転職した同僚や友人を見て羨ましいと思ったら自分はどうしたいのか考えるべき

同僚や友人が転職したことが転職活動を始めるきっかけになったという人は意外に少なくありません。

あまり身近ではなかった転職というものが実は身近にあるものだと気づいたことや、自分でもできるかもしれないと思えたことなどが理由として挙げられますが、嫉妬もその理由になっています。

同僚や友人でもあくまで他人、その人がどこに転職しようと関係はないこと。

しかしいざそのことが身近に起きるとやっぱり色々と考えてしまうものですよね。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

【Point】転職サービスは2~3つの複数の利用が効果的です!

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・リクナビNEXTと連携可

公式

マイナビエージェント
20代の信頼度No.1
・未経験でも応募しやすい

公式

JAIC(ジェイック)
フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け
・利用者の転職成功率は81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

同僚や友人が転職した時、あなたはどんな気持ちになる?

同僚や友人が転職した時、あなたはどんな気持ちになりますか?

その人がどんな転職をするのかにもよりますが、いいなー、羨ましいなーと感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

もちろんお祝いし喜んだり、いまの仕事を放りなげていなくなることにいら立つなどの気持ちもあるでしょう。ただ心のどこかで羨ましいと思ってしまう。これはよくあることだと思います。

特に現在の仕事、会社に対して不満が大きい人ならなおさらでしょう。

周りの転職に羨ましさを覚えてしまう理由

ではなぜ周りの転職に羨ましさを覚えてしまうのでしょうか。

待遇、知名度が今よりも良い会社だから

今よりも年収がアップする。知名度の高い大企業に転職する。休みも多くて働きやすい会社に転職する。

まずこの点は嫉妬心を抱く大きな理由になりますよね。

実際にそういう人がいるというのはわかっていても、それまで自分と同じ環境で働いていた人がいざその環境を手に入れて自分と差が生まれてしまうとやっぱり羨ましさを感じるのは当たり前のことだと思います。

今の会社から抜け出せるから

今の環境が自分にとって好ましくないものになっている人であれば、転職後の条件どうこう関係なくそもそも会社を辞めることができるということに羨ましさを覚えてしまうのではないでしょうか。

残業が多い、上司が厳しい、仕事のいプレッシャーがきつい。そんな理由から今の会社が嫌で嫌でたまらずに辞めたいと感じている人は少なくないと思います。

そんな人にとってみれば、実際に辞めていく人を羨ましく思うのは当然のことでしょう。

やりたいこと見つけることができているから

とりあえず就職した会社でとりあえず生活の為に働いているという人、今の仕事が良いというわけではないけど特別やりたいこともないので動くに動けずにいる人ってきっと多いですよね。

このままでいいのだろうか、このままでは後悔するのではないか、そんな不安も大きいと思います。

そんな中で周りが転職、それも全く違う業界、違う職種に転職していくのを見ると、自分の意思で自分のやりたいことをやる為に行動を起こしたと見えてしまい、これも羨ましさを感じてしまう理由になります。

いずれはするつもりだったのに先を越されたから

仕事内容や待遇面、会社の将来性や自分のキャリアなんかを考えた上でいつかは転職するつもりだと思っている人は少なくないと思います。

ただ転職への不安、人間関係等の現在の職場での居心地の良さ、そしてきっかけがないことからいつまでたっても「いつかは」という気持ちが消えずにいます。

そんな人にとって、身近な人が先に転職したという事実を目の当たりにするとやっぱりいい気持ちを持つことはできませんよね。

転職する予定をしっかり考えて決めている人であれば気にならないかもしれませんが、そういった人は少ないと思います。

羨ましいと思うくらいなら転職すべき?

こんな風に人の転職に対して羨ましいと思うのは決しておかしなことではありません。

ただだからと言ってあなた自身も転職するべきかと言うと決してそんなことはないでしょう。

転職したからと言って、転職後に良い未来が待っているとは限りません。

会社から抜け出せたとしても、実は今の会社の方が恵まれている場合だってあります。

年収がアップしたり休みが増えたりしても、他の面では悪化することだってあります。

大手に転職して一時的に待遇が良くなったとしても、出世の難易度が上がって一生平社員のままになってしまい、転職せずに出世していた方が良い可能性だってあります。

転職先の会社がこの先経営悪化に陥る可能性だってあります。

そもそも人の転職に対してあなたが知ることができるのはほんの一部分。どんなメリットがあり、どういう思いを持って転職したか、そんなことはわかりません。

単に羨ましさから焦って転職すると、人の目を気にした自分の希望にそぐわない転職をしてしまい、後悔する可能性が高いです。

ただ羨ましいという気持ちをせっかく持ったならそれは生かすべき。このまま何もなければ考えることもしなかったことを、考える機会に恵まれたわけですから。

その結果転職したいという結果になったらぜひ転職活動を始めましょう。

転職活動を始めるなら

もし転職活動をこれから始めるなら、転職サイト、転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

利用することによって転職活動の手間は少なくなり、成功率も高くなります。

 

転職サービスの選び方

  • STEP1
    転職サービスの種類を知る
    大きく分けて転職サイト・転職エージェントの2種類がある。

    転職サイトとは?

    求人を載せるための掲示板。

    転職者が自分のペースで応募・選考を進められる。サービスによっては、企業側からオファーを貰えることも。

    転職エージェントとは?

    応募から採用まで、アドバイザーのサポートを受けられる。

    履歴書の添削や面接対策をしてくれたり、転職サイトには載っていない大手や人気企業の非公開求人を紹介して貰えたりする。

  • STEP2
    自分の特徴をあぶり出す
    あなたの年齢は?経験は?希望する業界は?といった自分の特徴・転職目的を明らかにする。

    (例)20代前半・職歴に自信が無い・未経験の職種に挑戦したい。

  • STEP3
    特徴に当てはまるサービスを2~3種類選ぶ

    ➡各転職サービスの特徴・強みはこちら

    少なくとも、転職サイト・転職エージェント各1つずつは選ぶようにしよう。

    サイトは中小企業の求人が多かったり、エージェントは大手の非公開求人を持っていたりと、扱う情報に差が出てくるので、一方だけでは偏った情報しか手に入らない可能性も。

  • STEP4
    実際にサービスを利用する
    特に転職エージェントは、面談や電話でのやりとりで相性をチェックする。

    良い求人に巡り合うには、求人を紹介してもらう際に、おすすめする理由をしっかり説明してもらえるかを確認しておこう。

    (担当者との相性が悪い場合、変えてもらうことも可能)

  • STEP5
    各サービスから広く情報を集め、比較しながら選考を進めていく

    始めはまんべんなく2~3種類のサービスを併用し、最終的にはあなたが1番利用しやすいサービスに絞っていく。もちろん、そのまま併用し続けてもOK。

    転職エージェントの履歴書の添削・面接対策は、転職サイトから応募した企業の選考にも活かせる!

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

幅広く情報を得るためにも、リクルートエージェントは登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、たくさんの選択肢からピッタリの求人を見つけられるはずです。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)