営業の仕事が合わずにストレスが限界に近づいている人は早めに転職を

営業は中々大変な仕事で、ストレスも感じやすい仕事です。

特に自分は営業に合わないと感じている人だと感じるストレスはなおさら大きいものがあり、毎日のように辞めたいと感じている人も決して少なくないでしょう。

そんな人は一度転職することも考えてみてください。

ストレスは蓄積されいずれ限界に達しますが、そうなってしまってからでは大変。その前に手を打たなくてはなりません。

関連:ルート営業は楽?きつい?未経験でも転職することは可能?

関連:ブラック企業の営業はかなり辛い。体を壊す前に一刻も早く逃げ出そう。

営業には向き不向きがあるもの

適材適所という言葉があるように、仕事には向き不向きがあります。

そしてそれは営業職で特に顕著に現れるでしょう。

営業で大変なことと言えばノルマと顧客との人間関係。

向いていない人にとってはそれが毎日の大きなストレスになってあなたに襲いかかります。

しかし向いている人にとってはそれが大きなストレスにはなりません。

ノルマを目標としてモチベーションに繋げることができたり、顧客との人間関係も上手く築きながら楽しく仕事ができたり、そしてそれが営業成績にも繋がっていきます。

向いていないからと仕事ができないわけではありません。工夫したり経験を積み重ねることで仕事はなんとかなるものです。

ただその為には自分を押し殺すことも多くなり、我慢することも多くなり、当然ストレスは大きくなっていってしまいます。

合わない人にとって営業はストレスが大きすぎる

では営業が合わない人にとって、日々の仕事でどういったストレスがあるでしょうか。

ノルマに対するプレッシャー

営業として働くほとんどの場合、1ヶ月のノルマが与えられることになります。

このノルマも一つの目標として達成感を感じることをモチベーションにつなげたり、高い成果を上げたことによって得られる対価をモチベーションに繋げることで仕事に喜びを感じることができるという人もいます。

しかしその一方で数字に追われることに強いプレッシャーを感じてしまっているだけという人いもいます。

当然仕事が楽しいと思えるのは前者。

もし後者のような気持ちを抱いている場合、仕事が単にストレスのあるものとしか思えなくなってしまいます。

人との関わり

どんな仕事でも人との関わりが全くないという仕事はほぼないでしょう。

ただやはり営業は特に人との関わりが多い仕事です。

社内での人間関係はもちろん顧客との関係も上手く築かなくてはなりませんし、初対面の人と会話をする機会もたくさんあります。

色々な人と関わることが楽しい、直接お客さんにありがとうを言われることにやりがいがあると感じる人であれば、営業の仕事は楽しいと思えるかもしれません。

しかし人と関わることがあまり好きではないという人にとっては、毎日色々の人と会話、交渉等をすることに苦痛を感じ、万が一トラブル等があろうものならそこで大きなストレスを感じてしまうことになるでしょう。

無茶な仕事

上司からの無茶な依頼、顧客からの無茶な依頼を受けるのも営業の辛い仕事。

上手く交渉して全員に納得してもらうことができれば良いのですが、それが上手く行かずに悩み苦しんでいるという人も多いのではないでしょうか。

どんなに自分が正しくてもそれを理解して貰えずに無茶なことを言われる理不尽さというのはやっぱり辛いものがあります。

長い拘束時間、少ない休日

拘束時間はどれくらいか、休日がどれくらいあるかは勤務している会社次第ですが、営業の方だと長い拘束時間、そして少ない休日に不満を感じている人も多いのではないでしょうか。

ノルマを達成できなくて長時間労働になってしまうこともありますし、顧客の時間に合わせたらつい遅くになってしまうなんてこともあるでしょう。

また営業の辛いのは仕事が終わってからや休日も顧客から電話が来ると対応せざるを得ないというところ。

本来は就業時間以外に仕事をする必要はないので電話がかかってきても出る必要はありませんが、そうはいっても出ないわけにはいかないという人も多いのではないでしょうか。

休むべきタイミングも仕事から完全に離れることができない。これも大きなストレスになりますよね。

この先も営業を続けることに限界を感じてるなら他職種に転職を

営業には営業の良いところもあります。

成果を上げた分だけ給料が上がる、外回りができるので気が楽、人と話すことが楽しい、人と話す機会が多いのでコミュニケーション能力が身につく、人脈が広がるといったところは営業ならではの良い点でしょう。

営業は大変だ、営業は辛いなんて言う風に言われることが多いのですが、全員がそんな風に感じているわけではなく、営業という仕事を楽しいと感じることができている人も多いのです。

ただもしあなたが現在営業として働いている中でこういった点に喜びを感じることができず、単に大きなストレスを感じ続けているならば今のまま続けるよりも他の職種に転職することを考えてみましょう。

向き不向きのある仕事。現在もストレスに限界を感じていながらあと数十年も働き続けても決して楽しくはないはずです。

キャリアチェンジするなら若い方が圧倒的に有利。なおかつ最近は人手不足の企業が多い為、他職種への転職がかなりしやすい状況になっています。

一つの仕事に縛られ続けずに自分に合っているものを見つけていきましょう。

今は転職支援サービス等が充実しているので転職活動もかなり簡単に進められるようになっています。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。