討しているなら、ぜひ転職エージェントを利用することをおすすめします。無料でサポートを受けることができるので、良い仕事を見つけやすいし成功率も格段にアップします。

いくつかおすすめを紹介するので、ぜひ活用してみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT