会社が辛いと感じている人に知ってほしいこと。辞めることは悪いことではない。

会社に行くのが辛くて仕方がない。朝が苦痛でたまらない。

そんな風に感じながら毎日を過ごしていませんか?

会社で過ごす時間はとても長いです。だからこそ、ただ仕方がないと我慢して過ごすのではなく、自ら何かを変えなくてはいけません。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

あなたが会社が辛いと感じる原因は?

なぜ会社が辛いのか。それは人によって様々。色々な原因が積み重なっているという人も少なくはないでしょう。

あらためて、自分はなぜこんなにも会社が辛いと感じてみるのかを考えてみましょう。

人間関係が上手くいっていない

よくあるのが人間関係の問題。仕事を辞める理由ではどの年代においても上位にいる問題です。

上司、同僚、部下、顧客など様々な人と関わる必要がある会社生活において、人間関係が上手く行かないことによって感じるストレスはかなり大きいです。

まだ数人との関係が上手くいっていないといだけならなんとかなるものの、ほんの些細なきっかけから集中的に攻撃を受けるなどしていれば、会社が辛いなんて思うのは当然のことです。

仕事ができない、仕事についていけない

周りに比べて仕事ができない、仕事についていけないといった問題で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

上司から怒られる、周りに嫌味を言われたり馬鹿にされるといったこともあって楽しくなんて過ごすことができるはずもありません。

労働環境が悪い

サービス残業による長時間労働、パワハラやセクハラ、理不尽な仕打ちなど労働環境が悪いことも会社が辛いと感じる原因の一つ。

ひどい会社は本当にひどいです。

精神的にも、体力的にもストレスはかなり大きく、辛いと感じてしまうのも当たり前です。

仕事がつまらない、やりがいを感じられない

仕事は1日8時間以上、そしてそれが週5日。これが何十年と繰り返されていきます。

仕事に費やす時間、そして会社で過ごす時間というのは非常に長いのです。

それだけ長い時間をつまらない仕事に費やすというのは辛くて当たり前でしょう。

もちろんどんな仕事であっても楽しいことばかりではありません。大変なこともあれば、雑務でつまらないことだってやらなくてはいけません。

しかし、その中でも達成感だとか自分の成長といったものを感じることができれば多少なりともやりがいに繋がります。そしてそれがモチベーションになります。

そういったものが全くなければ、会社で過ごす時間は全くつまらないものになり、そして辛いものでしかなくなってしまいます。

仕事がきつい

責任が重すぎる、プレッシャーが強い、仕事量が多すぎるといった理由から仕事がきついと、会社に行くのだって辛くなります。

毎日精神的、体力的に追い詰められる状態が常に続いている中で仕事が楽しいと思える人なんて少数派です。

もちろんある程度は乗り越えなくてはいけませんし、続けていれば慣れてくることもあります。

ただ度を超している場合はそんなの無理で、ただ辛い日々が続くだけです。

会社が辛いと感じている人に知ってほしいこと

あなたが現在会社が辛いと感じる原因は何でしたか?

どのような理由かによっても対処法は異なります。

しかし、以下のことはどんな理由であれぜひ知ってほしいです。

会社が辛いのは当たり前のことではない

会社が辛いのは当たり前だ、仕方ないことだなんて諦めてしまっていませんか?

確かに仕事をしていれば一つや二つ、いやそれ以上に辛いことがあるのは当然です。

しかし、会社が辛い、しかもそれを常日頃から思い続けているのはやっぱり異常。それを受け入れてはいけません。

仕事では辛いことがあっても、何かしら良いことがあるからこそやっていけるもの。

ただ辛いだけのものになってしまっていて、その事実で大きなストレスを抱えてしまっているのであれば、現状を変える必要があります。

今あなたがおかれている環境は決して当たり前ではないのです。

おかしいことを普通だと思ってはいけない

サービス残業が多いだとか、パワハラされると言ったことは明らかにおかしなことです。

皆やってきた、皆耐えて成長してきた、周りも頑張っているとかそんなことは関係ありません。

おかしいことはおかしいと、まず自分で認識しましょう。

あなたが現在置かれている環境はまともな環境ですか?もしそうでないなら、その環境に身を置いていること自体が間違っています。

お金は辛さの対価ではない

仕事をした対価として給料を貰うというのは当たり前のこと。

しかしそれを我慢して耐えることに対する対価として勘違いしてはいけません。

給料を貰う為に仕事をするというのは正しくとも、辛いことに我慢する必要なんてないのです。だってそんな人周りを見渡せばたくさんいるはずです。

お金を貰っているのだから仕方がない、もしその考え方を持っているならぜひ改めてください。

我慢していれば変わると思っていたら大きな間違い

我慢し続けていれば、いつかは楽になる、いつかは楽しくなるなんて思っていませんか?

もちろんたまたまふとしたことがきっかけで運よく状況が改善する人もいます。

しかしそうではない人もたくさんいます。いつかは、いつかはと思い続け、ずっと我慢し続けて、気が付くと限界が超えてしまっているのです。

あなたの限界を超える前に、はたして状況は良くなるのでしょうか。

体を壊すことを他人事だと思ってはいけない

会社が原因で体を壊す。これを他人事だと感じてしまってはいませんか?

会社が辛い。そう感じながら我慢して、無理して会社に行き続けるのは相当ストレスが溜まること。

いつ体を壊すことになったってなにもおかしくありません。

決して他人事だと思わないでください。自分なら我慢できる、その過信はとても危険です。

会社が辛いと感じたら自分で何かを変えるべき

会社が辛い。そう感じているならばただ我慢するだけにしないでください。

何かを変えなくてはいけません。最初は小さなことでもいいし、一気に変えるのではなく徐々に変えていくのでもいいです。

仕事に対して少しでも前向きに

辛いのは当たり前、仕方がない。

自分は人間関係を上手く築けない人間だ。

自分は仕事ができない。

仕事がつまらないのは仕方がない。

お金を貰っているのだから仕事がきつくても仕方がない。

そんなネガティブなことだけを考えていると、本当は自分でなんとかできるはずのものもできません。

少しでもいいから前向きになるようにしてみてください。

前向きになって、なんとか良くしようと思うからこそ、なぜこうなっているのか、どうすれば良くなるのかが見えてきます。

もちろんそれでは何も変わらないということだってあるでしょう。ただやってみる価値はあります。

辞める、転職することだってあり

あまりにも辛いなら、会社を辞める、そして転職することも視野にいれましょう。

どんな会社に行ったって同じ?いや、そんなことはありません。

確かに仕事は仕事。でも上司も、人間関係も、仕事のやり方や与えられ方も、社風も全てが変わります。

辞める勇気、転職する勇気も時には必要です。

我慢し続けるより、今何かを変えてみる方がよっぽど楽

ただいつか何かが変わってくれることを夢見て我慢する。これって一番簡単です。

自分から何かを変えようとするのはやっぱり大変ですから。

しかし、長い目で見れば決して楽ではありません。いやむしろ相当きついです。なぜならずっと辛いことに耐え続けなくてはいけないのですから。

それならばよっぽど今変えてみて、会社が辛いことに対する我慢から解放される方がよっぽど楽なはず。

ぜひ、あらためて今を変える為に自分が何ができるか、何をすべきかを考えてみてください。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事