営業に多い歩合制の問題点や最低賃金との関係。完全歩合制は違法?

転職活動をしていると、給与体系が歩合制となっている仕事がよく目につきます。

特に営業職に多いですよね。

この歩合制、正しく運用されていれば良いのですが必ずしもそうなってはいないのが現状。

ブラック企業で不適切に使われてしまい、労働者に対して不利益を生じてしまっている場合があるので注意が必要です。

関連記事

求人が増加する今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

公式

doda
【転職者満足度No,1】
・IT・営業・企画系求人に強い

公式

 

営業職に多い歩合制とは?

営業職に多い歩合制とは?

歩合制とは、予め給料が固定されているわけではなく、その人の成果に応じて給料が変動する給与体系です。

通常は1ヶ月○○万円という形で決まった給料が支払われる固定給制が多いですが、営業職だとこの歩合制を取り入れている場合が少なくありません。

歩合給の決まり方は会社によってそれぞれ。

その人個人の売り上げの○%という形になる場合もあれば、1件○○円という形の場合もあります。

歩合制の種類

歩合制の種類

歩合制と言っても種類があります。

固定給+歩合給

まず一つ目が、固定給と歩合給を合わせたものです。

歩合制と呼ばれているもののほとんどはこの給与形態となるでしょう。

固定給があるので毎月最低限の給料は保証されていますし、残業があれば残業代も加算されます。

ただ、歩合給がある前提の給与体系となっている為、もし成果を上げることができないと給料はかなり低くなってしまう場合が多いです。

完全歩合制

そしてもう一つが完全歩合制と言われる、固定給が一切ない形態。

固定給がないのでもし成果ゼロならば貰えるお金はゼロと厳しくなっています。

ただその反面、成果を高く上げると固定給のみの場合では絶対に貰えないようなお金を手にすることができる可能性もあるという魅力もあります。

歩合制と最低賃金の関係

歩合制と最低賃金の関係

歩合制で働く場合、最低賃金との関係についてはしっかり理解しておきましょう。

雇用関係がある場合、最低賃金は絶対に守らなくてはなりません。

現在の最低賃金は全国平均で961円、東京だと1072円。

もし1日8時間、月22日稼働だとすると、東京では188,672円は絶対に支払われる金額となり、残業があれば割り増しされた残業代が支払われなければなりません。

すなわち固定給はこれを下回ることは許されないし、賃金がゼロとなる可能性がある完全歩合制は雇用関係を結ぶ際に利用できないのです。

もし、完全歩合制で雇用関係を結んでいるとなれば違法。

完全歩合制が使われるのは労働者ではなく、個人事業主として企業と契約を結ぶ場合のみとなります。

労働者ではないのでその会社で社会保険へ加入することはできないし、退職金もなければ福利厚生を利用することもできません。

歩合制の問題点

歩合制の問題点

歩合制は、場合によっては非常に良いメリットがあります。

個人の頑張りが給料に現れるので仕事に対するモチベーションアップにつながりますし、若くして年収1000万円以上を得る可能性もあります。

ただそのメリット以上にデメリットもあるので注意が必要です。

給料が安定しない

まず、一つ目の問題点が給料が安定しない点。

その月に良い成果を上げることができたとしても、次の月に同様の成果を上げることができるとは限りません。

固定給の割合が高く、固定給分だけで生活を安定させることができれば良いのですが、歩合給部分が高くなればなるほど、毎月の給料の変動が大きくなってしまって生活に不安を覚えることが大きくなってしまいます。

人を集める為だけの道具にされる

求人票を見ていると歩合制の仕事が非常に魅力的にうつります。

20代で年収1000万円以上、入社3年目で年収2000万円以上だと書かれている場合もよくありますからね。

固定給で年収2000万円なんて固定給の会社ではほぼありえません。

ただ、この数字を完全に信じるのはだめ。

そんなのはずば抜けて優秀な成果を上げることができる人だけで、実際に転職してみると手取りは20万円程度、年収300万円程度しか貰えなかったという人もたくさんいるのが現実です。

また中には実際にそんな成果を上げることができている人は存在していない、そもそもそんな成果を上げるのは不可能なのに単に人を集める為だけのアピール手段として使っている会社もあります。

実際に転職すると給料は低く、ノルマは厳しく、上司から毎日のように罵声を浴びせられるブラック企業だった。そんなことも少なくないのです。

無茶な働き方になり体を壊しやすくなる

ノルマがあることに加えて自分の給料に大きく関わってくる分、思ったように成果を上げることができないとつい長時間労働になってしまいがち。

限界を超えてまで働き続ける結果、体を壊してしまうリスクが高くなります。

それこそ毎日終電近くまで仕事をすることになってしまう場合も少なくないでしょう。

常にプレッシャーを感じ精神的負担が大きい

給料に関わる歩合制の仕事を続けることでの精神的な負担って大きいですよね。

上司からのプレッシャーだけでなく、給料が少なくなってしまうかもしれないプレッシャー。

その月は順調に成果を上げることができたとしても来月はどうなるかわからない。

こんな気持ちを持ちながら何年、何十年と働くのは相当大変なことです。

歩合制の会社に転職する場合は、特に注意が必要

歩合制の会社に転職する場合は、特に注意が必要

歩合制はメリットもある反面、デメリットも多々あります。

そして何より気を付けなくてはいけないのが、ブラック企業も多数紛れていること。

固定給の会社が完全に安心できるというわけでありませんが、歩合制の会社に転職を検討している場合はよく注意し、しっかり情報収集を行うようにしてください。

例えば、固定給と歩合給の割合、会社自体の平均年収、離職率や平均年齢などから実情はどうなのかなど、ある程度はわかるはずです。働く環境はかなり大切ですので、しっかりと確認してみてくださいね。

転職成功を目指すなら、転職エージェントを利用しよう!

とはいえ、「自分一人でそこまで調べられる自信がない…」「転職先探しにそこまでの時間を割けない…」という方も多いと思います。特に、仕事を続けながら転職活動を進めている方は、情報収集をそこまで十分に行えるか不安ですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用して転職活動を進めることです。

転職エージェントは、各社の採用条件を熟知しているので、あなたに合った働きやすい企業を紹介してくれます。

また、転職サイトとは異なり利用者ごとに担当者が付きますので、1人ひとりのスキルや希望に合わせた企業を紹介してくれるのです歩合制の会社のメリットやデメリットも十分に理解していますので、その点も相談してみると良いでしょう。

加えて、履歴書作成サポート、面接や待遇の調整と交渉など、転職活動全般について手厚くサポートしてくれます。

登録や利用は完全無料ですので、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)