人材派遣会社の営業職を目指す上で有利になる資格や役立つスキル、ノウハウはいくつかあります。

派遣会社の営業への転職を考えている場合、入社後のキャリアパスも考慮して必要とされる資格やスキルを計画的に身に付けた方が良いでしょう。

この記事では、人材派遣営業への転職を考えている方に必要な資格や役立つスキルなどについて解説します。

人材派遣営業の仕事内容と平均年収

人材派遣の会社に所属する営業担当の仕事内容は、新しい求人を獲得したり、派遣スタッフとクライアントとの面談に同席したりと多岐にわたります。

社内においても、派遣スタッフのヒアリングを行ってどの様な派遣社員のニーズがあるか把握し、今後に活かしていくことも人材派遣営業の業務です。

求人を獲得

人材派遣営業の仕事として求人の獲得がありますが、競合会社も狙っている新規求人の獲得はフットワークの軽い方が向いています。

さらに企業から求人をもらうためには、自社に求人を紹介するメリットを充分にPRできる必要があります。

フットワークの軽い方であれば、1つの会社で求人が獲得できなくてもすぐに次の企業に訪問して、求人をもらえるチャンスを増やせます。それにクライアントの担当者からしても、やる気があってすぐに対応してくれる人の方が好印象で、契約にもつながりやすいです。

飛込みの営業

他の人材派遣営業の業務として、事前に面談の予約をせずに新規クライアントの獲得を目指して行う飛込み営業があります。飛込み営業はどの業界でも同じですが、やはり体力と愛想が必要でしょう。

飛込み営業で話を聞いてくれるクライアントの数はかなり少ないので、体力勝負で多くの企業に訪問しなければなりません。途中で疲れてしまっては、営業としての役割を果たせないことになり1日当たりの訪問した会社数が少なければ他の営業スタッフとの差がどんどん開いていってしまいます。

また愛想が良いか悪いかでもクライアントが受けるイメージが異なり、時には「君は愛想が良い」と評価されて契約を締結できることもあります。

人材派遣営業の平均年収

人材派遣営業を含む人材サービス「営業」の2010年における平均年収は下記の通りで、人材サービス業全体としての平均は453万円という結果になっています。

人材サービスの営業は、採用を考えている企業と仕事を探している転職者を結ぶ仕事であり、年収を上げる近道としては売上を上げて実績を作ることでしょう。

常に他の人材派遣会社とも競っていかなくてはならないため、自分の売上にこだわりをもち、結果を売上の数値として出せる方が必要とされます。

25~29歳30~34歳35~39歳
413万円478万円525万円

doda「人材サービスの平均年収【営業】」

資格はいる? 必要とされるスキル・ノウハウ

人材派遣営業では、何かの資格が必要だと言われることはほとんどありません。

資格よりもやる気が大切で、入社後に積極的に仕事を覚えて会社に貢献することを期待されます。

あえて挙げるとするならコミュニケーション能力が高いこと、もしも他の会社で営業の経験があれば、人材派遣営業でもその経験を活かして早く仕事に慣れることができます。

他の営業でも同じですが、人材派遣営業も売上を上げることが仕事なので、目的意識をもって長期にわたり売上を上げ続けることが大切です。

特に資格は求めれない

他の職種と比べても資格を必要とされない人材派遣営業ですが、決してクライアントへの提案や新規営業は簡単なのものではありません。

クライアントへの提案では、自社の人材派遣サービスを利用してもらうことのメリットなどを丁寧に説明できる必要があり、資格がなくても相手に理解してもらうためのコミュニケーション能力が求められます。

新規開拓の営業では、忙しい時は1日中外回りをして複数のクライアントに自社サービスの魅力を伝えなければならいので、どの様なクライアントに対しても柔軟に対応できるだけでなく体力も必要となります。

業界研究を日常的にできること

業界研究は、クライアントに自社のサービスを説明する際に必要となることです。

クライアントが属する業界の仕組みや現状をより理解しておくことで、自社サービスを提案するためには何が重要なのか見えてきます。

普段から様々な業界研究をしている人材派遣営業スタッフは、複数の業界のクライアントと良いコミュニケーションを取ることができ、新規開拓の時にもいち早くサービスの需要を見抜き、魅力ある提案ができるでしょう。

人材派遣営業の業務内容の1つとして、派遣スタッフが派遣先に初出社する時に同行するなどのケアがありますが、様々な業界について研究をしていればそれぞれの派遣スタッフがおかれている立場や状況を把握できるので派遣スタッフへの親切なケアができます。

粘り強い方

必要とされるノウハウは業界によって違いますが、人材派遣営業の場合は一度クライアントに断られても何度も粘り強く交渉できる力が必要とされます。

サービスの利用を検討している企業は他社からの連絡もたくさん受けますが、どの会社に決めるかという基準に、熱心に自社のサービスを説明してくれること、クライアントの要望に応えられる姿勢を見せることが挙げられます。

懸命に、そして親身に対応してくれる方が、クライアント側も「熱心に向き合ってくれそうだ」と前向きな印象を持ってくれるはずです。

役立つ資格について(勉強時間・勉強方法・テストの難易度)

人材派遣の営業では、必ず必要とされる資格はありませんが、取得しておくと役立つ資格はいくつかあります。

その中に中小企業診断士社会保険労務士があり、自分のキャリアパスや勤務している人材派遣会社が必要としている資格を把握して、計画的に勉強し資格取得を目指すと良いでしょう。

最も大切なことは、人材派遣営業として日々のクライアントとのやり取りや派遣スタッフの管理なので、資格取得については目的意識を持って少しずつ勉強していくのも良い方法です。

中小企業診断士の勉強時間、勉強方法と難易度

中小企業診断士は国家資格の1つで、中小企業における経営課題の診断・助言を行える資格です。この資格を持っていると、クライアントに対して派遣スタッフの必要性を経営的な視点から提案できるようになります。

中小企業診断士の試験の合格率は、下記の表の通り1次試験が最近では30%の合格率で、2次試験がおよそ19%程度の合格率となっています。

試験の難易度としては高く、勉強時間は合計で約1,000時間が目安と言われています。勉強方法としては、1日あたりの勉強時間を2、3科目程度に絞って1時間継続して勉強することをおすすめします。

1次試験
平成28年度17.7%
平成29年度21.7%
平成30年度23.5%
令和元年度30.2%

 

2次試験
平成28年度19.2%
平成29年度19.4%
平成30年度18.8%
令和元年度18.3%

一般社団法人中小企業診断協会の「中小企業診断士試験申込者数・合格率等の推移」

社会保険労務士の勉強方法と難易度

社会保険労務士の試験の難易度は、中小企業診断士と比べてうんと高くなります。厚生労働省が発表している令和元年の社会保険労務士試験の結果は、受験者が38,428人で2,525人が合格となっていて、合格率は6.6%です。

一般的に言われている社会保険労務士に合格するための勉強時間は、700から1,000時間とされています。勉強方法としては、他の資格と同じように受験科目を分析して、テキストを読み過去問を繰返し解くことがポイントでしょう。

さらに模擬試験なども受験しておくと、本番と同じような環境でテストを受けることができるのでおすすめです。

厚生労働省の第51回社会保険労務士試験の合格者発表

スキルアップには資格取得支援が便利

転職において特別な資格は必要ありませんが、実際に資格が大きな採用のポイントとならなくても、中小企業診断士などの資格を将来的に取得したいといった自己啓発的な意味での意欲は好印象となるので、事前に知っておいた方が良いです。

企業によっては、資格取得・教育支援制度などを売りに求人を出しているところもあるので、自分のキャリアパスの中で資格所得が必要で、人材派遣営業をしたい方は資格取得へのやる気を採用担当者に伝えられると良いでしょう。

人材派遣会社に営業として入社して資格を取得できれば、色々な可能性が広がり次の転職の時にも資格が評価されます。

福利厚生としての資格取得支援

資格取得支援のあるの求人はそれほど多くありませんが、支援のある会社では仕事をしながら勉強することに寛容なため、勉強に対するやる気や集中力も自然と向上します。

中には金銭的なサポートしてくれるケースもあるので、迷った時は会社を選ぶポイントとしてもいいでしょう。

自分だけでは仕事をしながら資格取得の勉強ができないと考えている方には丁度良い環境だといえます。

頼りになる人材派遣営業になるまでの道のり

資格取得をしたことによって、人材派遣営業としての評価が大きく上がることは期待できませんが、コミュニケーション能力や営業としての基本的なポイントを押さえていれば、交渉などの経験を積むことで頼りにされる営業になることができるでしょう。

クライアントの企業へ飛込み営業をする時も、アポイントを取ってから面談をする際も、相手の企業のことを良く理解する姿勢が大切です。相手の企業と何度も話をする中で信頼を勝ち取れれば、人材派遣会社においてより評価されることにつながります。

必要なスキルを把握してキャリアパスを計画しよう!

人材派遣営業には基本的に必要な資格はありませんが、会社によっては資格を取得することでさらに評価してくれる可能性もあります。

資格については、将来の自分のキャリアパスの計画から必要に応じて取得するかどうか判断してみてください。

またコミュニケーション能力は、人材派遣営業のみならず派遣スタッフの管理でも必要とされるので、これまでの仕事で自分の会社以外の方と話をしたり、スタッフのマネジメントなどの経験をしたりしていれば、その経験を人材派遣営業でも発揮することができるでしょう。