会社が危ない、潰れそうならいち早く転職を。倒産する前に動くことが非常に大切。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

会社が危ない、潰れそうならいち早く転職を。倒産する前に動くことが非常に大切。

できることなら定年まで働き続けたい、そんな風に自分では思っていても、その希望とは裏腹に会社が倒産して働けなくなってしまったなんてことが起こる可能性もあります。

そればっかりは仕方がありません。

ただ、倒産してから転職するのではなく、できることなら倒産前に転職を決めてしまうことが大切です。

実際に働いていると、そろそろ会社が危ない、会社が潰れそうだなんて言う風に感じることができるはずです。もし感じたならばいち早く転職活動を始めるようにしてください。

関連:将来性のある仕事、業界に転職したい。どう探せばいい?

関連:転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?

実は多い会社の倒産

会社が倒産なんて他人事だと思っているかもしれませんが、実は倒産してしまう会社は非常に多いです。

特にできてまもない会社の倒産率は非常に高くなっています。

会社が生き残る確率は5年で15%程度、10年で6%程度、30年で0.02%となっていて、ほとんどの会社は倒産してしまいます。

また、倒産しないまでもリストラ等によって人員削減する会社もあります。

当然中小企業のほうが倒産する確率は大きくなりますが、現在の状況を見ると大企業でも決して安心できるわけではありません。

ですから、労働者として会社に身を任せて働くなんてことはもってのほかで、会社が守ってくれるなんて考えは捨てたほうがいいのです。

倒産してからの転職は危険

もし倒産したらしたで、すぐに失業保険もでるし、その時になってから考えればいいかななんていう風に考える人もいるかもしれません。

ただ、倒産してから転職活動を始めることには何かと不都合な点もありますから注意しましょう。

無職期間が長くなる

会社が倒産してしまうと、当然無職になってしまいます。

それでもすぐに転職活動を始めて、すんなり転職先が決まればいいのですが、転職活動自体が長引いてしまう可能性も当然ありえます。

また、失業保険がすぐに貰えるということから多少の収入が得られることも転職自体が間延びしてしまう原因になります。

無職期間は長ければ長いほど転職するにあたり不利になっていきますので、できることならゼロ、もしあったとしても短いにこしたことはありません。

焦りがでて妥協した会社に転職してしまう

失業保険が貰えるとはいえ、金額的にはそれまで貰っていた給料の半額程度で受給できる日数が決まっています。

当然足りない分は貯金を切り崩して生活することになりますが、それが精神的なストレスとなり、早く次の仕事を決めなくてはと焦ってしまう原因になります。

転職活動において焦りは厳禁。焦ってしまった結果、かなり妥協して会社を選んでしまう人が非常に多いです。妥協して転職先を決めてしまうと、入社後にその会社を選んだことに後悔してしまう可能性が高くなります。

いよいよ倒産となると面倒なことになる可能性がある

倒産時は何かと面倒なことになりかねません。例えば本来貰えるはずだった退職金が貰えないだとか、給料の未払いが発生するだとか、色々とあります。

また、有給休暇も残ったものが当然使えるわけもありません。

退職するなら倒産時よりも倒産前のほうが何かとスムーズに退職することができます。

倒産前の転職は自分を守ること。裏切りでもなんでもない。

もしかしたら潰れるかもしれない、ちょっと会社が危なそう。そんな情報を手に入れた時にあ、まず自分のことを考えるようにしてください。

そんな時期に転職するなんて裏切り行為だなんてことは全くありません。会社と一緒に共倒れすることが一番避けなくてはいけない行為です。

確かに、それまで育ててくれた、これまでお世話になったという会社から離れるというのは悲しくもあり、申し訳なくもあるかもしれません。

ただ、それよりも何より自分の生活、自分の人生を一番に考えなくてはなりません。

とにもかくにも、危うさを察知したなら転職活動を始めてみましょう。まずは求人情報を調べてみるだけでもいいです。そうすることで色々とわかることもあるし、精神的な安心にもつながります。

転職活動の第一歩

いざ転職活動を始めようと思ったけど何から始めていいかわからない。そんな時にはとりあえず転職サイトと転職エージェントに登録するところから始めてみましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

転職エージェントは、これまでの実績などからその人の学歴も考慮した上で、学歴フィルターがあって全く受からない会社を省いてくれます。

さらに、キャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれる為、内定の確率が格段にあがります。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職での業界研究、企業研究の必要性、やり方とは

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない



このページの先頭へ