仕事が多すぎて疲れた、辞めたい。ミスも増えるしストレスも溜まる

仕事が多すぎる。普段の仕事でそんなことを感じたことがある人は多いと思います。

まあたまたま仕事が重なってしまったり、納期の厳しい仕事をしなくてはならなかったりと、一時的に仕事が多くなってしまうのは仕方がないことで、乗り越えなければいけないことでもあります。

ただそれはあくまで一時的な場合。

もし仕事が終わらないうちに次から次へと仕事が舞い込んできて、常に仕事が多すぎる状態が続いてしまっているのはちょっと問題があることを認識しなくてはなりません。

関連:キャパオーバーで仕事が終わらない。原因は自分?それとも会社?

関連:入社3年目の悩み。仕事ができない、ついていけない、責任が重いなど辛いと感じる人はとても多い。

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

仕事が多すぎてもう辞めたい!

仕事は適切な量であることがベスト。暇は暇で辛いし、多すぎることも大きなストレス。

とは言っても働いていればどうしても多くなってしまうタイミングはありますよね。

ただもしそれが慢性的になってしまうと、仕事を辞めたいと考えてしまうようになります。

もちろん中には仕事が多くて忙しいほどに充実感ややりがいを感じる人もいるでしょうがそれはほんの一握り。

ほとんどの人は仕事に対して以下のようなストレスを感じることになっていると思います。

残業が増え疲れが取れない

仕事が多いと当然定時では終わらない。そうなると増えてしまうのは残業ですよね。

1日1時間程度ならまだしも、1日3時間、4時間は当たり前。仕事が終わらないから中々帰れない状態になっている人は多いと思います。

そしてその残業もまともに支払われれば良いのですが、中にはサービス残業になっている人も多いでしょう。

残業時間に制限があるからこっそり家に持ち帰って仕事をしている人もいるでしょうし、ひどい上司だとサービス残業になることをわかっていても堂々とやらせる人もいますね。

残業が増え労働時間が長くなるほどに精神的にも身体的にも疲れは溜まりストレスも溜まる一方です。

ミスが増えてさらに仕事が増える

仕事が多いとつい焦ってしまい一つ一つの仕事にミスが生じがち。

そしてそのミスのせいでさらに仕事は増えてより一層一杯一杯になってしまう。

そんな悪循環によって追い込まれてしまっている人も少なくはないのでしょうか。

ミスをしてしまったこと自体、上司や色々な人に怒られたりすることも多かったり、人に迷惑をかけてしまったことで気まずくなったりと、ストレスが大きいことが多いですしね。

パニックになりどうすれば良いかわからなくなる

仕事が多くなれば多くなるほど、どうすれば終わらせることができるのかがわからなくなりパニックに陥ってしまう人もいるでしょう。

できるだけ効率的に進める為にと考えてもどうすれば良いかわからず、考えるだけで時間がすぎてさらに時間がなくなってしまうんですよね。

周りも忙しくてイライラ

自分の仕事が多い時は、たいてい周りも仕事が多い時。

たまに嫌がらせで自分にばっかり仕事を与えられてしまっている人もいますが。

職場全体として仕事が多いと仕事を終わらせるなきゃというプレッシャーや長時間労働によるストレスで周りでもイライラしている人が増えてしまいます。

その結果、職場は常にピリピリして非常に居心地が悪く、それがストレスになってしまう人も多いと思います。

そしてストレスはピークに

仕事が多いとこんな風に色々とストレスは溜まっていきます。

そしてその状態が慢性的になるとストレスはさらに溜まり続け、いずれピークに達してしまうでしょう。

最初は大変、しんどい、疲れた、楽しくないと思うだけであったものが、徐々に頭から仕事のことが考えられなくなり、常に不安な気持ちに。

そして夜眠れなくなったり、朝中々起きれなくなったり、常にイライラするようになります。

そしていずれは本当に体を壊してしまうのです。

仕事が多すぎる状態から抜け出す為にまずやるべきこと

もし仕事が多すぎる状態が慢性的になっているのであれば、何かしら対策を打たなくてはなりません。

もちろんどうしようもない場合もあるのは事実。

ただ今のまま放置するのではなく、少しでもましになるように動いてみなくてはなりません。

上司や先輩への相談

まずはとにかく上司に相談。上司がだめなら先輩に相談です。

上司はあなたの抱えている仕事、そしてその負荷をしっかり把握することができていません。

またあなたの能力がどの程度なのかということも正しく理解できているわけではありません。

その結果、上司が気づかないところで部下の仕事量が適切でなくなっている場合が非常に多いのです。

無理なものを無理と相談するのは中々勇気のいること。ただ時にはその勇気は必要なことです。

仕事の整理とスケジューリング

仕事が多いとつい目の前の簡単な仕事、やりやすい仕事にとりかかってしまいがち。

ただ仕事には時間がかかるもの、タイミングが重要になるもの、周囲も巻き込んでやらなくてはならないものもたくさんありますから、行き当たりばったりで仕事を進めていくと後々痛い目を見ます。

そうならない為にも仕事を整理しスケジューリングしておくことは必要なこと。

また仕事を整理することで全体像を把握することができるのも一つのメリット。

先が見えないと実際より過度に多いと感じてしまいパニックに陥ってしまう原因になりますからね。

完璧を求めることをやめる

一つ一つの仕事に完璧さを求めてしまうといくら時間があっても仕事は終わりません。

もちろん完璧に終わらせるのが理想。ただ時間がないのであれば、ある程度で見切りをつけたり手を抜くことも大切。

見切りをつけるタイミングや手の抜き具合は気をつけなくてはいけないし、上手くやるには経験が必要ですが、意識していれば徐々にわかってくるでしょう。

無駄な時間を減らす

仕事をしていると、意外に無駄な時間が多くなっています。

書類やパソコンの中が整理されておらず資料を探すのに時間がかかってしまっていたり、仕事の順番を間違えて不必要な仕事をしてしまっていたり。

聞けばわかることなのに何でも自分でやろうとしてしまい、調べたり考えたりするのに過度に時間をかけてしまうことも、暇な時なら良いですが仕事が多い時には無駄。

無駄な時間を削減すると多少なりとも時間に余裕ができるはずです。

一つ一つのスピードを上げる

意識的に仕事一つ一つのスピードを上げることも大切です。

経験とともに仕事をこなせるスピードは自然と早くなっていくものですが、それでは不十分。

どうすればすんなり仕事を終わらせることができるか、考えながら工夫しながら取り組んでいくようにしましょう。

無理なら仕事を辞めるのもあり

仕事が多すぎる場合、上述した対策で何とかなる場合もありますが、どうしようもない場合もあるのは事実。

残業、それもサービス残業ありきで仕事を与えられ、周りもみんな同じような状態だから相談してもどうしようもない。

人手不足の会社が多い中、それでも利益を上げる為に社員に対して無理を強いている会社は少なくないのです。

そういった会社で働き、もし今の仕事に対して無理を感じているならば辞めるという一つの手段です。

先ほども述べたように無理な働き方をしていればいずれ体を壊します。

そうなる前にその仕事を脱し、転職するというのは決して悪いことではありません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT