転職後1年たったタイミングで再転職する場合の心構え

せっかく転職しても希望したものとは違っていて再転職を考える人が少なからずいます。

そういった人のうちすぐに転職に踏み切る人もいますが、あまりにすぐ転職するのは問題がありそうだからとしばらく働いてから転職する人もいます。

関連記事

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

転職に失敗、とりあえず1年は我慢?

どうせ転職したなら、自分の希望したことが実現されて「転職して良かった」と思える方が良いに決まっています。

ただ皆が皆そんな風に上手くいくわけではなく、自己分析不足からミスマッチが起きてしまったり、人間関係が上手く行かなかったり、待遇に不満を抱いたりと後悔する人も少なくはありません。

そうなってしまった場合は、また転職したいと考えてしまう人も多いでしょう。

でも実際にすぐに辞める人はそれほど多くはなく、ある程度我慢して働いてから再転職することを考えます。

短期離職は企業から敬遠されてしまうだろうという懸念が原因です。

では、どれくらい働けば再転職に踏み切って良いと言えるのでしょうか。

そう何年も我慢することはできず、その期間をとりあえず1年としている人もいますが、それで十分でしょうか。

勤続年数1年は不利になるのか

勤続年数が1年以上2年未満の場合、1年未満比べればもちろんマシではありますが、それでも不利な要素になることは否めません。

企業にもよりますが、その職歴だけで不採用とされる場合もあるでしょう。

せっかく雇ったならせめて3年は働いてほしいと思っている企業が多く、直近でその実績がある人は避ける傾向にあるのです。

よって勤続年数が1年と言うのは決して十分な期間とは言えないでしょう。

ただし、どれほど不利になるかはそれ以前の職歴も関係しています。

直近の勤続年数が短くてもその前の勤続年数が長かったり、職種に一貫性があったりすれば「すぐに辞める不安は無そうだ」「たまたま今回がそうだっただけかもしれない」と思ってもらえる場合も多いのです。

やっぱり3年は働いた方が良いのか

転職を不利にしないようにすることを考えると、やはり3年が一つの目安になります。

では3年働けばどんな場合でもベストなのかというと、そういうわけでもないという難しさがあります。

3年働くことによって勤続年数でのマイナスポイントは少なくなりますが、その変わりに年齢は高くなってしまいます。

転職のしやすさ、幅広さを考えればやはり若い方が何かと有利です。

また転職市場の状況によっても成功率は変わってくるので、もし今が売り手市場であっても、3年後もそれが続いてる保障はありません。

逆に現在のコロナ下の不景気であれば、転職市場があたたまってから行動したほうがリスクが少ないともいえます。

総じて言えるのは、その状況に合わせて最適な判断ができるかどうかが転職の失敗を防ぐカギになるのです。

転職後1年で再転職する場合の心構え

1年程度ではまだまだ不利、でも3年まで待つとどうなるかはわからないし、何より3年も我慢するなんてかなりの苦痛。

中には早々に転職をして成功を収めた人も決してゼロではありません。

先ほども述べているように職歴面で不利になることを考慮し、何も考えずに闇雲に転職活動を進めても上手くはいきません。

不利な状況を覆し、再転職を成功に導くにはそれなりの心構えが必要となります。

退職理由と反省点を準備

企業が直近の会社での勤続年数が1年しかない人を避けたがる最大の理由は、すぐ辞めてしまうリスクが高い点です。

採用されようと思ったらまずそう思われていることを覆さなくてはいけません。

そしてこれを覆すためにできることは、企業が納得できる退職理由を答えること、そして短期離職となってしまったことに対してしっかり反省していることを伝えることです。

企業がそれで納得すれば、職歴ではなくあなたという人物を見てくれます。

退職理由と反省点はよく考え、採用側の気持ちながら言葉を選んでいきましょう。転職エージェントに相談してみるのも1つの手です。

1年で何を学んだか、何を身につけたのかを明確に

1年と言えどもそこで学んだこと、身につけたことはあるはずです。それが何だったかを明確にしておきましょう。

単に「1年無駄にしてしまいました」なんて人材は企業も採用したいと思いません。

成長を環境まかせにするのではなく自主的にできる人、企業が求めているのはそんな人材です。

とはいえ1年でできることは限られているでしょうから、あまりに話を盛ると逆に不信感を持たれてしまうので注意しましょう。

もう失敗は許されないということを胸に刻む

1回なら、まだ何とかなります。

しかし次また失敗してすぐに再転職となってしまうと、今回の転職とは比べることができないくらい苦労することになるでしょう。

退職理由をどう取り繕おうが、どれだけ反省を述べようが、2度も同じことを繰り返してしまうとその言葉は信用されることがほとんどなくなってしまいます。

だからこそ、今回の転職は絶対に失敗することができないということを胸に刻み転職活動を進めてください。

「これなら大丈夫」と自分で納得できるくらい、自分に厳しく転職活動を行ってください。

できるだけ在職中に転職活動を進める

どうしても我慢できない状況でない限りは、できるだけ在職中に転職活動を進めるようにしてください。

職歴で不利になるものを持った上で行う転職は決して簡単なものではなく、転職活動が長期化してしまう可能性があります。

辞めてしまったものの中々転職が決まらないと、焦りが出て妥協してしまうというのは良くある話。

次の転職先も失敗、また焦って再転職と負のループに陥らないためにも、在職中に行うことを強くおすすめします。

不利な転職を成功させるには

転職後1年での再転職は簡単ではありません。

ただ粘り強くやるべきことをやれば決して不可能ではなく、前回の失敗を取り戻すことができます。

また転職時には転職エージェントを利用することをおすすめします。不利な状況でどう対策していけばいいか不安な方ほど、エージェントに相談することで道が開けるかもしれません。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)