医者の方は、普段から責任のある仕事をしているだけでなく長時間労働などによりストレスがたまる環境に置かれています。そのため転職を考えている医者の方も多く、転職活動をどの様に進めて良いか考えているケースもあります。

この記事では、医者を辞めたいと考えてしまう理由や転職で失敗しないために確認しておくと良い項目と、おすすめの転職エージェントなどについてご紹介していきます。

医者を辞めたいと考えてしまう理由

医者を辞めて転職をしたいと考える方の中には、長時間労働などの仕事環境が原因であるケースがあります。普段の仕事だけでもストレスが掛かるというのに、当直などの長時間労働も重なってさらに疲れが溜まってしまいます。

患者のために自分を犠牲にして仕事をしている医者も多く、その様な医者をケアする環境が少ないために結果的に無理がたたり、体調を崩してしまったという方もいることでしょう。

まずは今の自分が置かれている環境をチェックしてください。

①当直などの長時間労働を当たり前とする環境

問題となっている医者の長時間労働は、下の表の様な状況になっています。下表の「診療と診療外」には「当直・オンコール」の時間も含まれてはいますが、医者という責任感と集中力を要する仕事であるのに対して多くの診療科で勤務時間が長い傾向にあります。

特に外科、救急科、臨床研修医が長時間労働をしていて、緊張感の必要な診療科であるがゆえに疲労がたまりやすく医師をやめたいと考える要因となるでしょう。

診療科診療と診療外当直・オンコール
内科系51.712.6
外科系54.716.5
産婦人科50.622.8
小児科50.216.0
救急科55.918.4
麻酔科49.116.7
精神科43.611.9
放射線科51.910.2
臨床研修医53.713.5

厚生労働省の医師の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査

②身体または精神的な不調

当直などで働く時間が長くなったり、緊急の手術などによって過労働なったりして身体や精神に不調をきた来すのも医者を辞めたいと考える理由の1つとなっています。病院によっては、当直後に集中力を必要とする手術などを行うケースもあり、医者にとっては自分の健康を維持することが難しい環境だと言えます。

せっかく医者になっても日々の仕事の環境が限界を越えているケースでは、医者としてのやる気を持ち続けることも困難になります。

③仕事場での人間関係

職場での人間関係で悩んでいるのは医者も同じで、特に病院内における派閥などの問題に巻き込まれて医者を辞めてしまう人もいます。

病院には医者以外に、薬剤師や看護師などの様々な医療スタッフが一緒に仕事をしていて、何らかの原因で他のスタッフとコミュニケーションが上手に取れないと、人間関係のストレスに発展してまうのです。

医者は仕事内容が人命に直接関係しているため、仕事だけでも大変な労働と言えますが、その他に人間関係の問題があるとより長期にわたって同じ環境で仕事を続けることが難しくなります。

医者のスキルや資格を活かせる他業種

医者の資格は、持っていることで製薬会社や産業医、生命保険会社で勤務することが可能です。他には開業医などもあり、ある程度経験を積んだ医者は、自分で開業してクリニックを運営していくという選択肢もあります。

その他にも研究教育機関へ勤務し、大学などの教育現場で講義を行うといった仕事もあるので、学生を育てたいと考えている人にはピッタリでしょう。

以下で詳しく説明していきます。

製薬会社での勤務

者のスキル、資格を活かして勤務できる場として製薬会社があります製薬会社での医者の仕事内容は、新薬などの開発に携わり、研究や開発、治験についての医学的な助言などを行います。

とてもやりがいのある仕事ですが、医療現場で患者の治療をやっていきたいという方にはあまり向いてないでしょう。どちらかというと研究者向きで、治験データなどを分析してより良い新薬の開発をしたいと考える方には良い勤務先となります。

産業医

医者の仕事を活かせる仕事として他には産業医がありますが、仕事内容としては労働者の健康診断をチェックし、異常が認められたときは必要に応じて就業判定を行います。その際に、就業における制限や休職が必要だと判断した場合、意見書を社員に対して作成するのも産業医の仕事です。

また、産業医は健康についての相談を希望する社員の対応も行います。産業医は、会社などで健康に問題のある社員に対してケアを行うことになるので、会社という組織に抵抗感のない方が向いているでしょう。

生命保険会社で勤務

生命保険会社でも医者の資格やスキルを使って仕事をすることができます。

生命保険会社での医者の仕事内容には、3つの審査があります。1つ目の審査の仕事として診査があり、保険に加入を希望している方に対して視診、触診、血圧測定、問診などを通して持病があるかや健康状態を確認します。

2つ目の審査の仕事として引受け審査があり、保険の加入希望者が提出する人間ドックの結果などを元に、保険の加入に問題がないか判断する業務となります。

また3つ目の審査として支払い査定があり、保険の加入者が亡くなった際に死亡保険金請求用診断書の査定をして、保険金支払いが妥当がどうか評価します。

転職するか決めるための3ステップ

医者の日本における数は足りていない現状が続いていますが、実際に医者が転職する時はしっかりと検討した上で転職活動を行った方が納得のいく転職ができるでしょう。

医者が活躍できるフィールドは多いので、慎重に求人内容を見て自分に合っているかや将来の自分の人生設計に当てはまるか考慮して応募先を決めるのが大切です。

少しの求人を見ただけで医者の転職事情を把握したつもりで転職活動を続けていると、視野がせまくなるだけでなく本当に必要な情報を入手できないことになるので気をつけましょう。

現状を自分なりに整理する

現状の把握は、医者の転職活動を行う時もポイントとなります。今の状況を客観的に理解して、次に勤務する転職先ではどのような仕事をどのような環境で行っているのかイメージできている必要があります。具体的な転職先での仕事についてイメージできていれば、実際にどのような転職活動を展開するか自然と決まってきます。

現状を理解することにしっかりと時間を掛けることで、転職が成功する可能性を高めることができるので忙しい方もできる限り時間を掛けて考えを整理するようにしましょう。

求人を多めに確認する

多めに求人を確認することで、どのような求人内容があるのか最新の情報が入ってきます。もしも求人を探している時間がない医者の方は、転職エージェントなどに相談すればおすすめの求人を紹介してくれます。上手に転職エージェントを利用することも医者の転職活動では大切です。

産業医なのか生命保険会社勤務なのかで医者の仕事内容も違ってくるので、今まで病院だけで勤めていた方は視野を広げて沢山の求人に目を通し、医者としてどのような形で仕事をしていけるか見つめ直してみてください。

入社に伴う条件や職場環境をチェック

医者の転職でも大切なこととして、入社に伴う条件、職場環境などの確認が必要です。入社前に入社後の待遇や労働時間などを質問していない場合、入社後に気が付いても遅いケースがあるので意識的に気になることは質問して解消しておくことがポイントです。

特に、前職を職場環境などが原因で辞めた方は、同じような職場環境で仕事をすることにならないためにも、面接、問い合わせなどでどの様な環境で自分が仕事をすることになるのか明確にしておくことも重要です。

悩んだら転職エージェントの利用がおすすめ

医者の転職では、普段仕事で忙しいこともありどの様に転職活動をすれば良いかわからない場合があります。

転職エージェントの利用は、医者にとっては本当に利用した方が良いか判断ができない方もいて、転職エージェントに対するイメージも様々ありますが、実際には転職エージェントを利用することで転職活動の大きな推進力となります。

以前の医者の転職では知合いのネットワークで新しい仕事場を紹介してもらうことがありましたが、今は無料で膨大な情報を所有する転職エージェントの利用が選択肢の1つとなっています。

非公開の求人を見せてくれる

転職エージェントはWeb上に公開している求人以外に、エージェントサービスを利用しないと紹介してもらえない「非公開求人」を保有しています。

非公開求人の数はかなり多く、転職活動を考えている医者にとってとても有益な求人があります。

医者の転職活動で転職エージェントを利用する場合は、初めは公開求人を見て検討してみて、次に必要に応じて転職エージェントに直接会って面談を行い非公開求人を教えてもらうのが良いでしょう。

非公開求人の中には、公開求人にはない自分にマッチする求人もあるので転職エージェントを利用するメリットは大きいです。

忙しい医者のために、必要な手続きを代行

どうしても忙しい医者のために、転職エージェントは医者に代わって面接などの日程調整を代行してくれます。日程調整くらい自分で行った方が良いのではと思う方もいますが、日程調整を複数の病院などと行っていると相当な時間を割くことになります。

また、転職エージェントは重要である給料の交渉も代行してくれるので頼もしい存在でしょう。普段診察や手術などで忙しい医者にとって、医療業界の転職の状況を把握していて、給料などの交渉をプロとして代行してくれる転職エージェントは、利用する価値が十分にあります。

客観的なアドバイスをしてくれる

転職エージェントの利用がおすすめな理由として、客観的なアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

なかなか同じ職場で医者として仕事をしている他の医者に相談することは難しいので、医療業界に詳しく転職に関する様々な情報を持っている転職エージェントと面談することで、その時点における転職に必要なポイントを押さえることが可能でしょう。

人気でおすすめな転職サイト

それでは、特におすすめの転職サービスを3つご紹介しています。

①エムスリーキャリアエージェント

全国対応で転職希望医師の登録実績が8年連続で1位であるエムスリーキャリアエージェントは、利用者の満足度も高くおすすめです。常勤医師と非常勤医師の両方の求人を掲載しているため、とりあえず情報収集をして転職活動を検討したいと思っている医者にも丁度良いでしょう。

また、転職成功事例集がをイトで見ることができるのでどのような転職のケースがあるか把握する際にも便利です。実績が豊富であるため、医療業界の転職について精通している点は、利用者としては嬉しいことです。

②リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、日本で2番目に医者の転職支援をはじめており、実績が40年以上あります。転職業界の最大手のリクルートグループが運営するリクルートドクターズキャリアは、実績を重視して安心して転職活動をしたい医者におすすめです。

医者のリクルートドクターズキャリアについての意見として、83%の医者が積極的に利用したいと回答しています。

③マイナビDOCTOR

知名度も高いマイナビが運営しているマイナビDOCTORは、他の転職エージェントにはない独占している求人があり、その独自のネットワークを一度利用する価値はあります。

専任キャリアパートナーが転職を希望する医者をサポートするので、転職活動中の不安やわからないことも気軽に質問できて良いでしょう。マイナビDOCTORの公式ホームぺージには、医者の転職マニュアルが掲載されていて転職活動の全体像を把握したい方には利用価値が高いです。

転職エージェントを上手に使って自分らしい転職を!

医者の方は、仕事の関係でどうしても転職活動に時間が割けないケースが多いと思いますが、転職エージェントを上手に使うことで自分に合った転職活動を実現できます。

日本国内では医者の数が足りていないこともあり求人数は多い代わりに、どの求人が本当に質の良い求人なのか見分ける必要があります。

この様なときに転職エージェントを利用することで、より詳細な求人に関する情報が転職のプロのエージェントから提供されるので、どの求人に応募するか判断することができ、無理なく転職活動を行えるはずです。