転職が悪、転職は逃げなんて言うのは会社側の都合の良い意見にすぎない

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職が悪、転職は逃げなんて言うのは会社側の都合の良い意見にすぎない

転職は悪。転職は裏切り。転職は逃げ。転職するなんて無責任。

いざ社員が転職しようとすると、そんな批判的な言葉ばかり言う上司がいます。

ただはっきり言ってそんな言葉は全く気にする必要なんてありません。

むしろ転職は歓迎されるもの。決して反対されるようなことではないのです。

関連記事

 

転職は悪だと言っても、その会社は中途採用を行なっている

辞めた人の補充、事業拡大の為の人員補充、定期的な中途採用。

多くの会社では当たり前のように中途採用を行なっています。そうでなければ仕事は拡大もできないし、それどころか回りません。

会社によっては直近何年かは新卒採用しか行なっていないという会社も多少なりともあるでしょう。

ただそういった会社も数年前は中途採用を行なってきただろうし、それこそ創業したての頃なんて他の企業で仕事を経験してきた人が大半だったはず。

創業者以外はみんな右も左もわからない新卒だった会社なんてはたしてあるのでしょうか(中にはわずかながらあるかもしれませんが)

ようするに、中途採用者がいるからこそ今会社と成り立っているわけです。

それなのに、いざ自分の会社から転職しようとした人がいた時だけ、転職は悪だなんて言うのはちょっと矛盾していませんか?

転職が悪、転職が裏切りだと思っているなら中途採用を行うべきではない。だって裏切った人、逃げてきた人なんですから。

その会社が中途採用を行なっている以上、中途採用を行う価値があると言っているわけで、自社の社員が他の会社に転職していくことに批判なんてできないはず。

もちろん転職理由が何なのかによっても違ってはくるでしょう。確か甘えすぎちゃっている人もいるとは思います。

ただ転職を悪だとか裏切りなんて言っている人の大半はほぼそんなことを考えてないでしょう。最初から決めつけてますからね。

転職が悪ではなく、自分達にとって都合が悪いことを人のせいにしているだけ

結局、転職が悪というわけではなく自分達にとって都合が悪いことを社員のせいにしているだけにすぎません。

転職して人が入ってくることは自分達にとって都合が良いので何も言いませんが、人がでていくと色々と困りますからね。

確かに転職して人が出て行くって会社や上司にとってデメリットが大きいんですよね。

  • 人員配置をし直す必要がある
  • 人手不足になって新規採用が必要となる場合も
  • 担当が変わることでそれまでと同じ実績をだすまで時間がかかる
  • 部下が辞めることによって上司の評価が下げられる場合も
  • 離職率が上がり会社の評判が下がる
  • 新規採用にかなりお金がかかる
  • 採用から成果を出す前に辞められると会社として赤字

こういったデメリットを被ることを考えたら、まあ辞めてはほしくないですよ。

特に優秀な人や今後成長が期待できる若手ならなおさらです。

ただそれは会社の都合。

逆にそんな会社の都合に合わせていたら、逆にこっちがデメリットをこうむります。

嫌々仕事を続ける、年収アップの機会を逃す、成長の機会を逃す。むしろ仕事を続ける方が悪じゃないですか。

社員が辞めるのは会社のせい。努力すれば離職率は下げられる。

そもそも社員がその会社を辞めるのは会社のせいなんですよ。

安い給料、少ない休み、悪い職場環境、やりがいも何もない仕事、下手したらサービス残業を強いている会社だってあります。

そんなの辞められて当然。離職率が高くて当然。転職する人の裏切りとか逃げだとか言う問題ではありません。

もし辞めてほしくないなら、社員にとってもっと魅力的な会社、辞めたくないと思える会社にすればいいだけです。

それができないなら、辞める人がいたって文句は言えませんよね。

実際、条件が良い会社だと新卒3年以内の離職率が5%以下なんて当たり前。ゼロなんて会社だってあります。それは大企業に関わらず、中小企業でも努力して環境を整えて離職率を下げたという事例は多々あります。

もちろんできることには限界だってあるでしょう。社員の為にと会社の利益を削り過ぎれば回らなくなって倒産することになります。

ただ会社と労働者は、あくまで決められた雇用条件のもとで契約を結んでいるだけの関係

もっと良い条件で契約を結んでくれる人がいたらそちらと結ばれてしまうのは当たり前。そしてそれは法律でも認められていることです。

もちろん労働者側が当事者意識を持って仕事に取り組むことは大事です。ただ過剰になりすぎても良いことはありません。

うまくいかない、通用しないってなぜ言える?

いざ転職しようと思ったら、「うまくいかない」「通用しない」なんて言ってくる上司もいるんですよね。

それもおかしな話。そんなのわからないじゃないですか。

転職によって変わるものは大きいです。それこそ本人の仕事の取り組み方、仕事に対する考え方だって変わります。

もし本当に今の会社では仕事ができていないとしても、場所や仕事内容が変わったら一変するかもしれません。

その会社で通用している常識なんてその会社でしか通用しないことばかり。

実際、転職後にたくさんの人が活躍しています。

結局、うまくいかないだのなんだのという発言は何の根拠もない、ただそうであってほしいと思っているだけのことか、辞めさせない為に言っているだけで、全く気にする必要なんてありません。

むしろ転職は善。積極的に行うべきものである

はっきり言って転職は善。積極的に行うべきです。

もちろん、転職してから後悔しないように吟味に吟味を重ね、慎重にすべきではあります。

ただそうやって決めた転職ならば積極的にすべきです。

なぜなら転職には良いことが多いからです。

今の仕事を続けていてはあまり望めない昇給も、転職すれば大幅に年収アップするかもしれない。

休みを増やすことだってできるし、残業を少なくすることだってできるし、働きやすい環境を選ぶことだってできる。

転職しなければ、今のまま何も変わりません。不満なまま働きつづけるだけ。

会社という立場だと確かに転職は悪かもしれません。ただ労働者の立場に立てば転職は善なのです。

もちろん転職に慎重さは必要であることを忘れてはいけない

転職はもし自分がしたいなら積極的にするべきだし、上司から何を言われたって気にするようなことではありません。

ただ転職して後悔する人というのは少なからずいます。転職しなきゃ良かった、そう思ってしまっています。

自分と向き合い、その転職が本当に自分にとってメリットがあるものなのかを良く考え、慎重に判断する必要があるということは忘れずに覚えておきましょう。

自分にとって何のメリットもないなら、転職せずに今の仕事を続けるという判断の方が正しいです。

いずれにせよ大切なのはそれを自分で考え、自分で決めること。周りの意見に流さず、自分で判断して行動しましょう。

転職に向けて

これから転職活動をすすめるのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ