転職活動をしていることは周りに言わない方がいい、上司だけではなく信用している友人や同僚でもリスクはある

転職活動を始めた時、ついそのことを誰かにに言いたくなってしまう気持ちがでてくる人は少なくないはずです。

特に気の許す友人や同期などだと特に警戒せずに、それに対するリスクを気にすることなく言ってしまう人もいます。

ただそれは実は危険。

転職活動していることは、基本的に周りに言わない方が良く、たとえ友人でも言うのは転職先、そして退職することが決まってからでなくてはいけません。

関連記事
主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・営業職、技術職に特にオススメ

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

転職活動していることは周りに言わない方がいい理由

友人くらいなら大丈夫、信用しているから大丈夫。はたして本当にそうでしょうか。

転職活動をしていることを周りに言うというのは、実はこんなリスクがあることなのです。

どんなに信頼している人でも、話が広がり上司や同僚にばれる可能性がある

たとえあなたが信頼していても、その友人・同僚が周りにそのことを話さないとは限りません。

いくら口止めしても、その人から話が広がってしまうことはありうるのです。

飲み会の席でつい口を滑らせるかもしれません。実はそこまで口がかたくないかもしれません。

話した人が「内緒だけど○○が転職活動しているんだって」と仲良い人に話し、それを聞いた人が同じように話し、いつの間にか話が広まってしまうことだってありえます。

悪意がなくても、話は広まってしまうことはあるのです。そして気が付くと上司や聞かれたくなかった先輩にまで話が伝わってしまうなんてことになりかねません。

周りの人は、あなたほど転職活動がばれるというリスクに対して真剣に考えてはくれていないのです。

反対、妨害される可能性も

転職活動していることがばれてしまった場合、そのせいで今後の転職活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に上司にばれてしまった場合、実際に以下のようなことを経験した人もいます。

  • 平日の面接に行けないように有給休暇を認めない
  • 仕事の負荷を上げ残業を増やし、転職活動をする時間をなくす
  • 精神的にプレッシャーのかかることを言い、転職をとにかく否定する

ばれなければ特に何事もなく順調に進めることができた転職活動が、ばれたせいで難易度がかなり上がってしまうことになるのです。

また妨害とまではいかなくても、反対なら友人や同僚でもありえます。

別に相談したわけでもいないのに勝手にアドバイスをしてきたり、こっちが頑張っているのに何の根拠もなく「やめた方がいい」などネガティブなことばかり言ってきたり。

もちろん客観的でためになることが得られるのであればありがたいです。そういう人もいるでしょう。ただ多くの場合は勝手な意見です。

あなたがどんな転職をするのか、何の目的で転職を考えているのか、現在の転職市場がどうなっているのか、転職することで得られるメリットは何か。

そんなことを知らないまま、転職に対して勝手に悪いイメージを持っている人は多いのです。

たとえ話が広がらなかったとしても、転職活動に水を差されてしまうことはありうるのです。

早い段階で引き留めにあったり、嫌がらせされることも

転職することは個人の自由とは言っても、会社にとってみると組織から一人抜けてしまうというのは大きなデメリット。

人手不足になってしまうかもしれないし、新たな人を入れるとしても同じようなレベルの人材を見つけることができる保証はないし、採用活動にはお金も時間も労力もかかります。

ですから、転職するとなった場合に上司から引き留めにある可能性は十分にあります。優秀な人であればあるほど、その可能性は多いでしょう。

まだ転職先が決まっていない、転職活動を進めているという段階でその引き止めをされるのは割と面倒。

一度の引き止めですっぱり終わってくれればいいですが、そうとは限らずに退職するまで延々と繰り返されるなんてこともあります。

内定を貰い退職届を出したなら退職までの短い期間ですみますがが、転職活動から退職までの長い期間、それに耐えなければいけないのです。

また嫌がらせを受けたなんて話も聞きます。

  • 面倒な仕事を押し付けられるようになった。
  • 仕事をまったく与えてくれなくなった。
  • 顔を合わすたびに「無責任」など嫌みを言ってくるようになった。

こんなことが実際おこりうるのです。

内定を貰ってから退職までの短い期間であればなんとかやりすごせますし、最悪引継ぎは最低限だけしてあとは残っている有給休暇を取得して会社の最終出社日を早めてしまうなんてこともできます。

しかし転職活動中となるとそうもいきません。下手したら4ヶ月以上、長い期間耐えなければならないのです。

後戻りできなくなってしまうかも

在職中の転職活動のメリットの一つは、今の会社に残ることを保険としながら転職活動を進めることができるという点です。

もし今よりも良い転職先が見つからなければ今の会社に残ることもできるし、納得できる会社が見つかるまで、時間をかけて転職活動することができます。

しかし転職活動していることをつい言ってしまったばかりに、周りにばれてしまったらどうなるでしょうか。

転職活動をしていた、転職するつもりだったと思われてしまった環境でそのまま働き続けることをほとんどの人に抵抗を感じるでしょう。やはり気まずいものです。

また転職活動自体に焦りも生じてしまうかもしれません。そしてその焦りから本当に納得できる転職先でもないのに転職に踏み切り、後悔することになってしまうかもしれません。

在職中に転職活動を行うメリットがなくなってしまうのです。

またもし話が広がらなかったという場合でも、誰かに言ってしまった以上、なんとなく恥ずかしさなどから後戻りできなくなってしまう人もいます。

ですから転職活動していることは基本的に周りには言わない方がいいのです。

ほとんどは大丈夫、それでもリスク管理は徹底すべきだから言わないほうがいい

上記で色々とネガティブなことを上げてきましたが、実際に転職活動していることを誰かに言ったとしてもほとんどの場合は何事もなく終わります。

あなたが信用している友人なら周りに広めるようなことはなくほとんどばれないし、たとえばれたとしても転職活動の妨害や嫌がらせなんてしてはきません。

引き止めはよくある話であるものの、しつこくされるケースはなくきっぱり断ればよいので気にすることでもありません。

ちなみにワークポートによる調査によると、退職時に会社から引き留めにあった人は62.4%。そして嫌がらせにあったのはそのうち17.7%。

すなわち、退職した人全体の中で嫌がらせにあった人というのは10%しかいません。

ただ決してゼロではありません。残念ながら転職活動を妨害されたり、嫌がらせを受けたり、信用していた友人に周りにばらされたりなんてことも少ないかもしれませんが起こっているのです。

だからこそやはり転職活動は言わない方がいいのです。それで転職活動がうまくいかなくなってしまうこともあるのです。

そこにメリットがない、もしくはメリットが少ないのであれば、リスクがあることは避けるようにしなければいけません。

転職活動の相談は転職エージェントに

転職活動中、唯一リスクがなく、そして有意義な相談相手となってくれるのは転職エージェント。

転職活動は孤独な戦いになりがちで一人でやっていると悩むことも多いですから、有意義な相談、そしてサポートは非常に役に立ちます。ぜひ活用してみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT