転職した同僚や友人を見て羨ましいと思ったら自分はどうしたいのか考えるべき

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職した同僚や友人を見て羨ましいと思ったら自分はどうしたいのか考えるべき

同僚や友人が転職したことが転職活動を始めるきっかけになったという人は意外に少なくありません。

あまり身近ではなかった転職というものが実は身近にあるものだと気づいたことや、自分でもできるかもしれないと思えたことなどが理由として挙げられますが、嫉妬もその理由になっています。

同僚や友人でもあくまで他人、その人がどこに転職しようと関係はないこと。

しかしいざそのことが身近に起きるとやっぱり色々と考えてしまうものですよね。

関連:私の転職のきっかけは同期の退職。辞める同期に気づかされた私のやるべきこと

関連:仕事を辞めたいと数年思い続けてきた私が最後の会社を辞めるきっかけになったこと

同僚や友人が転職した時、あなたはどんな気持ちになる?

同僚や友人が転職した時、あなたはどんな気持ちになりますか?

その人がどんな転職をするのかにもよりますが、いいなー、羨ましいなーと感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

もちろんお祝いし喜んだり、いまの仕事を放りなげていなくなることにいら立つなどの気持ちもあるでしょう。ただ心のどこかで羨ましいと思ってしまう。これはよくあることだと思います。

特に現在の仕事、会社に対して不満が大きい人ならなおさらでしょう。

周りの転職に羨ましさを覚えてしまう理由

ではなぜ周りの転職に羨ましさを覚えてしまうのでしょうか。

待遇、知名度が今よりも良い会社だから

今よりも年収がアップする。知名度の高い大企業に転職する。休みも多くて働きやすい会社に転職する。

まずこの点は嫉妬心を抱く大きな理由になりますよね。

実際にそういう人がいるというのはわかっていても、それまで自分と同じ環境で働いていた人がいざその環境を手に入れて自分と差が生まれてしまうとやっぱり羨ましさを感じるのは当たり前のことだと思います。

今の会社から抜け出せるから

今の環境が自分にとって好ましくないものになっている人であれば、転職後の条件どうこう関係なくそもそも会社を辞めることができるということに羨ましさを覚えてしまうのではないでしょうか。

残業が多い、上司が厳しい、仕事のいプレッシャーがきつい。そんな理由から今の会社が嫌で嫌でたまらずに辞めたいと感じている人は少なくないと思います。

そんな人にとってみれば、実際に辞めていく人を羨ましく思うのは当然のことでしょう。

やりたいこと見つけることができているから

とりあえず就職した会社でとりあえず生活の為に働いているという人、今の仕事が良いというわけではないけど特別やりたいこともないので動くに動けずにいる人ってきっと多いですよね。

このままでいいのだろうか、このままでは後悔するのではないか、そんな不安も大きいと思います。

そんな中で周りが転職、それも全く違う業界、違う職種に転職していくのを見ると、自分の意思で自分のやりたいことをやる為に行動を起こしたと見えてしまい、これも羨ましさを感じてしまう理由になります。

いずれはするつもりだったのに先を越されたから

仕事内容や待遇面、会社の将来性や自分のキャリアなんかを考えた上でいつかは転職するつもりだと思っている人は少なくないと思います。

ただ転職への不安、人間関係等の現在の職場での居心地の良さ、そしてきっかけがないことからいつまでたっても「いつかは」という気持ちが消えずにいます。

そんな人にとって、身近な人が先に転職したという事実を目の当たりにするとやっぱりいい気持ちを持つことはできませんよね。

転職する予定をしっかり考えて決めている人であれば気にならないかもしれませんが、そういった人は少ないと思います。

羨ましいと思うくらいなら転職すべき?

こんな風に人の転職に対して羨ましいと思うのは決しておかしなことではありません。

ただだからと言ってあなた自身も転職するべきかと言うと決してそんなことはないでしょう。

転職したからと言って、転職後に良い未来が待っているとは限りません。

会社から抜け出せたとしても、実は今の会社の方が恵まれている場合だってあります。

年収がアップしたり休みが増えたりしても、他の面では悪化することだってあります。

大手に転職して一時的に待遇が良くなったとしても、出世の難易度が上がって一生平社員のままになってしまい、転職せずに出世していた方が良い可能性だってあります。

転職先の会社がこの先経営悪化に陥る可能性だってあります。

そもそも人の転職に対してあなたが知ることができるのはほんの一部分。どんなメリットがあり、どういう思いを持って転職したか、そんなことはわかりません。

単に羨ましさから焦って転職すると、人の目を気にした自分の希望にそぐわない転職をしてしまい、後悔する可能性が高いです。

ただ羨ましいという気持ちをせっかく持ったならそれは生かすべき。このまま何もなければ考えることもしなかったことを、考える機会に恵まれたわけですから。

その結果転職したいという結果になったらぜひ転職活動を始めましょう。

転職活動を始めるなら

もし転職活動をこれから始めるなら、転職サイト、転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

利用することによって転職活動の手間は少なくなり、成功率も高くなります。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ