退職は迷惑をかけることだと割り切ることも大事。できることさえ行えば気を使う必要はなし

仕事を辞めたい、転職したい。そう考えていても今辞めたら周りに迷惑をかけることになるから中々踏み切れないという人は少なからずいると思います。

責任感のある人、周囲と良い関係を築くことができている人ほどそんな風に感じてしまう傾向が強いでしょう。

そういう考えを持つということは人として素晴らしいことでしょう。しかしその考え方は時に自分を犠牲にしてしまうだけになってしまう可能性もあることです。

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

関連:会社が危ない、潰れそうならいち早く転職を。倒産する前に動くことが非常に大切。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

退職するなら迷惑をかけずにというのは無理

そもそも退職をしようと思えば、完全に迷惑をかけないというのは無理な話です。

もちろん退職の仕方、退職のタイミングなどによって迷惑のかかる度合いというのは変わってくるかもしれませんが、完全にゼロとなることはありません。

にも関わらず迷惑を避けようとしていればいつまでたっても退職することはできません。

退職すれば迷惑はかかるもの

一人の社員が退職したら会社ではどういったことが起きるでしょうか。

代わりの人材を何とか探さなくてはならないし、時には他の部署から引っ張ってきたりなんてこともあるでしょう。

大企業でなければそもそもの人材がギリギリなので急いで採用活動を始めるなんてこともあるかもしれません。そうなれば採用活動にお金もかかってしまいます。

また代わりの人材がすぐ見つかったとして引継ぎをしっかり行ったとしても、すぐに同じように仕事ができるわけではありませんから同じチームの人が手助けをする必要がでてきてチーム全体の負荷はあがることになるでしょう。

管理職の人は部下から退職者をだしたということで評価を下げられてしまうなんて可能性も考えられます。

ようするに退職しようと思ったら他の人の仕事は確実に増えるので迷惑がかからないなんてことは絶対にないのです。

ですから迷惑をかけずに退職できたなんて考えている人がいればそれは単に周囲のことを理解することができていないだけですし、迷惑をかけずに転職するというのはそもそも無理な話なんです。

退職しても迷惑がかからないというのはむしろ悪いこと

ただ実は退職の中には迷惑が全くかからないというパターンもないわけではありません。

例えばろくに仕事ができないので退職しても影響が全くないというパターンや、会社にとって辞めてもらったほうがありがたいパターン。

要するに会社に必要とされていない人が退職するというのは迷惑をかけるどころか喜ばれることになります。

逆に退職して迷惑をかけてしまうということはむしろ喜ばしいことなんです。

迷惑はかかるが会社として問題にはならない

会社にとって必要な人間である以上は迷惑はかかるのは仕方がないことです。

しかしたった一人が辞めたからと言って大きな問題になることはありません。

というかそれに対応できない会社はそもそも会社として機能していないので、将来的にも心配です。

退職だけではなくケガや病気等で仕事から離れることになる場合がないとは言えませんから、会社が一社員に大きく依存しているのはとても危険なことであり、まともな会社ならそんな風な体制にしません。

どれだけ優秀な人材であろうと、会社にとって唯一の能力を持っている社員であろうと、結局代わりになる人材はいて仕事は回っていきます。

この仕事は自分にしかできない、自分は唯一無二の人材だというのは大きな間違い。少々悲しいかもしれませんが、自分の代わりなんていくらでもいるのです。

他人を考えて自分を犠牲にしてもいい?

仕事というのは人生においてかなり重要な位置に存在しているものです。

そんなものを周囲のことばかり気にして自分の希望を押し殺し、自分を犠牲にしてしまう決断をしてしまっていいのでしょうか。

5年後、10年後を考えた時、周囲に気をつかって自分の希望を叶えることができなかった場合と、一時的に周囲に迷惑をかけてでも自分の希望を叶える場合では圧倒的に後者のほうが幸せになれる可能性は高いはずです。

会社との関係は退職してしまえばそれまでです。迷惑をかけたことでどう思われようが、あなたの人生にとって悪影響を及ぼすような大それたことではありません。

迷惑を最小限に留めることは大切

もちろん退職時にかける迷惑はできるだけ最小限にすることは大切です。その為にすべきことをいくつか紹介しましょう。

ただ無理をする必要はありません。自分ができる範囲で精いっぱいやればいいだけです。

退職時期はこだわりすぎない

今の時期は忙しいから、重要なプロジェクトに携わっているからといった理由で退職を先延ばしする必要はありません。

結局転職活動にはそれなりに時間がかかるしいつ決まるか読めない部分もあるので思った通りの時期に退職できるとは限らないし、プロジェクトがひと段落したところで結局すぐに違うプロジェクトを任せられるだけでいつまでたっても区切りなんて訪れない場合が多いです。

何より退職を先延ばしするというのは結局自分を犠牲にしてしまう行為。そこまでする必要はなく、今の自分にできることだけをすればいいんです。

1ヶ月前には退職を伝える

退職に関しては法律上2週間前に伝えれば良いとされていますが、1ヶ月前には退職を伝えるようにしましょう。もちろんもっと早くできるなら早いにこしたことはありません。

退職するとなると周りは代わりとなる人を探す、引継ぎを行うなど色々としなくてはいけないことがあります。急に退職するとなれば急いで行わなくてはならず大変ですし、下手したら間に合わない場合もあります。

転職先が決まってから退職を伝える場合には転職先からいつまでに入社して欲しいと言われると思いますが、在職中の人に対しては基本的に1ヶ月の猶予期間が与えられます。

ですので内定を貰い次第ぐずぐずせずにすぐに退職を伝えることが必要ですね。

引継ぎは確実に行う

引継ぎを行わなくても仕事はなんとか回っていくでしょう。しかし引継ぎをしっかり行っているかどうかによって後任者がどれだけの労力がかかるかというのは全く違ってきます。

後任の人がどういった人になるかは上司次第ですが、あなたはその後任者のレベルに合わせて隅々までしっかり仕事を引き継ぐ必要があります。言わなくてもわかると勝手な判断をしてはいけません。

時に相手が新人、未経験者である場合もあります。そんな時は上司やチームリーダーなども交えながら確実に行っていきましょう。

隠し事はしない

退職者に対して一番困るのは、退職後に引き継いだ仕事でやばいものが色々と隠されていた場合。

退職後に色々な問題が発覚して、本人に聞こうにも退職してしまっていないし、手を入れるにも遅すぎるなんてことになりかねません。

確かに仕事をしていると人にいいたくないこと、つい隠してしまうことというのもありますが、迷惑をかけたくないのであれば全てを洗いざらいいうことをおすすめします。

会社に対する悪口は言わない

以前までは同僚なんかと会社や上司に対する愚痴を言っていたこともあると思います。ただ退職が決まったらそういった愚痴や悪口といったことを言うのは避けたほうが良いです。

それまではあなたも相手も同じ立場。しかし退職が決まればしばらくしたら会社からいなくなる人とまだまだ働き続ける人で立場は違います。

そんな中で悪口を言ったり、次の会社に対する自慢をすれば不満を抱かれるのも仕方がないことです。

最終的には思い切りが必要。

退職するのは思い切りも必要です。迷惑をかけるのは仕方がない、嫌われるかも仕方ない、そう割り切って自分の為の決断を思い切ってしてみてください。

その瞬間は嫌な思いをすることもあるかもしれませんが、それはあくまでその瞬間だけ。長い目で見たらきっと良い決断だったと思えるでしょう。

転職をするなら、まずは転職エージェントに登録しよう

やめる前にしろ、やめた後にしろ、必ず行わなくてはならないのが転職活動です。

転職エージェントを利用すれば、求人探しや書類添削、面接対策などスムーズに転職するためのサポートを行ってくれます。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月


転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

関連:転職に向けて持っておきたい覚悟とは?リスクは知っておかなくてはならない

関連:転職するのは悪いことではない。人材が流動的になることはもっと推奨すべきこと。