正社員は割に合わない、いいことないは本当?そう言われてしまう理由と実際のところ

正社員は割に合わない、正社員になってもいいことなんてない。

派遣や契約社員として働いている人に話を聞くと、そんなことを言う人もいます。

ただ本当にそうなのでしょうか。あらためて様々な観点からそう言われてしまう理由と実際のところについてを考えていきます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

正社員は割に合わない、いいことないと言われる理由

なぜ正社員は割に合わない、いいことないと思ってしまうのでしょうか。

理由を考えてみましょう。

正社員より派遣の方が給料が良い

よく言われるのが正社員よりも派遣社員の方が給料が良いということ。

もし時給1,500円で働いたとすると、1日8時間、月21日勤務とすれば25万円以上、年収300万円以上です。

これより低い給料で働いている正社員は決して少なくないでしょう。

ボーナスも考慮すると、月20万円、ボーナスが夏と冬でそれぞれ1.5ヶ月分あった場合と同じです。

月20万円でボーナスなし、月18万円でボーナスはごくわずかなんていう正社員もいますから、それに比べれば派遣社員の方が恵まれているということはありうることです。

残業が多い、サービス残業をさせられる

派遣でも残業があることは少なくありませんが、やはり正社員ほどではありません。

もし残業が嫌というなら、残業なしという仕事を選ぶことだってできます。正社員だと残業なしは中々ありません。

そして何より大きいのがサービス残業。

派遣社員は間に派遣会社が挟んでいることもあって、サービス残業はほぼありません。もしあったらすぐに辞めてまた違う仕事を探せばいいだけです。

しかし正社員だとサービス残業があって大変なんて話もたまに聞きます。中にはただでさえ給料が低いのにサービス残業まであって、時給換算すると平均賃金以下というブラック企業に勤めている人もいます。

責任ばかり重くて、仕事はしんどい

派遣だからと言って、仕事に責任がないわけではありません。

しかしどちらが責任が重いかと言えばやはり正社員ですよね。そして仕事も色々としんどいこともあります。

仕事は責任も重くてしんどいのに、派遣として自分より楽でサービス残業もなく、それでいて給料は自分よりも高いとなれば、「正社員は割に合わない」「正社員にいいことはない」とつい思ってしまいますよね。

異動などで不意に仕事を変えられる、やりたくない仕事をさせられる

正社員だと異動で仕事が変わるなんてことも少なくありません。

中には、たとえば企画から営業のように楽しかった仕事から絶対にやりたくなかった仕事へと異動させられてしまう人もいます。

そこに不満を抱く人は少なくないでしょう。

派遣ならこういったことはありません。自分で職種を選べるし、理不尽に異動させられることもありません。

正社員だって別に安定してない、倒産やリストラはあり得る

正社員のメリットとして挙げられる「安定」ですが、実際のところ正社員も安定はしていませんよね。

中小企業なら倒産やリストラなんてしばしばあることです。定年まで同じ会社で働き続けることができるなんて、そうありません。

大企業ならよっぽど倒産はしないでしょう。経営不振に陥っても、国が助けたり、違う会社に引き受けられたりしますしね。

しかしリストラはしばしば行われています。一部上場の名だたる企業も、しばしば行っていますからね。

ちょっと待って、その考え方って本当に正しい?

このように考えてみると、正社員は割に合わない、正社員にいいことないという考えにいたるのも仕方がないかもしれません。

しかし、これは一部の正社員の悪いところ、そして派遣の良いところに注目しすぎた極端な考え方です。

あらためて、冷静に考えていきましょう。

長期的に見て給料が高いのはやっぱり正社員、派遣が正社員を上回るのは一時的な話で限られている

確かに正社員よりも派遣社員の方が良いということもゼロではありません。正社員でも年収が300万円いかない、それどころか250万円以下なんて人もいますから。

また新入社員は大手企業でも給料は20万円ほどです。月給だけで見ると2年目ですら派遣で働く人に及ばないということもあります。

しかし、長期的に、そして一般的に見ると給料は派遣よりも正社員です。

国税庁の民間給与実態統計調査結果によれば平均年収は441万円しかありません。しかしこれはパートやアルバイトなどの短時間労働者も含めた金額。

正社員に限定すれば、503万円です。

そして年齢別に見ると以下の通りになります。

年齢男女計
19歳以下256万円
20~24歳330万円
25~29歳412万円
30~34歳477万円
35~39歳528万円
40~44歳571万円
45~49歳622万円
50~54歳663万円
55~59歳653万円

年齢が高くなるにつれ、昇給し、給料が上がっていくのが正社員です。

もちろん会社によってはどれだけ長く働いても昇給しないこともあります。10年働いても年収300万円以下なんてこともあります。

ただそれは少数派の話ですし、昇給しない、年収が低いというなら転職してアップを目指すこともできます。

一方で派遣社員は正社員のように年齢が高くなったからと言って給料は上がっていきません。

時給は上がっても数十円、数百円上がったら万々歳です。逆に下がることだってあります。

もし時給が1,500円から1,700円に上がったとしても、月収の上がり幅は3万円ちょっと、年収の上がり幅は40万円弱です。

正社員より派遣の方が給料がいい、正社員なんてやってられないと思っていても、時間がたつとまるっきり考え方が変わる人が多いでしょう。

残業が多い傾向にあるのは事実、ただ少ない会社もあるし、サービス残業がない会社もたくさんある

正社員の方が残業が多いというのは事実です。正社員で残業が全くないという仕事ももちろんありますが、多くはなく派遣で仕事を探す場合に比べたらやっぱり難しいです。

ただ残業が多い会社ばかりかと言うと、決してそんなことはありません。

残業が月10から20時間程度という会社は思いのほか多いです。

またサービス残業も、あるのが当たり前なんて言うのは間違っています。むしろしないのが当たり前だし、厳格に禁止している会社も多いです。

悪口、不満、不平というのはどうしても目立ってしまうもの。満足しているという人はわざわざ言いませんが、不満がある人は言いますからね。

ただそれに惑わされてはだめです。まともな会社はたくさんあります。

責任が重いのは正しいかも、でも悪いことばかりではないはず

派遣よりも正社員の方が責任が重い、仕事もしんどいことが多いというのも事実でしょう。

ただ最初は辛くても、それがやりがいだったり、楽しさに繋がるなんてこともあるはずです。

責任もなく、簡単で、何も考えずにできる仕事は確かに最初は楽かもしれません。でもそれをずっと続けるというのは、いずれしんどくなってきます。

また会う程度大変だからこそ、スキルもつくし、成長もしていくはずです。

転職しやすいのは正社員として働いてきた人

転職のことを考えた時、正社員から転職する場合と派遣社員から転職する場合ではやはり正社員からの方が有利になります。

正社員として働いてきた経験というのは、優遇されるのです。

今は派遣で働いていた方が給料がいいし、楽だからと安易に選んでしまうと、いずれ正社員になろうと思った時にかなり難易度が上がってしまうかもしれません。

できたとしても、待遇面では高望みはできません。

転職し、キャリアアップしていくというのは正社員として働いてきた人ができる特権なのです。

安定は絶対でもない、でも正社員と派遣では差が歴然

会社単体で見ると安定なんてありません。正社員でもクビになること、突然仕事を失うことはありうることです。

ただ比較をすれば、圧倒的に正社員として働いている人の方が安定性は高い。

景気が悪くなった時、まず切られて仕事を失うのは派遣社員ですから。

また正社員は転職しやすいというのも武器になります。

たとえ自分が勤めている会社が倒産しても、また次の仕事に転職すればいいのです。

もちろん派遣だって次の派遣先を紹介してもらえばいいかもしれません。

ただスキルや経験という武器の差がある、そして広がり続けていくということを忘れてはいけません。

長期的に見ると割に合わないのはどっちかをよく考えるべき

一部を切り取り、短期的にその場だけのことを考えれば正社員は割に合わない、正社員にいいことはないという考えにいたってしまうかもしれません。

しかし、長期的に働くことを考えた場合はどうでしょうか。

割に合わないのはやっぱり正社員よりも派遣ではないでしょうか。

もちろん考え方は人それぞれ。生き方も人それぞれ。ただもっと長期的な目線で考えることは必要なことです。

短期的に考えるなら派遣はあり、目的と将来のことをよく考えよう

派遣として働くことが悪いと言っているのではありません。

もし1、2年しか働かないというのであれば、派遣として働いた方が良いというケースはたくさんあるでしょう。

たとえば配偶者が転勤族で数年単位に仕事を変えなければいけないとかなら、わざわざ正社員で低い給料で働くよりは派遣で働いていた方がいいでしょう。

また時間の融通が利きやすいという点から、子育て中の人も正社員より派遣の方が働きやすいです。

ただそういった理由もなく、長期的に働き続けることを考えるならやはり選ぶべきは正社員。

働く目的、そして将来のことをしっかり考えて仕事を選ぶようにして下さい。

正社員として転職するにあたり

正社員のまともな仕事を見つけるなんて難しいと考えている人は多いでしょう。

確かに派遣として働くよりは難しいし、転職活動も大変です。

ただ、以前に比べると正社員になりやすい環境にはなっています。

有効求人倍率も5年前が0.5倍程度だったのに対し、今は1.1倍を超えています。今やらなくていつやるのかというレベルです。

とにかく諦めずにやってみること、安易に楽に仕事につけること派遣を選び正社員になるということを先延ばししないこと、それが一番大切です。

参考:ホワイト企業の見つけ方・探し方・見分け方、大企業だけではなく中小企業にも実はたくさんある!?

おすすめ転職サービス

正社員を目指すにあたり、いくつかおすすめの転職サービスを紹介します。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

ここは20代が対象で若手向けの転職サービスとしては業界トップクラス。20代後半や第二新卒者はもちろん、既卒者やフリーターなど社会人経験がない人でも利用できる転職サービスです。

特に未経験者の転職に対してかなりの強み、そして実績を持っている為、仕事を変えたい・新たな仕事にチャレンジしたいという人せやはぜひ利用してみて下さい。

人によっては大手転職サービスだと利用を断られてしまうケースもあるので、敷居が低いという点も大きな魅力でしょう。

またカウンセリングや選考対策などにも強く、書類選考通過率の実績91.4%、内定率80.4%という実績があります。

私自身以前こちらに伺わせていただきましたが、かなり転職者に対して真剣に接してくれるという印象でした。実際手厚いサポートに関しての評判も良いです。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT