世の中にはいろいろな仕事があり、自分で選んだ仕事をしているとはいえ、やはり一般的にみてハードな職種というものもあります。

どんな仕事にも辛い事はありますが、肉体的・精神的に負担の多い仕事を続けるためには、その仕事に対しての適正が高くないと厳しいです。
 
人材派遣会社は大手の企業も多く、人のために尽くせる仕事として理想を抱いて入社をする人もいますが、中には「人材派遣の営業はつらい。もう続けられない」と感じている方もいるでしょう。
 
改めて自分は人材派遣営業として続けられそうなのか、自分がいる業界は他の業界と比べてどのくらい離職率が高いのかなどについて確認をして、今後のキャリアプランを考える切っ掛けになれば幸いです。

営業職の離職理由について

仕事を辞めたい理由は人それぞれでありますが、まずは業界の傾向を確認する前に営業職自体のデータを確認してみましょう。

営業職は慢性的な人材不足が起きている

転職サイトのエン・ジャパンが行った「企業の人材不足」実態調査によると最も人材不足が生じている職種は営業職となります。

引用元:エン・ジャパン 「企業の人材不足」実態調査

他の職種に比べて頭一つ抜けている結果です。

これは営業職ならではの辛い部分が要因となっているケースが多くあります。

理由①:数値やノルマが厳しい

人材業界に限らず営業職は売上やその他の数値をノルマとして課せられることが珍しくありません。

時には達成不可能な数値を言われてしまい、上司や先輩から詰められることに対して嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

理由②:板挟みになることが多く精神的な負担が大きい

営業職は会社とクライアントの板挟みになってしまうことも珍しくなく、会社とクライアントの要望を聞いて仲介役として気を配ることが多くなります。

気を配るということは精神的にも疲労は溜まっていくので、仮に「自分は仲介役となるのが得意」と思っている人でも辛いと感じてしまいます。

理由③:クレーム対応なども受けることがある

営業職の方はクライアントやユーザーからの窓口としての役割も担うので、クレーム対応に追われることもあります。

仮に自分のミスであれば責めるのは自分ですが、会社の方針に従った結果であったり他の人のミスに関するクレーム対応であれば理不尽さも感じてしまいます。

営業としてバリバリ売上を上げたいと理想を高くしている人ほど、仕事内容へのギャップが大きくなるでしょう。

理由④:外回りや営業活動での肉体的疲労の負担が大きい

営業職の方はクライアントとやり取りをすることが多く、メールや電話だけで済むこともあれば直接相手の会社に行かなくては行けないこともあります。

特に新規営業となると必ず直接の挨拶は必要になるので、外に出ない営業職というのはほぼありえないでしょう。

元々会社にいるよりも外にいるほうが好きな方ならストレスはあまり感じないかもしれませんが、なんとなく営業になった方は営業職自体に適正がない場合もあるので肉体的な疲労感はかなりあるでしょう。

人材派遣業界ならではの理由

ここからは人材派遣業界で辛いと感じる理由を紹介します。

理由①:体育会系の風土

人材派遣業界は体育会系の会社が多い傾向にあります。

そのため、そもそも体育会系の雰囲気が得意でない方からすると居づらいと感じてしまうでしょう。

また、体育会系の会社に多いのが「気合」「根性」など精神論で仕事の目標を達成しようとする方もいるため、理論的に考えて物事を進めていきたい方にとっては納得できないことも多い環境家で業務を進めていくこととなります。

理由②:使命感が強い人ほど疲弊する

求職をしている方は仕事に対しての悩みがあったり、現在仕事をしていないので生活のために新しい職を探しているなど、根底として悩みを抱えているケースが多いです。

そのような悩みを解決してより良い職場とマッチングできるようにコーディネートするのが人材派遣業界ですが、なかなか理想通りに働くのが難しいこともあります。

営業成績の関係上「マッチング度は低いけどここに派遣をしよう」ということをせざるを得ないことも起こりますし、「人のために尽くしたい」と強い使命感を持っていた人ほど現実とのギャップに悩まされます。

理由③:勤務時間のコントロールが難しい

人材派遣業界は派遣をしたら終わりというわけではなく、その後も派遣社員と派遣先との連携が必要になります。

相手都合で新しい仕事が急に発生する時もあるので勤務時間を完全にコントロールすることが難しいです。

なるべく定時できっかりとあがりたい人には不向きな業界と言えるでしょう。

理由④:給料が見合わない

一見、勤め先となる人材派遣会社は大手な上に月の給料も25万円程度貰えるので、仕事としては比較的充実してそうに見えますが、その仕事内容は激務となり、時間外の営業も多くなるのに対して貰える給料が少ないと、給料面に不満を感じて辞める方はたくさんいます。

現にこの理由で先輩や同僚が辞めていったという体験をしている方もいることでしょう。

理由⑤:派遣労働者の管理

自分が担当した派遣労働者によっては、理不尽に仕事に対する不満をやたらとぶつけてきたり、自分が気に食わないと怒鳴ったりのほか、採用になったものの派遣先での仕事をすっぽかすなどされてフォローに疲れてしまうこともあります。

理由⑥:契約する会社を増やさなくてはならない

派遣労働者を雇うには派遣先がたくさんないとどんなに派遣労働者の登録数があっても意味がありません。

しかし、この派遣先を増やして行く業務こそが大変で、飛び込み営業や電話をたくさんの会社にかけ続けるなど、大変な営業をこなしていかないとならないのです。

契約は知名度の低い会社だとなかなか取れないことも多いので、取れないことで上司から指導を受けたり、契約を取ろうとした会社からは軽くあしらわれたり、そう言った精神的な苦痛にも耐えなくてはならず、体調を壊す方もいます。

このように、人材派遣営業は他の仕事よりもストレスの多い仕事となり、この為、1度は就職したものの退職を考える方が多くなるのです。

人材派遣営業を辞めた方がいい人と 思いとどまった方がいい人

どんな仕事も向き不向きはあるもので、もし合わない場合は自分に向かない仕事を長い間続けていくことは難しいと言えます。

ここでは人材派遣営業から転職をした方がいい人とそうでない人を紹介します。

人材派遣営業を辞めた方がいい人

理想と現実が違いすぎた人

業界に入る前に抱いていた理想と実際の業務に乖離が激しい場合は人材派遣営業から別の業界や職種に転職をした方が良いです。

仮に給与が良かったとしても仕事内容自体に対して合わないと感じていたら長続きすることはありません。

自分のペースで仕事を進めたい方

基本的に派遣先や派遣社員の方とやり取りをすることがメインになるので思ったように仕事のペースをコントロールすることが難しい職種です。

ペースが乱されることで大きく負担を感じる方は人材派遣営業ではなく、黙々と一人で業務を進められるような職業の方が良いでしょう。

人と話すことが思っていたより苦手だった人

人材派遣営業に志望する方は「話すことが好き」という方が多いですが、その話すことがいわゆる「友人とおしゃべりする」感覚だと実際に仕事を始めた時に自分は不向きかも…と感じてしまうかもしれません。

営業職は話を聞きながら相手に対して解決策の提案をすることが大事なので、ただ話すのが好きなだけだと仕事が上手くいかないことも多くなるでしょう。

人材派遣営業に残ったほうがいい人

感謝されたことで苦労が報われたと感じた人

人材派遣営業は人とのやり取りが多く苦労のある職種なので、仕事を進めている時は心が折れてしまいそうになるかもしれません。

ただ、派遣社員の方や派遣先の担当者から感謝されたことで「報われた」と感じた人はそれがやりがいに繋がっていくでしょう。

将来独立してコンサルティング業などをしたい方

人材系は正社員・派遣に限らず独立してコンサルティング業をする人も多くいます。

将来のキャリアプランとしてそのような目標があるなら辛いことがあったとしても独立をするまではその業界に留まった方が良いです。

現場の知識や経験だけではなく役職なども経験することで独立後の仕事の進め方や成功のために必要な行動が自ずと見えてくるかもしれません。

現時点で給料をかなりもらっている人

同世代の平均年収と比べて給料をかなり多くもらっている人はすぐに転職をする前にしっかり検討をしたほうが良いです。

仕事内容が全く合わなかったり、職場の上司や同僚と反りが合わない場合は精神的に続けるのが辛いため体調を崩す前に転職をするのがおすすめですが 、もしもなんとなく「転職しようかな」と考えているなら冷静になってから判断をしても遅くありません。

既に多くもらっているなら転職をする際に上手くいかないと給料が落ちてしまう可能性もあるので、仮に転職をして年収が下がったとしても悔いのない業界や職種を選んで転職活動をすすめてください。

人材派遣営業は向き不向きがはっきり分かれる。合わない場合はサクッと転職しよう

人材派遣営業は向き不向きのある仕事で辛いと感じる方にとってはとても辛い仕事となり、精神的苦痛を感じているな続けるのは大変でしょう。

そのため、退職したいと考えている方は迷わず退職した方が良く、向かない仕事をするのは業務に支障が出ることも想定できますし、その事で上司から注意を受け、辞職するようにオブラートと言われる可能性も出てきます。

あまりにも向かない場合は長くいても成長が見られる確率は低く、会社から遠回しに辞めるよう言われるのは精神的なショックにも繋がるため、その前に自ら退職し、自分の能力を活かすことができ評価される職場を見つけた方が良いでしょう。

仕事が合っているのか自分だけで判断するのが難しい時は家族や友人にも相談をして客観的な意見を聞きながら最終的な方向性を決めましょう。