正社員なのに手取り10万円という低い給料で働いているなら今すぐ転職すべき

正社員なのに手取り10万円。

普通ならあり得ないと思うかもしれませんが、実際はそんな安い給料で働かせられている人が存在します。

ただ、フルタイムで働いていてこの給料は異常だし低すぎます。

平均と比較しながらその異常さを把握し、転職すべき理由についても知っていきましょう。

関連記事

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

正社員で手取り10万円以下はさすがに低い。最低賃金以下かも。

正社員で手取り10万円以下はさすがに低い。最低賃金以下かも。

まずは、正社員で手取り10万円以下がいかに低いか、平均手取り額や最低賃金と比較しながら解説します。

手取り10万以下は平均よりかなり低い

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、全年代の平均月収は30万7千円です

最も平均賃金が低い20代前半でも男性21万3千円、女性20万8千円。平均年収は258万円です。

手取り10万円なら、社会保険や税金が引かれる前の総支給額は12~13万円になります。

ボーナスがなければ年収150万円程度で、あったとしても200万円に及びませんから、平均よりかなり低い給料だとわかります。

正社員としてフルタイムで働きながら手取り10万円はさすがに異常です。

それこそ、派遣社員やアルバイトの方が給料はもっと高いでしょう。

例えば、時給1,000円で働くと月収17万円で手取り14万円になり、時給1,500円で働くと総支給額は25万円で手取り21万円程度までいきます。

ボーナスが貰えなくても、非正規社員として働いた方がよっぽどましです。

最低賃金以下で働いているかも

手取り10万円しかない時点で、そもそも最低賃金以下になっている場合もあります。

現在の最低賃金は、全国平均で902円です(*)。

正社員として1日8時間、月20日働くと月収は144,320円で社会保険料等引かれると12万円程度になります。

東京では1,013円となっており、月収は162,080円で社会保険料等を引かれると14万円程度です。

一番低い地域なら792円なので手取り10万円もあり得る一方、時給が高い地域なら、1日の労働時間が短いか休みが多くなければ最低賃金を下回ってきます。

時給制ではない正社員であっても、この最低賃金は守らなくてはいけないものです。

これは「最低賃金法」で決められていることであり、守らなければ50万円以下の罰金になる違法行為です。

*参考:厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧|令和3年度地域別最低賃金改定状況」

手取り10万の額面は月収13万円!額面から引かれるものが多い場合について

手取り10万の額面は月収13万円!額面から引かれるものが多い場合について

人によっては、総支給額が15万円程度あるけれど、色々と引かれて手取り10万円程度になっている人がいるかもしれません。

手取りは、基本的に総支給額から健康保険や厚生年金等の社会保険、所得税や住民税の税金を引かれたものを指します。

ただ、会社によってはさらに色々と引かれて、実際に振り込まれる額がもっと少なくなります。

もし、その引かれているものが寮費社宅費、財形貯蓄、団体保険といったものなら問題はありません。

しかし、それ以外で勝手に天引きされているものがある場合は注意が必要です。

親睦会費や研修費用等は、労働者の同意なしで勝手に天引きされることが許されていませんし、仕事のミス等による罰金や損害賠償は天引き自体が許されていません。

手取り10万しか給料を出さない会社に居続けるのは、リスクが高すぎる  

手取り10万しか給料を出さない会社に居続けるのは、リスクが高すぎる  

手取り10万円しか給料を出さない会社は他にも問題があります。

ここでは、他に起こりうる問題について解説します。

昇給はまず望めない

手取り10万円で働かせるような会社は、社員を大切には思っていません。

そのため、「手取り10万円でも文句を言わずに働いてくれているのに給料を上げる必要はない」と考えています。

そもそも、昇給がある会社なら最初から手取り10万円で働かせたりしないはずなので、まず昇給は望めないでしょう。

休日が取りにくく有給も消化できない

給料面で問題を抱えている会社は、労働時間や休日などの面でも問題を抱えているケースが多くなっています。

休日出勤が当たり前になっていたり、有給休暇を取得させてもらえなかったりするでしょう。

もちろん、正当な理由なしに有給休暇を取得させないのは違法です。

そのような会社は一刻も早く退職した方が良いでしょう。

サービス残業が当たり前になっている

手取り10万円で働かせるような会社が、残業代をしっかり支払ってくれるはずがありません。

そのため、残業のほとんどがサービス残業になっているはずです。

他の会社なら支払われるはずの労働に対して賃金を支払ってくれないような会社なら、長く居続ける必要はないでしょう。

将来的に会社の存続が危ない

まともな給料を支払えず、社員をこき使わないと事業が成立しないような会社は、将来性がないと言わざるを得ません。

今すぐに倒産しなかったとしても、5年後や10年後にはなくなっている可能性が高いでしょう。

そんな会社で今後も働き続ける理由は全くありませんので、転職を検討してください。

手取り10万から収入を増やす方法

手取り10万から収入を増やす方法

続いては、手取り10万円から収入を増やす方法について解説します。

空いた時間で副業する

近年は、パソコンやスマホを使って簡単に副業が始められます。

特に人気の副業は次の通りです。

  • 株式投資
  • FX
  • アフィリエイト
  • せどり

これらの副業はインターネットを使って勉強できるので、空いている時間がある方は副業で収入を増やしてみてください。

業務に役立つ資格を取得する

業務に役立つ資格を身に付ければ、今の会社でも給料が上がる可能性があります。

ただし、今の会社に昇給制度や資格取得による手当がある場合に限ります。

あなたの会社に昇給制度や資格取得の手当があるなら、自身の仕事に役立つ資格取得を目指してみてください。

給料の高い職場に転職する

手取り10万円で働かせるような会社はやっぱり普通ではないので、転職するのが一番良いでしょう。

特に、現在の給料が手取り10万円という最低賃金に近い、もしくはそれ以下なら転職によって給料を上げるのは簡単です。

その他の労働環境も良くなる可能性が高いので、今の会社に思入れがないなら転職するようにしてください。

手取り10万なら今すぐに転職をしないと損。給料は増やせる。

手取り10万なら今すぐに転職をしないと損。給料は増やせる。

手取り10万円なんて、そもそも正社員ではあまりに低すぎる異常な給料です。

そのため、今よりまともな会社に転職するなんて難しい話ではありません。

給料を4万円・5万円アップさせるのは難しくなく、上手く行けば10万円以上のアップだって十分に可能です。

ボーナスもある会社に転職できれば、年収200万円アップの可能性だってありえます。

転職活動ではぜひ、転職サイト・転職エージェントを利用してみてください。

手取り額アップを目指した転職なら、転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントは、求人探しから面接練習、選考のスケジュール管理まで様々なサポートを行ってくれます。

しかも、ただ転職を成功に導いてくれるだけではありません。

あなたの希望に沿った転職ができるようにサポートしてくれます。

もし、あなたが手取り額アップを希望するなら、その願いが叶う最適な会社を見つけ出してくれるのです。

そんな転職エージェントの利用料金は完全無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)