正社員なのに手取り10万円という低すぎる給料で働いているならさっさと転職しよう

正社員なのに手取り10万円。

普通ならあり得ないと思う人が多いかもしれませんが、少なからずそんな安い給料で働かせられている人もいるのが現実。

ただフルタイムで働いていてさすがにこの給料は異常、低すぎます。

平均と比較しながらその異常さを把握し、転職すべき理由についても知っていきましょう。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

【Point】転職サービスは2~3つの複数の利用が効果的です!

主要転職サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・リクナビNEXTと連携可

公式

マイナビジョブ20′s
若手向けマイナビの中でも第二新卒・既卒に特化
・独自の適性診断がありマッチ度が高い

公式

JAIC(ジェイック)
フリーター/大学中退/第二新卒/既卒向け
・利用者の転職成功率は81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

正社員で手取り10万円はさすがに低い

全年代の平均月収は、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると30万7千円

最も平均賃金が低い20代前半でも、男性で21万3千円、女性で20万8千円。平均年収は258万円です。

手取り10万円ということは社会保険や税金が引かれる前の総支給額は12~13万円。

ボーナスがなければ年収150万円程度で、あったとしても200万円に及びませんから、平均よりかなり低い給料であることがわかります。

正社員としてフルタイムで働きながら手取り10万円というのはさすがに異常なことなのです。

 

それこそ派遣社員やアルバイトでも給料はもっと高いです。

時給1000円で働いたとすれば月収17万円で手取り14万円。時給1500円なら総支給額は25万円、手取り21万円程度までいきます。

ボーナスが貰えなくても、非正規社員として働いた方がよっぽどましです。

最低賃金以下になっている可能性も

手取り10万円しかない時点で、そもそも最低賃金以下になっている場合もあります。

現在の最低賃金は、全国平均で902円(令和2年)。

正社員として1日8時間、月20日働くと月収は144,320円。社会保険料等引かれると12万円程度。

東京では1,013円となっており月収は162,080円。社会保険料等を引かれると14万円程度。

一番低い地域なら792円なので手取り10万円もありえますが、高い地域ならば1日の労働時間が短いか休みが多くなければ、最低賃金を下回るケースもでてくるのです。

時給制ではない正社員であっても、この最低賃金は守らなくてはいけないもの。

これは最低賃金法で決められていることであり、守らなければ50万円以下の罰金になる違法行為です。

引かれるものが多い場合について

人によっては総支給額は15万円程度あるけれど、色々と引かれて手取り10万円程度になっているという人もいるかもしれません。

手取りは基本的に総支給額から健康保険や厚生年金等の社会保険、所得税や住民税の税金を引かれたものを指します。

ただ会社によってはそこからさらに色々と引かれて、実際に振り込まれる額がもっと少なくなることもしばしばあります。

もしその引かれているものが、寮費、社宅費、財形貯蓄、団体保険といったものであるならば特別問題は無し。財形貯蓄は貯金ですし、他も自分にとってメリットがあるものですから。

ただそれ以外に勝手に天引きされているものがある場合は注意が必要。

親睦会費や研修費用等は労働者の同意なしで勝手に天引きされることが許されていませんし、仕事のミス等による罰金や損害賠償は天引き自体が許されていません。

手取り10万円しか給料を出さない会社は他にも問題あり

正社員で手取り10万円というのはさすがに少なすぎる金額であり、そんなことを行っている会社は給料以外にも問題がある場合がほとんどです。

昇給はまず望めません。残業があっても当然サービス残業。有給休暇はほとんどとれない。ボーナスも退職金もないし、そもそも会社自体が長期的に続くとも考えられない。

あらゆる面で他の会社よりも劣っている場合が多いでしょう。

そんな会社でこの先も働き続ける理由、はっきり言って全くありません。

おすすめの転職サービスはこちら➡

今すぐに転職をしないと損。給料は増える。

ではどうすれば良いのか。すべきことは今すぐ転職することです。

手取り10万円なんてそもそも正社員ではあまりに低すぎる異常な給料。今よりもっとまともな会社に転職することは十分可能です。

4、5万円をアップさせることは決して難しいことではないし、上手く行けば10万円以上、ボーナスも含めれば年収で200万円アップできる可能性だってありえます。

転職活動ではぜひ、転職サイト・転職エージェントを利用してみてください。

特に転職エージェントは求人探しから面接練習、選考のスケジュール管理まで様々なサポートを無料で行ってくれるのでおすすめです。

 

転職サービスの選び方

  • STEP1
    転職サービスの種類を知る
    大きく分けて転職サイト・転職エージェントの2種類がある。

    転職サイトとは?

    求人を載せるための掲示板。

    転職者が自分のペースで応募・選考を進められる。サービスによっては、企業側からオファーを貰えることも。

    転職エージェントとは?

    応募から採用まで、アドバイザーのサポートを受けられる。

    履歴書の添削や面接対策をしてくれたり、転職サイトには載っていない大手や人気企業の非公開求人を紹介して貰えたりする。

  • STEP2
    自分の特徴をあぶり出す
    あなたの年齢は?経験は?希望する業界は?といった自分の特徴・転職目的を明らかにする。

    (例)20代前半・職歴に自信が無い・未経験の職種に挑戦したい。

  • STEP3
    特徴に当てはまるサービスを2~3種類選ぶ

    ➡各転職サービスの特徴・強みはこちら

    少なくとも、転職サイト・転職エージェント各1つずつは選ぶようにしよう。

    サイトは中小企業の求人が多かったり、エージェントは大手の非公開求人を持っていたりと、扱う情報に差が出てくるので、一方だけでは偏った情報しか手に入らない可能性も。

  • STEP4
    実際にサービスを利用する
    特に転職エージェントは、面談や電話でのやりとりで相性をチェックする。

    良い求人に巡り合うには、求人を紹介してもらう際に、おすすめする理由をしっかり説明してもらえるかを確認しておこう。

    (担当者との相性が悪い場合、変えてもらうことも可能)

  • STEP5
    各サービスから広く情報を集め、比較しながら選考を進めていく

    始めはまんべんなく2~3種類のサービスを併用し、最終的にはあなたが1番利用しやすいサービスに絞っていく。もちろん、そのまま併用し続けてもOK。

    転職エージェントの履歴書の添削・面接対策は、転職サイトから応募した企業の選考にも活かせる!

おすすめの転職サービス


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒・既卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、適正を知ってから転職を進められます。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

幅広く情報を得るためにも、リクルートエージェントは登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、たくさんの選択肢からピッタリの求人を見つけられるはずです。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)