社会保険完備とは?正社員なら当たり前で完備されていなかったらかなりやばいかも

求人票では、福利厚生の欄に「社会保険完備」だとか「社保完備」と書かれているのを良く見かけますよね。

今回はその具体的な内容や、完備と加入の違いについて簡単に紹介して行きます。

関連記事

 

社会保険完備ってどういう意味?

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険が完備されていること

社会保険とは、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の4つを総称した言葉です。

そして社会保険完備とは、この4つ全てが完備されていて、加入できる状態にあるということになります。

各保険の目的は以下の通りです。

  • 健康保険・・・病気やけがをした時、出産等でやむを得ず休業する時などに備えた保険
  • 厚生年金保険・・・加齢、障害、死亡時などに自立した生活を送る為の保険
  • 雇用保険・・・失業した場合の生活支援や再就職の支援を行う為の保険
  • 労災保険・・・業務中に災害があった場合に備え労働者を保護する為の保険

この4つのうち、一つでも欠けていた場合は「完備」とは言えません。

完備されているからと言って加入できるとは限らない

社会保険が完備されていれば、必ず加入できるかというとそういうわけではありません。

各保険にはそれぞれ加入条件があり、会社自体に社会保険が完備されていたとしても、その加入条件を満たしていなければ加入できない場合もでてきます。

それぞれの保険の加入条件については以下で紹介します。

社会保険加入の条件

ではここでは社会保険加入の条件を、会社側と個人側それぞれで紹介していきます。

会社の社会保険適用条件

厚生年金保険、健康保険の加入条件

以下の条件に当てはまる場合、その会社は社会保険の「強制適用事業所」となり、加入することが義務付けられます。

  • 事業主を含む従業員1人以上の会社、国や地方公共団体などの法人
  • 常時使用の従業員が5人以上いる、一部の業種を除く個人事業所

株式会社、有限会社、合同会社といった法人は、少なくとも事業主はいるわけですから社会保険は絶対に加入しなくてはいけないことになります。

社会保険の保険料は半額を会社側が負担することになりますから、社会保険加入によって会社の負担は増えます。

ただそうであっても義務である以上、拒否することはできません。

雇用保険、労災保険の加入条件

雇用保険の加入はその会社が人を1人でも雇った場合に義務となります。

法人はもちろんですが、個人事業であっても加入しなくてはなりません。

ただし個人経営の農林水産業で、雇用している労働者が常時5人未満の場合は、任意の適用となります。

個人の社会保険加入の条件

社会保険が完備されている会社であっても、社員全員を加入させなければいけないというわけではありません。

厚生年金保険、健康保険の加入条件

常時雇用されている70歳未満で、一般社員の所定労働時間及び所定労働日数の4分の3以上ある従業員は厚生年金保険や健康保険への加入が義務となります。

また所定労働時間および所定労働日数が4分の3未満であっても、以下の条件全てに当てはまる人も厚生年金保険や健康保険への加入が義務付けられます。

  1. 週の所定労働時間が20時間以上あること
  2. 雇用期間が1年以上見込まれること
  3. 賃金の月額が8.8万円以上であること
  4. 学生でないこと
  5. 常時501人以上の企業に勤めていること

上記に当てはまる人の加入は義務。会社側が加入させないということもできないし、従業員が入りたくないというのも通用しません。

なお上記の1~4番にあてはまっている常時500人以下の企業で働く人も労使での合意があれば任意で加入することが可能です。

雇用保険の加入条件

雇用保険は以下の条件に当てはまる場合に加入義務が発生します。

  • 31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること。
  • 1週間の所定労働時間が 20 時間以上であること。

条件に当てはまっていたら入れないなんてこともなく、入らないという選択もできません。

労災保険の加入条件

労災保険は、短時間労働者を含むすべての保険が加入の対象となります。

正社員はもちろん、アルバイトやパートタイマー、日雇いアルバイトの人も強制加入です。

社会保険完備は当たり前のこと

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、4つの保険が完備されて初めて「社会保険完備」と言うことになるわけですが、一部の例外を除くとそもそも完備していないことがおかしいです。

一部の例外を除いて社会保険への加入は義務。

少なくとも株式会社や合同会社といった法人としている企業が人を雇おうと思ったら、全ての社会保険が完備されていないなんてことは本来あり得ないことなはずなのです。

なぜわざわざ社会保険完備と求人票に書くのか

完備しているのが当たり前、それでも多くの会社が求人票に社会保険完備とわざわざ書いています。

そう書く必要があるからです。

社会保険を完備することは先ほど述べたように義務です。

しかしその義務を怠り、加入しなくてはいけないのにしていない会社も少なからずあります。

それ故に「社会保険完備」であることが、一つのアピールポイントとなってしまっているのです。

社会保険に加入できない会社は絶対に入るべきではない

求人票に社会保険完備と書いていなくても、当たり前だからただ書いていないだけという場合もあるので必ず確認するようにしましょう。

社会保険が完備されていない会社で働くことは絶対におすすめできません。

義務があるのに社会保険に加入していないという時点で、法律を遵守しない真っ当ではない会社です。

そして従業員のことなんて一切考えていない会社です。

大手企業ならばさすがに加入義務を怠っているなんてことはありませんが、中小企業であれば稀にありうるので仕事選びの際はぜひ注意してください。

転職するなら転職エージェントがおすすめ

もしこれから転職活動を始めようかと考えているなら、ぜひ転職エージェントを活用するようにしてください。

社会保険の加入義務を怠っているような会社を求職者に紹介するなんてことがあればそのエージェント会社の評判に関わりますので、まずそんな会社の求人はありません。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事