転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

転職すべきか、それとも転職しないほうがいいか。

現状に不満がある、もっとキャリアアップしたいなどと思っても、どちらにすべきか悩むものです。

仕事を辞めたいと思った時に、すぐに転職するわけにはいけませんから、どうすべきかといことを悩むのは当然です。

そこで、今回は転職すべき人、転職しない人がいい人の特徴を紹介します。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

スポンサーリンク

転職すべき人、転職しないほうがいい人の特徴

自分は転職すべきなのか、それとも転職しないほうがいいのか。

悩んだら、以下のことをチェックしてみてください。

転職すべき人の特徴

まずは転職すべき人の特徴を紹介します。

やりたいこと、叶えたいことが明確に決まっている

転職して何がやりたいか、何を叶えたいのかを決まっている人は転職すべき人であると言えます。

明確に決まっているからこそ、転職活動の方向性がしっかり決まっており、転職も受かりやすいです。

また、転職後に実は思っていたものと違ったなんてこともなく、後悔することも少ないでしょう。

今の会社ではやりたいことができない、叶えることができないという時は、まさに転職すべき時です。

長期のキャリアプランをもっている

現状の不満や、短期のキャリアプランだけだと、転職した直後は満足しても、すぐに不満を感じるようになってしまい、また転職するなんてことにつながりかねません。

転職してどういったキャリアを進んでいきたいか、長期的に考えることができていることが、転職すべき人の特徴です。

パワハラのひどい会社、労働基準法を違反している会社で働いている

今勤めている会社で、パワハラがひどい、サービス残業などの労働基準法違反が当たり前になっているといった場合は、転職すべきです。

残念ながらそういった会社で状況が改善することはほぼない為、転職して環境を変えたほうがいいです。

会社の経営状況が悪い

会社の経営状況が明らかに悪く、会社自体が危ないと感じた時は、転職すべき時です。

もし倒産してしまうと、職がなくなってしまいます。

失業保険がもらえるとはいえ、貰える額は、普段貰っている額から減りますから、倒産して職を失ってしまう前に転職先を決めてしまうほうがいいです。

同業他社より明らかに給料が低い

同じ仕事をしている会社にも関わらず、自分の会社の給料が明らかに低いという場合があります。

こういった時には、同職種への転職を考えるべきです。

同じ仕事をしているのであれば、より給料が高いほうがいいに決まっています。

スポンサーリンク

 

転職しないほうがいい人の特徴

一方、転職しないほうがいい人はどんな人でしょうか。

転職の目的が不明確

自分のやりたいことがよくわかっていない、転職して何がしたいかわかっていない。だけど、今の会社で働き続けるのは嫌だから転職するといった考えの場合には、まだ転職しないほうがいいでしょう。

転職する目的を明確にせずに転職先を決めてしまうと、後悔に繋がり、またすぐにやめてしまうことになります。

他の会社と自分の会社を客観的に比べたことがない

実は自分の会社が一番いいかもしれません。

他の会社としっかり比較しないまま転職することを決めてしまうことは非常にリスクがあります。

どうしても違う会社はよく見えますし、自分の会社は大変だと思いがちですが、まずは客観的に比較してみる必要があります。

周りの影響

友人が転職して成功したからなど、周囲が転職したことで、自分も転職することを決める人がいます。

しかし、人とは全く違うということを知りましょう。

友人が成功したからといって自分が成功するとは限りません。

転職は自分自身で決めましょう。

長期的なキャリアプランを描けていない

長期的なキャリアプランを描くことができていない場合、転職しないほうがいいでしょう。

転職後にもまた転職したいと思い、無駄に転職回数を増やすことになってしまいます。

転職するかしないかの判断

転職すべきか、転職しないほうがいいか。

転職すべき人の特徴にあてはまるのであれば、もちろん転職活動を進めるべきですが、

転職しないほうがいい人の特徴にあてはまったとしても転職は辞めると判断するのは実は早いです。

転職した人、残留した人の結果

転職サイトのリクナビネクストによれば、転職に踏み切った人と、転職したかったが残留した人の不満の状況は以下のようになっています。

転職した人

  • 転職して成功だと感じた人・・・90%
  • 転職して失敗だと感じた人・・・10%

転職しなかった人

  • 転職しないで成功だと感じた人・・・50%
  • 転職しないで失敗だと感じた人・・・50%

この結果を見る限り、転職すべきだと感じます。

ここまで顕著な結果ですから、転職しないほうがいいという人の特徴でも成功したと感じている人はいるでしょう。

それはなぜかというと、転職活動をすることで、明確になることもあるからです。

まずは転職活動してみること

転職活動をしてみましょう。

なぜなら、しないほうがいい特徴にあげられることは、そういった問題点を意識しながら転職活動を進めていくことで、解決することができていくからです。

例えば目的が曖昧だったけど、転職活動してみてわかるということはよくあります。

絶対転職するとは決めずに、まずは転職活動を進めることが大切です。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

関連:資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ