手取り30万円以上の仕事に転職することは可能か。昇給で実現する可能性は?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

手取り30万円以上の仕事に転職することは可能か。昇給で実現する可能性は?

ある程度の年数働けば、30代になれば、手取りは30万円なんていって当たり前。そんな風に考えていた人もいるかもしれません。

しかし現実は厳しく、いくら働いてもろくに昇給がなく30代になっても手取り25万円、下手したら20万円にも満たない、そんな人はたくさんいます。

働いている会社で昇給がまともにない以上、給料を増やして手取り30万円以上を実現しようとすれば転職が必要となってきます。

ただ、もちろん転職すれば誰でも給料があがるわけではありません。

関連:手取り25万円は世間的に高いほう?手取り25万円の仕事を探す際の注意点は?

関連:基本給が高いことの大きなメリット。ボーナスは大きく違うかも。

転職で手取り30万円は現実的か

転職によって手取り30万円以上を実現しようと考えた時、その難易度はどれくらいあるのでしょうか。

手取り30万円の相対位置

まずは手取り30万円が世間的にどれくらいの位置にあるのかということを見ていきましょう。

手取り30万円の場合、社会保険料や源泉徴収税などの天引きされるものを考えると総支給額は38万円程度は必要になります。

年収はボーナスがどの程度あるかにもよりますが、仮に夏冬あわせて4ヶ月分あるとすれば年収はおよそ600万円程度。

民間企業で働いている人の平均年収は420万円ですから、平均としてはかなり高い位置にあることがわかります。

ただ、正社員で限定すれば平均年収は485万円、さらに正社員の男性に限ると538万円と手取り30万円により近づいてきます。

ちなみに年齢別にみると年収600万円を超える年齢層は45歳から60歳までの男性のみとなっています。

この結果から、手取り30万円を貰っている人はそれほど多くはなく、転職で実現しようと思っても難易度はそこそこ高いと考えられます。

転職による年収アップの実情

転職時に年収が決まる際に、前職での年収が影響する場合があります。ですから、現在手取り20万円の人と、現在手取り25万円の人であれば、後者のほうが転職で手取り30万円以上貰うことができるようになる可能性は高いのです。

もちろんあくまで一つの要素であって、他にも会社の給与基準やその人自身のスキルも関係するので一概には言えませんが、一つの指標として平均年収アップ額を紹介します。

転職サイトdodaの調査結果によると、年収アップの平均額は56.7万円。単純に12ヶ月で割った場合は4、5万程度の給料アップとなります。その為、手取り25万円以上の人であれば転職することで手取り30万円になる可能性は十分にあると言えるかもしれません。

もちろん、これはあくまで平均。中には400万円以上も年収がアップした人もいます。

昇給による可能性

一旦、転職せずに昇給に期待し続けた上で手取り30万円以上になる可能性を考えてみましょう。

リクナビNEXTの調査結果によれば、昇給額は中小企業で1.45%、大企業で2.59%となっています。

仮に手取り30万円以上となる総支給額38万円のうり残業代などの手当てが5万円あるとすると、初任給20万円からスタートした場合は中小企業で36年、大企業で21年かかることになります。

もちろん会社によってかなり差がある部分ですし、出世できて役職がつくことで一気に給料がある場合もあります。ただ、平均だけ考えれば特に中小企業の場合は厳しいものがありますね。

手取り30万円を目指す転職の取り組み方

現実的に考えて、今の会社が昇給がほとんどなく、先輩社員が自分と全然給料が変わらないようであれば、転職によって給料アップを目指すしかありません。

ただ、上述したように手取り30万円以上は世間的に見れば平均以上ですし、そう簡単なものではありません。

自分の現在の状況をしっかり確認

転職前には今一度自分の現在の状況をしっかり確認しておきましょう。

会社によってはある年齢までは全然給料が増えないが、ある年齢を境に自動的に昇格し給料がアップする会社もあります。昇給の仕方は会社によって全然違いますから、しっかり確認する必要があるでしょう。

次に自分の能力的な問題。世間的に見て平均以上の年収を貰おうとするならば、それ相応の実力がついていることが必要になるでしょう。それこそ未経験の仕事に転職する場合はさすがに難しいです。

会社にだけ求めるのではなく、会社に対して貢献することも考えなくてはなりません。

まあ能力は自分で低いと思っていても意外な部分を評価してくれることもあるので、自分で判断して諦めてしまう必要はないのですが、少なくとも誰もができることではなく、会社にとって貢献できる人間であることが必要であるということは覚えておいてください。

希望すること、妥協できることを明確に

休日の数は減らしたくない、残業はしたくない、仕事はきついのは嫌だなど全ての希望を実現することはさすがに虫が良すぎます。

年収アップを目指している時点で、現在の仕事から条件が悪くなる部分もあることは覚悟しましょう。

転職前にはあらかじめ、妥協することができることを考えておいてください。

手取り30万円を目指し方

手取り30万円は、転職直後に貰えることができるのが理想かもしれませんが、現在の自分の状況から考えて困難だという可能性も非常に高くあります。

もちろん最初は目指して全然かまいませんが、どうにもこうにも無理だという場合も残念ながらあるのです。転職エージェントに相談し希望にあった仕事を紹介して貰えるならいいのですが、紹介してもらえないようなら方向転換する必要があります。

無理なら無理で数年後に手取り30万円を目指すことも考えてみてください。今の会社の昇給ペースに比べて早く到達できる会社で考えれば見つかる可能性はかなり拡大します。

企業規模にこだわらない

大企業のほうが給料は高いし、中小企業のほうが給料が低いというイメージを持っている人は多いでしょう。まあ平均的に考えるとこれはまぎれもなく事実です。

ただ中小企業であっても高い年収を提示してくれる会社はたくさんあり、そういった会社のほうがより能力重視を見てくれるので年収アップもしやすい傾向にあります。また、転職難易度自体も大企業に比べれば下がってくれますね。

もちろん、大企業には安定性や福利厚生の充実度などもメリットもありますから、総合的に考える必要はあります。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:30代で手取り20万円以下で働いているなら、その会社に居続ける必要はない。すぐに転職をしよう。

関連:年収500万円~600万円ってどうなの?手取りや貯金の実態。



このページの先頭へ