新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

新卒入社した会社で働きだして半年。

様々な理由から退職を決意している人も多いのではないでしょうか。

実際、半年で会社を辞めてしまう人の割合は非常に多いです。

一方で、退職を決意しても、将来のことを考えるとなかなか踏み切れないという人もいます。

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:新人、新入社員は一番仕事が辛いかも。どうすれば乗り越えられる?

新卒入社半年で辞めることのリスク

新卒入社半年で退職を決意していても辞めることができない人は、辞めることのリスクについて考えてしまっているのでしょう。

まずは、辞めることのリスクについて確認してみましょう。

すぐ辞める人だと思われてしまう

一番心配しているのは、半年という短い期間で辞めてしまうことで、転職活動をしていても、「すぐ辞める人だ」「忍耐力がない」と思われてしまうから、まともに転職することができないと思われてしまうのではないかということです。

この点については、確かにそう思われることは少なからずあります。

半年という短期間で離職した事実は、決してプラスにはならず、マイナスに働いてしまいます。

ただし、第二新卒として転職する場合には大きなデメリットとはなりません。この点については後述します。

そもそも転職先がない

求人を見ると、経験年数が3年以上というしばりもよく見かけます。

そういったことから、そもそもまともな転職先が見つからないのではないかという不安を持つ人も多いかもしれません。

辞めたところで、結局行き場がブラック企業しかなければ、今の会社を辞めることによってもっと不幸になる可能性が高いでしょう。

確かに、新卒時に比べて半年で退職して転職活動する人が受けることができる企業は圧倒的に少ないことは事実です。

ただ、近年は第二新卒者の需要が増え、多くの企業が採用活動を行っています。この点についても後述します。

仕事についてよく理解できていない

まだ半年しか働いたことがないということは、仕事についての理解が不十分である可能性が高くなります。

長く続けることで、仕事の楽しさを実感することができる場合も往々にしてあります。

不満が先行して辞めてしまい、転職してから後悔してしまう人も多いのは確かです。

理想を追い求めすぎる

働くことに対して、高い理想を描きすぎていて、実際に働いた時に理想と現実のギャップに耐えれずに辞めてしまう人も多いです。

ただ、その理想はどの会社にいっても叶うものではないことも多々あります。

お金を貰って仕事をする以上、好きな仕事ばかりはできないし、面倒な人とも付き合っていかなくてはなりません。

もう少し長く働いたほうがいいの?

新卒入社半年で転職することのリスクを紹介しましたが、ではもう少し働くことで得られるものはなんでしょうか?

我慢して長く働くことには、得られるものもあれば、失うものもあります。

1年働いたほうがいいの?

半年で会社を辞めるのは早すぎる、せめて1年は頑張ろう。そう思う人もいるかもしれませんが、1年働いて何が得られるのでしょうか。

転職市場では半年も1年も変わらない

転職するにあたり、半年だろうが、1年だろうが、特に評価は変わりません。

その程度の勤続期間であれば、その仕事の経験があるとは認められませんから、第二新卒としてポテンシャル採用になります。

仕事についての理解は深まる

半年で辞めるのではなく、1年頑張ることのメリットは、その仕事に対しての理解が深まることです。

長く働くことによって、仕事での成功体験を得られたり、人間関係がより深くなっていくことで、最初は嫌だった仕事が楽しくなる場合もあります。

ストレスは大きい

半年の時点で退職することを決めながらも、もう半年頑張るというのは非常にストレスが高いことです。

周りの人からはそれくらい頑張れよと思われるかもしれませんが、本人にとってはかなり辛いことです。

貴重な半年を失う可能性も

若い時は、新たな仕事をどんどん覚え、様々なことを吸収するのに最適な時です。

しかし、無理に働くことはその貴重な時間を半年も無駄にしてしまう可能性があります。

仕事に対してモチベーションがあがらず、積極的に取り組むことができなければ、何も成長しないまま終わってしまうこともあるのです。

3年働くことのメリット、デメリット

1年程度では意味はない。では3年は頑張ればいいのか。

3年働くことにも、得られること、失うことがあります。

経験があると認められる

同じ会社で3年間努めれば、その仕事の経験があると転職市場で認められます。

その為、第二新卒としてのポテンシャル採用ではなく、経験者採用に応募することが可能となります。

一つの職種に限定して見た場合、第二新卒よりも経験者採用のほうが応募できる企業は多く、選択肢は広がります。

仕事が一人前にできるようになる

一般的に、3年たつと仕事が一人前にできるようになると言われています。

一人前にできるようになると、責任も多くなる一方で、裁量が増えるなど、さらに多くのことを経験できるようになり、そこから仕事が楽しくなってくることもあります。

職種変更は難しくなる

経験が認められる一方で、職種変更は第二新卒の転職に比べると難しくなってしまいます。

未経験職種へのチャレンジは、第二新卒として転職するほうが非常にやりやすいです。

第二新卒は、全員が経験なしと見なされた中で採用活動を行う為、その職種を経験していないからといって不利にはなりません。

しかし、3年たつと第二新卒としては受けることができない為、経験者とも争うことになり、未経験であることはどうしても不利になってしまいます。

我慢する年月としては長すぎる

半年で辞めたいと思った人が、残りの2年半頑張るのは、大変です。

我慢するにしてもさすがに長すぎます。

貴重な3年間を無駄にする

1年働く時よりも、さらに多くの時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

社会人になっての3年間は本当に大切です。

この期間を無駄に過ごすことはあってはいけません。

半年で転職することはメリット、デメリットがある

新卒半年で転職することは、一般的には悪いイメージがあり、間違った行為だと思われています。

実際にはもちろん悪い面もありますが、逆に働き続けることにも悪い面が存在します。

実際に転職するかどうか、現時点でしないのであれば、どのタイミングで転職するかどうかは、良い面、悪い面の両方を知った上で、自分で判断するようにしましょう。

第二新卒での転職で成功できる?

新卒入社半年で転職する場合、第二新卒として転職することになります。

第二新卒の需要は多い

近年、第二新卒の需要は非常に多くなっており、採用活動を行う企業も増えています。

第二新卒には、新卒同様の若さがある一方で、一通りのビジネスマナーがあるという魅力があります。

一度辞めたというマイナスの実績がありますが、企業側はミスマッチの現状、ブラック企業の存在といったものを理解してくれるようになりました。

すなわち、上述した「すぐ辞めると思われる」「転職する企業がない」という点については、特に心配する必要はないのです。

成功する鍵は、自分の失敗の中にある

第二新卒としての転職では、特に自分の失敗についてよく考えるようにしてください。

転職のコツといった部分は転職サイトのノウハウ集や転職エージェントに教えて貰うことができますが、次にどういった会社を選ぶか、どういった仕事を選ぶかは自分で行わなくてはなりません。

なぜ半年という短期間で転職することになったのか、新卒の就職活動時にはどういった点が間違っていたのか、その上で自分は何を望んでいるのか、しっかり考えなくてはなりません。

新卒時は一度も社会人として働いた経験がなかったので、失敗も起こりやすかったかもしれませんが、今回は違います。

一度社会人を経験し、失敗を経験している。その経験は十分に活かすようにしてください。

転職サイト、転職エージェントをフル活用する

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

最後に

入社半年で転職することに対し、周囲からは様々なことを言われるかもしれません。

もちろん、ためになることを言ってくれる人もいますし、心配して言ってくれる人もいます。

しかし、結局働くのはあなたで、決めるのはあなたです。

自分の頭でしっかり考え、決断するようにしましょう。

関連:20代の転職、成功させるには

関連:20代の平均年収。20歳~24歳,25歳~29歳の男女それぞれ。



このページの先頭へ