私が公務員を辞めた理由と転職してから感じたこと

公務員として働いていると聞くと、どういった印象を抱くでしょうか。

安定している、給料が高い、仕事が楽。そんな良いイメージが先行する人が多いのではないでしょうか。

ただそんな公務員でも、実は退職して民間企業へ転職する人も少なくはありません。

今回紹介するのは、そんな公務員を辞めて民間企業へ転職した人の話。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

安定の公務員を退職し民間企業へ転職

私は大学中に公務員試験を受け、卒業後にそこそこ大きな政令指定都市で地方公務員として働き始めました。

公務員になった理由は色々。

民間企業の就職活動をしたくなかった、地元で働きたかった、安定や労働条件の良さに惹かれたなどたいした理由ではありません。

ただそんな公務員の仕事も5年で退職。民間企業へ転職することにしました。

転職自体は入社3年目くらいから意識するようになったものの、公務員という一応一般的には良いとされている仕事を辞めることへの踏ん切りがつかなかったこともあって、27歳までずるずる引き延ばしてしまっていました。

私が公務員を辞めた理由

公務員を辞めるとなった時、両親や親戚、友人などから色々と言われました。

もったいない、転職はやめた方がいい、とあえずもう少し働いたら?

あまり前向きな言葉を言われた記憶はありません。

まあそれは仕方がないのかなとも思います。周りからすれば公務員として働くことってかなり良いイメージがありますからね。

ただ私の場合は残念ながら公務員としての仕事に魅力を感じる部分よりも、圧倒的に悪い部分が強くなっていってしまいました。

給料が低い

一般的に見れば給料は決して低くはなかったと思います。

安定もしてますし、休みだってそれなりに多い、福利厚生だって十分です。

ただ大学の同期に比べると、給料面ではかなり劣っていました。

一応それなりにランクの高い大学だったこともあって、友人は一部上場の大手企業で働いている人ばかり。

それに比べると自分の給料は低く、そこにコンプレックスを感じていました。

仕事に誇れるものを感じなかった

仕事自体に誇れるものがなかったというのも一つの理由です。

周りは○○の商品に関わった、○○のプロジェクトをやっているなど、規模も大きく、その仕事が終わった後も自信を持ってこれをやったと言えることがあったのです。

しかし私にはそれがありませんでした。

人にやりがいを感じる部分は様々でしょう。公務員の仕事だって非常に重要で必要な仕事だし、そこにやりがいを感じている人も多いと思います。

ただ私の場合はそれを感じることができなかったのです。

残業が多すぎた

私がいた部署は残業がかなりある部署でした。しかも全てに残業代を支払って貰えるわけではなく、サービス残業もそこそこ多かったです。

私の知る範囲になりますが、公務員が残業多いかどうかは部署次第。

同期で全然残業していない人もいましたが、自分以上にしている人もいました。

この残業の多さも仕事に対して不満を感じていた理由の一つです。

目標を見つけることができなかった

定年が60歳までだとすると残り30年以上は働き続けることになるわけですが、その30年何を目標にすれば良いのか見つからなかったことも公務員を辞めた理由です。

こうなりたいという姿もなければ、これをやりたい、これをやり遂げたいというものもない。

生活の為、お金の為だけにあと30年以上も仕事をし続けるというのは、どうしても許せませんでした。

転職してから感じたこと

こんな理由から公務員から転職した私。

民間企業への転職はかなり難しいかなと思っていたものの、思いのほか上手くいき、そこそこ納得できる会社に入社することができました。

そして転職してもうすぐ2年。

現時点でどう思っているかについて書いていきたいと思います。

辞めたことに後悔はしていない

転職するにあたり、辞めない方がいい、辞めたら後悔するなど色々と言われたこともありましたが、現時点では辞めたことを後悔していません。

仕事内容、待遇、人間関係などそれなりに満足できています。

ただあくまでこれは私の場合。

公務員を辞めて民間企業に転職した人を何人か知っていますが、辞めなければ良かったと後悔している人や、一度転職したがまたすぐに違う会社に転職することになった人もいます。

一般的な人に比べて後悔することになる確率はやっぱり高いのかなと感じますね。私は運が良かったです。

仕事がそこそこ楽しいと感じている

仕事に対しては不満を感じることもありますし、ストレスだって感じまくってます。

ただ仕事はそこそこ楽しいと感じることができているんですよね。

学生の頃に適当な理由からなった公務員と、自らこういうことがしたいと思った仕事はやっぱり違います。

仕事に慣れるまでは大変だった

転職してからしばらくは仕事に慣れず大変でした。

仕事内容にもよるのでしょうが、私の場合は時間の流れ方や仕事の進め方、考え方などが大きく違うと実感しました。

公務員の仕事が楽というわけではありません。むしろ大変でした。

ただ営利目的かそうではないかによって、やっぱり様々な部分で違いはでるのかなと思います。

まあ会社が違う、部署が違うというだけでも大きく異なる部分ではあるかもしれませんが。

失ったものがあることも自覚はしている

後悔しているわけではありませんが、公務員を辞めて転職したことによって失ったものがあるという自覚もあります。

安定で言えば今の企業もそれなりに大きい企業ですが公務員には敵いません。

また退職金もおそらく公務員で働いていた方が定年時貰える金額は大きいと思います。

今の会社ではどうしも勤続年数が短くなりますしね。

後は地元を離れる必要もでたし、全国転勤の可能性もこの先あるし、まあ色々とあるのは事実。

ただそういったことをひっくるめても、今のところは転職して良かったと思うことができています。

最後に

公務員を辞めたいと思っている人に対して、転職した方が良いよと安易に勧めることはあまりできません。

なぜなら私の周りでは公務員を辞めたことにひどく後悔している人もいるからです。

ただ私の場合は公務員を辞めて転職して本当に良かったと思っています。

結局何が正しいかは人それぞれ。

まずは焦らず転職活動なりを始めるなどして、自分なりに納得できる答えを探してみてください。

民間企業への転職を考えたらまずは転職サイトに登録

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事