医者の方は、普段から責任ある仕事をしているだけでなく、長時間労働などストレスが溜まりやすい環境に置かれています。

そのため転職を考えている方は多い傾向にあります。

この記事では、医者を辞めたいと考えてしまう理由や転職で失敗しないために確認しておくと良い項目、おすすめの転職エージェントなどについて見ていきましょう。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

医者を辞めたい、他業種で働きたいと感じる理由

医者を辞めて転職をしたいと考える理由の一つに、長時間労働などの仕事環境が原因であるケースがあります。

普段の仕事だけでもストレスが掛かるのに、当直などの長時間労働も重なるとさらに疲れが溜まってしまいます。

患者のために自分を犠牲にして仕事をしている医者も多く、その様な医者をケアする環境が少ないために結果的に負担が大きくなり、体調を崩してしまったという方もいることでしょう。

まずは、今の自分が置かれている環境をチェックしてください。

当直などの長時間労働を当たり前とする環境にうんざり

ここでは、問題となっている医者の長時間労働について見ていきましょう。

下表の「診療と診療外」には「当直・オンコール」の時間も含まれており、医者という責任感と集中力を要する仕事であるのに加えて、多くの診療科で勤務時間が長い傾向にあります。

特に外科、救急科、臨床研修医は長時間労働となっており、ただでさえ緊張感の必要な診療科なので、疲労が溜まりやすく医師を辞めたいと考える要因となっているようです。

診療科診療と診療外当直・オンコール
内科系51.712.6
外科系54.716.5
産婦人科50.622.8
小児科50.216.0
救急科55.918.4
麻酔科49.116.7
精神科43.611.9
放射線科51.910.2
臨床研修医53.713.5

出典:厚生労働省「医師の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査」

身体または精神的に限界を迎えた

当直などで働く時間が長くなったり、緊急の手術などによって過重労働になったりして身体や精神に不調をきたすのも、医者を辞めたいと考える理由の1つとなっています。

病院によっては、当直後に集中力を必要とする手術などを行うケースもあり、医者にとっては自分の健康を維持することが難しい環境だと言えます。

また、医者は人の命を扱う職業なので少しのミスも許されません。

そのため、現場では常に緊張感があり、精神的な負担が大きいのも原因の一つです。

せっかく医者になっても、日々の仕事の環境が限界を越えているケースでは、医者としてのやる気を持ち続けることが困難になります。

仕事場での人間関係に疲れた

職場での人間関係で悩んでいるのは医者も同じで、特に病院内における派閥などの問題に巻き込まれて医者を辞めてしまう人もいます。

病院には、医者以外に薬剤師や看護師など様々な医療スタッフが一緒に仕事をしています。

そして、何らかの原因で他のスタッフとコミュニケーションが上手に取れないと、人間関係の悪さが大きなストレスに発展してしまうのです。

医者は仕事内容が人命に直接関係しているため、仕事だけでも大変な労働と言えるのに、その他に人間関係の問題があると、より長期にわたって同じ環境で仕事を続けることが難しくなります。

医者のスキルや資格を活かせる他業種

医者の資格を持っていれば、製薬会社や産業医、生命保険会社で勤務が可能です。

他には開業医などもあり、ある程度経験を積んだ医者は、自分で開業してクリニックを運営していくという選択肢もあります。

その他にも研究教育機関へ勤務し、大学などの教育現場で講義を行うといった仕事もあるので、学生を育てたいと考えている人にはピッタリでしょう。

以下で詳しく説明していきます。

製薬会社での開発職・研究職

医者のスキル、資格を活かして勤務できる場として製薬会社があります

製薬会社での医者の仕事内容は、新薬などの開発に携わり、研究や開発、治験についての医学的な助言などを行います。

とてもやりがいのある仕事である一方、医療現場で患者の治療をやっていきたいという方にはあまり向いてないでしょう。

どちらかというと研究者向きで、治験データなどを分析してより良い新薬の開発をしたいと考える方には良い勤務先となります。

産業医

医者の仕事を活かせる仕事として他には産業医があり、仕事内容は労働者の健康診断をチェックし、異常が認められたときは必要に応じて就業判定を行います。

その際に、就業における制限や休職が必要だと判断した場合、意見書を社員に対して作成するのも産業医の仕事です。

また、産業医は健康についての相談を希望する社員の対応も行います。

産業医は、会社などで健康に問題のある社員に対してケアを行うため、会社という組織に抵抗感のない方が向いているでしょう。

生命保険会社で勤務

生命保険会社でも、医者の資格やスキルを使って仕事が可能で、医者の仕事内容には3つの審査があります。

1つ目の審査の仕事として診査があり、保険に加入を希望している方に対して視診、触診、血圧測定、問診などを通して持病があるかや健康状態を確認します。

2つ目の審査の仕事として引受け審査があり、保険の加入希望者が提出する人間ドックの結果などを元に、保険の加入に問題がないか判断する業務です。

3つ目の審査として支払い査定があり、保険の加入者が亡くなった際に死亡保険金請求用診断書の査定をして、保険金支払いが妥当がどうか評価します。

医者から他業種へ転職する際の注意点

医者から他業種への転職によって、精神的ストレスから解放されたり、肉体的な疲労がなくなったりするでしょう。

しかし、医者から他業種へ転職する場合、いくつかの注意点があります。

この項目では、その注意点について解説していきます。

年収が下がる可能性がある

医者と言えば、高収入な仕事の代表格です。

開業医になれば、平均年収はかなりの金額になるでしょう。

実際、厚生労働省が発表した「第23回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」によると、医師の平均給与は国立が1,098万円で公立が1,246万円です。

しかし他業種へ転職すれば、よほど高給取りの仕事でなければ医者の頃より年収が下がるでしょう。

場合によっては、医者の頃の半分以下に減る可能性があります。

できるだけ早いうち転職活動を

転職は基本的に若い方が有利です。

しかし、医師になるためには大学の医学部に進んで6年間の教育を受け、医師国家試験に合格し、さらに2年以上も臨床研修医として経験を積まなければいけません。

つまり、すでに医者として働いているほとんどの人は若年層ではないのです。

転職は若い方が成功率が高く、40代を超えると難しいとされているため、年齢的要因からも転職活動は決して容易なものではないと考えられます。

もしあなたが転職しようか迷っているのであれば、そうこうしている間にもどんどんと不利な状況になってしまうので、できるだけ早く行動に移すようにしてください。

医者から他業種への転職を成功させるためにやるべきこと

医者が活躍できるフィールドは多いので、慎重に求人内容を見て自分に合っているかや、将来の自分の人生設計に当てはまるかを考慮して応募先を決める事が大切です。

少しの求人を見ただけで、医者の転職事情を把握したつもりになり転職活動を続けていると、視野が狭くなるだけでなく本当に必要な情報を入手できなくなるので気を付けてください。

抱えている不満や転職先に求める条件を整理する

何に不満を抱え、次の職場ではどのような条件を求めるのか整理することがポイントです。

職場の何に不満を抱いているのか、そして、それを解決するためには次の職場で何が必要なのかがイメージできれば、実際にどのような転職活動を展開するか自然に決まってきます。

転職してから「失敗した」と後悔しても、年齢的にも再度の転職のやり直しはリスクが高いので、忙しい方もできる限り時間をかけて整理するようにしましょう。

多くの求人に目を通す

多めに求人を確認することで、どのような求人内容があるのか最新の情報が入ってきます。

もしも求人を探している時間がない医者の方は、転職エージェントなどに相談すればおすすめの求人を紹介してくれます。

上手に転職エージェントを利用することも医者の転職活動では大切です。

忙しくて求人チェックする暇がなくても、転職エージェントならマッチ度の高い求人を紹介してくれるので、時間を有効的に活用できるでしょう。

また、産業医なのか生命保険会社勤務なのかで医者の仕事内容は違ってくるので、今まで病院だけで勤めていた方は様々な求人に目を通し、医者としてどのような形で仕事をしていけるか見つめ直してみてください。

入社に伴う条件や職場環境をチェック

医者の転職でも、入社に伴う条件や職場環境などの確認は大切です。

入社前に入社後の待遇や労働時間などを質問していない場合、入社後に気が付いても遅いケースがあるので、意識的に気になる点は質問して解消してください。

特に、前職を職場環境などが原因で辞めた方は、同じような職場環境で仕事をする羽目にならないためにも、面接、問い合わせなどでどの様な環境で自分が仕事をするのか明確にしましょう。

悩んだら転職エージェントの利用がおすすめ

医者の転職では、普段仕事で忙しいこともあり、どの様に転職活動をすれば良いかわからない場合があります。

そんな時こそ、転職エージェントを利用することで転職活動の大きな推進力となります。

非公開の求人を紹介してくれる

転職エージェントはWeb上に公開している求人以外に、エージェントを利用しないと紹介してもらえない「非公開求人」を保有しています。

では、なぜ企業や病院は非公開求人を出すのでしょうか?

それは、次のような理由があるからです。

  • 他社に知られずに、極秘プロジェクトに携わる人材を募集したいから
  • 応募者を厳選して、効率良く採用活動を進めたいから
  • 社内外に秘密で重要ポストに就く人材を採用したいから
  • 他社に自社の持つ採用ルートを知られたくないから

つまり、重要なポストに就ける魅力的な求人や、競争率の低い求人に出会える可能性が高いわけです。

また、非公開求人は多くの人材に出会うためというより、専門的なスキルを持った応募者に絞って募集をかけているため、あなたにマッチした求人を見つけやすくなっています。

非公開求人の数はかなり多く、転職活動を考えている医者にとってとても有益な求人があります。

医者の転職活動で転職エージェントを利用する場合は、ぜひ有益な情報が豊富な非公開求人を紹介してもらってください。

忙しい医者のために、必要な手続きを代行

どうしても忙しい医者のために、転職エージェントは医者に代わって面接などの日程調整を代行してくれます。

日程調整くらい自分で行った方が良いのではと思う方もいますが、日程調整を複数の病院などと行っていると相当な時間を割くことになります。

また、転職エージェントは重要である給料の交渉も代行してくれるので頼もしい存在でしょう。

普段診察や手術などで忙しい医者にとって、医療業界の転職の状況を把握していて、給料などの交渉をプロとして代行してくれる転職エージェントは、利用する価値が十分にあります。

客観的なアドバイスをしてくれる

転職エージェントの利用がおすすめな理由として、客観的なアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

というのも、なかなか同じ職場で仕事をしている他の医者への相談は難しいでしょう。

しかし、転職エージェントなら医療業界に詳しく転職に関する様々な情報を持っているので、その時点における転職に必要なポイントを押さえることが可能です。

医者から他業種への転職は可能!転職を迷ったらまずはエージェントに相談してみよう

医者から他業種に転職するのは凄く勇気が必要です。

確かに、医者は他の職業以上に積み上げてきたものが多く、それを崩して一からスタートするのは大変でしょう。

しかし、今の不満を抱えたまま我慢して働き続ける必要はありません。

医師免許を持っているからこそ転職できたり、医師としての経験が役立つ仕事は沢山あったりするものです。

だからこそ、他業種への転職を前向きに検討してみてください。

とは言われても、やはり簡単に決断できるものではないので、転職エージェントに相談した方が良いのです。

転職エージェントを利用すれば、あなたの悩みを理解してくれて、その悩みの解決や希望を満たしてくれる求人を紹介してくれます。

もちろん、ただ紹介してくれるだけではなく、その企業の内部情報や採用選考の対策、スケジュール調整、条件交渉などもサポートしてくれます。

これだけのサポート体制が整っていながら利用料金は一切かかりません。

あなたの医者としてのスキルや経験を活かした転職方法も示してくれるので、ぜひ活用してみてください。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。