昇給しない会社は辞めるべき?昇給しない理由や転職した方が良い場合

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

昇給しない会社は辞めるべき?昇給しない理由や転職した方が良い場合

入社したばかりの時は給料が低くても、昇給があるので年々給料は増えていく。それが当たり前だと思っている人は多いのでしょうか。

確かに働き続けていれば仕事での経験は増え、それに伴い責任の重い仕事を任せられるようになるわけですからそうなるべきですよね。

そして実際に20代後半男性の平均年収は383万円であるのに対し、40代後半男性の平均年収は626万円と、年々昇給していくことが見てとれます。

ただその一方で残念ながらその昇給が当たり前のものではなく、昇給がろくにない会社があるのも事実。

5年、10年と働いても入社した頃とほぼ変わらない給料のまま、働き続けることになってしまっている人もいます。

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:収入が下がる場合が多い転職パターン。どんな転職をすると年収が下がる?

昇給額の平均

厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査の概況」によると、昇給額の平均は5,176円、給料の1.9%上昇しているという結果になっています。

そして企業規模別に見ると以下の通りです。

  • 5,000人以上・・・5,683円
  • 1,000~4,999人・・・5,464円
  • 300~999人・・・5,319円
  • 100~299人・・・4,482円

決して高い金額とは言えません。

ただそれでも毎年これだけ上がってくれれば、新入社員の時に20万円だった給料が30代になると30万円程度になることは望めます。

また基本給のアップは残業代にも影響しますし、ボーナスの金額にも影響するので年収として見るとそれなりの差が生まれます。

昇給しない理由

上述した金額はあくまで平均額であり、もっと高い昇給をする人もいます。

昇給額が大きい会社だと初任給が20万円だったのに、30歳になると基本給だけで35万円以上となる会社もあるのです。

そして当然その逆、全く昇給しない会社もあり、30代になっても給料は初任給とほぼ変わらないままという会社もあります。

ただ新入社員の時と比べればたいていの人は仕事ができるようになっているはずであり、全然昇給しないというのはおかしな話。

にも関わらずなぜ昇給しないようなことが起きてしまうのでしょうか。

昇給制度がない

昇給することは法律で義務づけられているものではなく、そもそも昇給制度がない会社もあります。

昇給は社員のモチベーションを保ち、長く働き続けて貰う為に必要なことであるものの、会社にとっては人件費が増え利益を圧迫してしまうもの。

目の前の会社の利益を重視するばかりに、社員の給料は上げない会社というのは一定数存在しているのです。

そういう賃金体系になっている

賃金体系は会社によって様々であり、毎年徐々に給料が上がっていく会社もありますが、最初は全然上がらないが30代を超えてから給料が急激に上がっていくような会社もあります。

後者の場合は20代の時に昇給しないことに不満を感じる人が多いかもしれません。

また毎年は上がらないけれど、役職がつくタイミングで大幅に上がる場合もありますね。

会社に昇給するほどの余力がない

昇給しない会社に多いのが、会社自体に昇給する余力がないという場合です。

先ほども述べたように昇給は人件費を押し上げる要因。

大手の会社ですら数年赤字が続くだけで定期昇給を凍結する場合がありますから、体力のない中小企業は昇給に消極的になってしまうことが多くなります。

社員のモチベーションの為に昇給はしたいけど、会社の経営状態から昇給なしとせざるを得ないのです。

本人の能力不足

周りは昇給しているのに自分は昇給しないという場合だと、それは仕事での能力不足である場合が多いです。

特に年功序列制度が廃止され成果主義へと移行されていっている中で、成果を上げることができない社員の昇給は無くなってきています。

もっとも能力不足と言ってもそれが事実とは限りません。

正当に評価されていなかったり、上司に嫌われていたりという理由から、昇給して貰えないという場合もあるのです。

昇給しない会社は辞めるべきか

いつまでたっても、どれだけ働いても昇給しない。

他の会社で働いている人はどんどん昇給しているのに自分は変わらず差がどんどん広まってくるばかり。

それでも働き続けるのは不満ばかりがたまっていきます。

そうなると考えるのは、今の仕事辞めるべきかどうかということですよね。

実際に転職理由としても給料に対する不満というのは常にトップ3に入るくらいの理由となっています。

これに関してはなぜ昇給しないのかしっかり考える必要あり。

ただ一部の例外を除いて、さっさと辞めて転職してしまった方が、この先のことを考えると良い場合の方が多いでしょう。

働き続けても良い場合

先ほど述べた一部の例外というのは、以下のような場合です。

後半に賃金アップが大きくなる

昇給しない、昇給があるとしてもその金額に満足しないと言っても、それは若い時だけの話かもしれません。

30代になってから昇給が大きくなったり、昇格した場合に大きな昇給がある場合もあるので、一時的に昇給しないということで早急に判断してしまうのはNG。

会社の平均年収が高かったり、上司や先輩の給料が高ければ、その見込みが高いので、すぐに転職を決断してしまうのは避けた方が良いでしょう。

転職しても給料が上がる見込みがない

給料を理由に仕事を辞めるのに、いざ転職するともっと給料が下がってしまえば、転職したことに対して後悔すること間違いありません。

だからこそ転職活動は仕事を辞めずに行い、辞めるのは今よりも年収がアップする会社に転職できると判断してから。

もしくは一時的に給料が下がるとしても昇給がしっかりあり、年収アップが見込める会社。

現在の不満を解消することができない転職はすべきではありません。

他の人はさっさと転職すべき

上記二つに理由がないなら、さっさと転職すべきです。

会社の利益ばかりを重視しているような会社、そもそも昇給させるほどの会社でこのまま働き続けるのは大きな損。

このまま働き続けていれば生涯収入はどんどん少なくなるし、年齢ばかり高くなって転職して年収アップすることも難しくなってしまいます。

ぜひこの機会に転職活動をスタートさせましょう。

転職活動では転職サイト、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ