友人や知り合いの紹介で転職することのメリット、デメリット。失敗する人も多いので要注意。

転職はハローワークや転職サイト、転職エージェントが一般的ですが、友人や知り合いからの紹介で転職するという人も少なからずいます。

以前からも美容師や保育士などの専門職には多かったですが、最近は一般企業でもこの紹介による採用、いわゆるリファラル採用が増えています。

ただ知人の紹介で転職するというのは、いくつか気を付けなければいけない点もあります。安易に決めてはいけません。

本記事ではこの方法での転職に対するメリットやデメリットを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

近年増えている友人や知り合いの紹介での転職だが、失敗して後悔する人も多数

人手不足などを理由に、最近は転職サイトなどではなく友人や知り合いから転職しないかと紹介されて転職するケースが非常に増えています。

大企業でもしばしば行われており、元同僚に誘われた、大学時代の友人に誘われたなんて話もよく聞きます。

ただこのような紹介で転職するというのは、メリットもある反面、デメリットの面も大きいという点は注意しなければいけません。

実際、友人を信用し、希望に満ち溢れて転職したにも関わらずそれが失敗に終わり後悔するはめになったり、中にはすぐに辞めることになってしまった人というのもたくさんいるのです。

もしあなたが友人や知り合いに紹介されたなら、あらかじめしっかりメリットとデメリットを確認しておきましょう。

友人や知り合いの紹介で転職することのメリット

ではまずは、メリット面からみていきましょう。

入社前に詳細な条件や雰囲気などの内部事情を確認しやすい

転職サイトや転職エージェントを通して転職する場合、本当の会社の内部事情というのは中々見えにくいです。

人事担当者は応募してくれること、そして入社してくれることを希望しているわけですから、良いことをメインにして悪いことはあまり言いませんからね。

その会社に友人や知り合い、大学OBなどがいれば事前に人事と離れたところで聞くこともできなくはないですが、たいていはそういった人がいない場合がほとんどでしょう。

一方で友人や知人の紹介であれば、その紹介してくれた本人に直接色々と聞くことができます。

福利厚生はどうなのか、手当はどうなのか、給料や昇給などはどうなのか、社内の雰囲気はどうなのか。

転職前に多くの情報を手にいれることができるというのはやはり大きいです。

入社後に知っている人がいて心強い

転職後に知り合いがいるというのも非常に心強いです。

転職後になかなか打ち解けれない、わからないことが聞けない、聞いていい人がわからないと悩む人は多いです。

しかし知り合いがいれば、その人ばかりを頼っていてはだめですが聞きやすい人が一人いるわけですし、またその人を起点に他の人とも人間関係を構築することができるので、周りと打ち解けるのも早くなります。

選考が有利で採用されやすい

紹介されたからと言って、必ずしもその会社に採用されるとは限りません。

基本的にその後には人事などと面接をし認められれば採用されるので、不採用となるケースも決して珍しくはないのです。

ただ通常の選考に比べれば、採用のされやすさは大きく違い、採用される確率は非常に高いです。

会社側としても、全く見ず知らずの人よりも社内の人間が価値があると認めた人物を紹介してきているのですから、最初の信用度が全然違います。

転職活動の手間・時間がかからない

採用のされやすさにも関わることですが、転職活動の手間・時間がかからないというのも非常に大きな点です。

普通に転職活動をしようと思ったら、転職サイトや転職エージェントで色々と求人を探し、いくつか応募する企業を決め、書類選考に応募し、何回か面接を繰り返し、ようやく内定です。

時間も手間もかかるし、転職活動期間だって短くても2か月で3ヶ月も4ヶ月もかかるのだって普通です。

一方で紹介となれば、まず求人を探すという手間がないし、面接回数も少ない場合が多いです。

紹介を受けて面接に行き、すぐ内定がでて1ヶ月もかからずにあっと言う間に転職が決まるなんてことも珍しくはありません。

友人の紹介で転職することのデメリット

続いてデメリット面です。

いざ断りたいと思っても断りにくい、辞めたいと思っても辞めにくい

よくよく考えたり調べたりするとやっぱり断りたいが、友人だから一度OKしたので断りにくいという人も少なくありません。

そしてそこまで納得していないにも関わらず惰性で転職してしまって後悔することになります。

また入社後に、思ったものと違うので辞めたいが紹介してくれた友人や知り合いに迷惑がかかるという理由で辞めにくいという話もよく聞きます。

それは入社直後だけではなく、1年、2年、さらには3年、4年たっても思ってしまう人もいるようです。

友人から聞いている情報と大きくかけ離れている場合が多々ある

メリット面に、あらかじめ友人に内部事情を聞くことができるという点をあげました。

ただ話を聞いてたのに実際に入社してみると全然違ったなんてケースが、実は多々あります。

個人それぞれの感じ方の違いもあるでしょうし、部によって雰囲気や働き方などが全然違うなんていうのもよくあります。

紹介してくれた人と同じ部署で同じような働き方ができるとは限りませんからね。

また残念ながら友人や知り合いが、大切なことを隠していたり、ひどい場合には嘘を言っているなんて場合もゼロではありません。

友人が紹介手当を貰う為、悪い情報を教えてくれない

会社によっては、紹介した人の入社が成立した場合に紹介手当を支給しています。

すなわちあなたが入社すれば、それを紹介してくれた人はお金を手にすることができるのです。

そうなれば当然、紹介する側としてはぜひとも入社してほしいと思うもの。

そのせいで、良い情報ばかりを伝えて悪い情報、転職を躊躇してしまうことになる情報は伝えない方にいってしまうというところも多いです。

自分の意志・希望を重視しなくなる

まっさらな状態で一から、転職サイトや転職エージェントを使って転職先を探す場合、自分の希望や意志をしっかり確認した上で探すことになります。

しかし紹介された場合というのは、どうしても受け身になってしまって自分がどうしたいかを考える手間をはぶいてしまいがちです。

自分の意志や希望関係なしに、紹介してくれる人が良いと言ったらそのまま良いと受け入れてしまうのです。

そして転職してから気づきます。ここは自分に合わない、自分が望んでいるものは違うということに。

複数の企業から最善を選ぶということができない

紹介された企業は、はたしてあなたにとって本当に最善の転職先と言えるでしょうか。

通常の転職活動であれば、何社も何社も調べてみて、比較して、その中から希望なども考えながら第一希望や第二希望を決めていきます。

しかし紹介となるとその企業だけ。比較することもなく、その企業と今の会社の2社だけを考えて決めてしまいがち。

紹介されるということは優秀な人も多いわけで、実はもっともっと良い選択肢があるはずなのです。

友人から紹介されても即決はしない、他の企業も色々と見てみるべき

友人や知り合いに紹介されて入社することは絶対にやめた方が良いというわけではありません。

ただこういったデメリットを考慮して、ぜひ以下の点は実施するべきです。

  • 自分の希望、意志を明確にし、それに本当に合っているかを確認する
  • 紹介してくれた人の言っていることだけをうのみにせず、口コミ等も調べる
  • 転職サイトや転職エージェントも使って他の転職先も候補として出し比較する

後悔しない転職をする為、ぜひ行うようにしてください。

転職サービスをチェックして色々な会社を知ってみよう

最後にいくつか、おすすめの転職サービスを紹介します。利用は無料で簡単に使えますから、他の企業についても色々と見てみるようにしましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT