仕事がもう嫌だ!と思ったら?嫌になった時には辞める前に必ずこれをチェック。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事がもう嫌だ!と思ったら?嫌になった時には辞める前に必ずこれをチェック。

仕事なんてもう嫌だ、もうやってられないと思ったことがある人はたくさんいると思います。

何かと上手く行かなかったり、理不尽に怒られたり、思い通りには行かなかったりと不満は耐えませんからね。

ただそんな時に辞めることを考えたら一旦冷静になり、しかるべきことを行った上で決断をしましょう。

関連:人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

関連:仕事が合わないから辞めたい、転職したいと思うのは当然のこと

嫌だから辞めるは決して悪いことではない

仕事が嫌だから辞める。仕事が嫌になったから辞める。別にそのこと自体は悪いことではありません。

嫌なのにいつまでその仕事を続けたって後悔が残るだけですからね。本当に無理なら絶対に辞めるべきです。

辞めたら後悔する、転職したら後悔するなんていうのはむしろ逆。転職した人の多くの人は転職して良かったと思っています。

そしてそこに理由は関係ありません。

キャリアアップをする為、やりたいことを実現させる為など前向きな理由を持って転職する人なんてほんのわずか、大半は給料の低さや労働条件の悪さなどで仕事が嫌だから転職しています。

ただそれが勢い任せになってしまうと色々と後悔する可能性が高くなるもの。だからこそ、仕事が嫌になった時は一旦立ち止まって自分と向き合ってみる必要があります。

仕事が嫌になった時、辞める前にするべきこと

仕事が嫌になった時、本当に辞めるという判断が賢明な判断なのかはよく考えなくてはなりません。

辞めた後で後悔したって後の祭り。もう取返しはつきません。だからこそ辞める前には以下のことを考えてください。

冷静になって何が嫌なのかを考える

まず大切なのは「冷静になること」。

感情まかせになるのではなく、その事実を客観的に捉えるようにしてください。

感情は簡単なことで変わるもの。嫌だと思うこともあれば、ふとしたタイミングでなんともならなくなる場合もあります。実際に辞めたらなおさらで、嫌だったことが実はどうってことなかったということにもなりえます。

ですから感情によって動いてしまうと後悔する可能性が非常に高いのです。

また冷静になることでそれに対する対策が思いつくこと場合もあり、実は辞めるまでもなかったということに気づくことができるかもせしれません。

将来の姿をイメージする

辞める前には必ず将来のイメージをしましょう。

嫌だから辞めるとなった場合、待っているのはもっと嫌なことかもしれません。

一方で将来にも明るい未来が見えない場合があり、辞めるべき時であることもあります。

嫌だという気持ちは必ず将来とつなげて考える。これを意識してください。

嫌だと思っても続けるメリットを考える

嫌だ!と思っている時はその気持ちが先行してしまって、そこから脱出することを考えてしまいがちになりがちなんですが、長い目で見た時にはその状況が将来的にメリットになってくれる場合もあります。

仕事が難しくて嫌だ、仕事が忙しすぎて嫌だ、上司が厳しすぎて嫌だ、今はそんな風に思っていたとしてもそれを乗り越えれば自分の大きな成長が待っているかもしれません。

もちろん中にはメリットがない場合もあります。

今の自分の状況にメリットがあるかはよく考えてみましょう。

共感できる相手を見つける

嫌な出来事は自分ひとりで抱えてしまうとつい大きく捉えてしまいがちなんですが、人に話して共感して貰うと意外にすっきりするものです。

あなたが仕事で抱えている悩み、嫌なことは他の同僚も同様に抱えている場合が多々ありますから、話しやすい相手を見つけて相談するのも一つの手です。

ただ「共感」というのがとても大事なので立場が違う上司、経験が豊富な先輩に話しても、理解をしてもらえずに逆に不満が大きくなってしまう場合が多いのでおすすめしません。

転職活動を始めてみる

仕事がもう嫌だと思うなら転職活動を始めてみましょう。

リスクを下げる為にも次の仕事を決めてから辞めた方が良いという部分もありますが、それよりも転職活動を行うことで今の仕事に対して相対的な良さ、悪さに気づくことができるという点が大きいです。

今の会社よりもっと良い会社があるとなればさらに本格的に転職活動をすればいいし、逆に今の会社はそれなりに良い会社だと思えれば転職活動をやめれば良いだけのことです。

また転職活動を始めることで、辞めることに対する不安が減って日々の仕事に対して追い込まれなくなるという点も大きなメリットです。

転職サイトでは適正診断もありますし、転職エージェントはカウンセリングを行ってくれます。

今は何も見えない選択肢も、具体的に見てみることで自分の中で何かが変わるかもしれません。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

嫌なことがあっても続けたいと思える仕事を見つけよう

仕事がもう嫌だと思うのは、おそらくどんな仕事をしていてもあります。

ただそれでも続けたいという仕事を見つけることが大切です。

ただそれは単に仕事を変えたり、環境を変えたりすることで見つけることができるわけではありません。

自分のことを良く知り、周りにばかり期待するのではなく自分でできることは自分で変えていく気持ちを持ち、少しでも前向きに仕事に取り組めるようにしていくことも大切です。



このページの先頭へ