「入社したばっかりだけど、会社に行きたくない…。」

ほとんどの新卒社員はそういった悩みを抱えているのですが、「行きたくないから会社を休む」という選択が出来ている方は非常に少ないです。

ただそんな気持ちで毎日を過ごしていると、かなりストレスが溜まってしまいますよね。

そこで今回は、会社に行きたくないと感じるよくある原因や対処法を紹介します。

今の状況を改善させ、仕事に前向きに取り組みたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

新卒が会社に行きたくないと感じるよくある理由

ここでは、新卒なのに会社に行きたくないと感じる理由としてよくあるものを紹介します。

原因が分かれば解決策も見えてきますので、「自分に当てはまるものがないか」をチェックしながら読んでみてくださいね。

1.職場の雰囲気に馴染めず、居場所がないから

職場の雰囲気に馴染めず、居場所がないと感じている新入社員は少なくありません。

初めから出来上がっている人間関係のなかに入っていくのは、とても大変なことですからね。どれだけ馴染むための努力をしても、なかなか上手くいかないことも多いです。

また居場所がないと感じる中で長時間過ごすことは、苦痛以外のなにものでもありません。ですので、これが原因で会社に行きたくないと感じてしまう方は珍しくありません。。

2.仕事を与えてもらえないから

新入社員にとって一番辛いのが、仕事を与えてもらえずに放置されてしまうことです。

周りが忙しく働いている中で、自分だけ何もできずにぼーっとしている。

そんな状況では「自分はこの会社に必要とされていないんじゃないか」と考え、「会社に行きたくない」と感じてしまっても仕方ありません。

3.朝が辛いから

単純に朝起きるのが辛いから会社に行きたくないという方も少なくありません。

大学時代に乱れてしまった生活リズムを正すのは、そう簡単に出来ることではありませんからね。

前日どれだけ疲れていても朝6~7時には起きて会社に行く。これが習慣化されるまでは辛いですよね。

4.自由な時間が少ないから

学生時代には充分にあった自由に使える時間が少ないことにストレスを感じている方も多いです。

平日は、あたりまえのように朝早くから夜遅くまで仕事。家に帰る頃には疲れ果てているので、ご飯を食べて寝るだけ。数少ない休日も、平日に溜まった疲れのせいで寝ていたら終わってしまう…。

このような生活であれば、毎日の仕事を苦痛に感じてしまっても仕方ありません。

5.上司に怒られるのが怖いから

上司に怒られるのが怖いという理由で、会社に行きたくないと感じる方もいます。

誰だって怒られるのは怖くて嫌なことなので、無理もありません。

特に新入社員は怒られる対象になりやすいので、毎日のように怒られていて辛いという方も少なくないでしょう。毎日怒られていたら、辛すぎて行きたくなくなるのは当たり前です。

それでも我慢して会社に行き続けても体を壊してしまうだけですので、無理をしないでくださいね。

6.自分に合わない仕事をさせられているから

自分が希望した部署に配属されなかったり、人手不足で慣れない仕事を振られたりして、今の仕事が自分に合っていないと感じている方は、仕事に対してネガティブな感情を抱いてしまいがちです。

例えば、人見知りな性格で人と話すのが苦手なのに営業の仕事を振られてしまったら、毎日苦手なことなことに取り組むことになります。数字を出さなければならないプレッシャーを感じながら、苦手なコミュニケーションも取り続けなければならない日々なんて、苦痛に決まってますよね。

自分に合っていない仕事へのモチベーションはなかなか上がりにくいですし、会社に行くことが憂鬱に感じてしまいます。

7.仕事自体が怖いから

仕事をする上での責任や上司の存在、様々な人とのやり取りでミスをしないかなどを気にしすぎるあまり、仕事自体が怖いと感じてしまう方もいます。

これは、入社してすぐであれば仕方のないことであり、慣れていくなかで解消されていくと見込まれるので、それほど心配する必要はありません。しかし、半年~1年が経過しても変わらない場合は、慣れていない以外の原因で恐怖心を抱いている可能性が高いです。

会社に行きたくない新卒に知っておいてほしい4つのこと

「会社に行きたくない」と感じている新卒は多いのですが、本当に休める人はごくわずか。ほとんどの人は「そうはいっても行くしかない」と会社に向かっています。

もちろん行きたくないという気持ちになる度に休むわけにはいきませんからね。

しかし、無理をしてあまりにストレスを溜めこみすぎてしまうと、いつか限界を迎えてしまいます。そしてそこに待っているのは、決して幸せな未来ではありません

だからこそ、会社に行きたくないと感じている新卒社員は、以下のことを知っておきましょう。

1.行きたくないと思っているのはあなただけではない

会社に行きたくないと思っているのは、決してあなただけではありません

新卒一年目は、仕事に慣れていないだけでなく社会人生活そのものに慣れていないので、特に仕事を憂鬱に感じやすい時期です。そのため、一見仕事に意欲的に取り組んでいるように見える同期も、案外そうでもないことが多いので安心してください。

また、仮に今「仕事が楽しい!」と思っていても、身体的・精神的に負担が積み重なっていくことも珍しくありません。ですので、「自分だけが上手くいっていないんだ」、「行きたくないなんてただの甘えだ」などと思い、自分で自分を追い込むようなことはしないでくださいね。

2.時間が解決してくれる悩みも多い

現時点で会社に行きたくないと思う原因も、時間が経てば解決することが多いです。

ある程度の時間が経てば、居心地が悪かった職場にも自然と馴染めてきますし、段々と任せてもらえる仕事も増えていくでしょう。毎朝の早起きもいつの間にか習慣化され、苦痛に思わなくなります。

新卒の頃に抱えていた悩みは、振り返ってみると「なんであんなことで悩んでいたんだろう」と思うことが多いのです。

しかし、そうはいっても時間では解決されない悩みがあるのも事実です。

例えば、あなたの悩みが「残業が多すぎて自分の時間がないこと」である場合、あなたが何か行動を起こして残業を少なくない限り解決しませんよね。これはこの悩みに限ったことではなく、「仕事内容に給料が見合っていない」、「有休が取れない」など労働条件に抱えている悩みであれば同様です。

そこであなたには、今自分が抱える悩みはどちらなのかを改めて考えることをお勧めします。

もう少しの辛抱で楽になるのか、ならないのか。それが分かるだけで仕事に対する気持ちは変わりますし、仮に時間で解決されない悩みだと分かれば、何かしらの行動を起こすきっかけになるでしょう。

3.社会人は「やりたくない仕事」をすることも多い

描いていた「理想の社会人像」と「今の自分」とのギャップに苦しんでいる方も多いでしょう。それが大きなストレスとなり、会社に行きたくないと感じている方も少なくないと思います。

特に新人のうちは、雑用に近い業務を任されることがほとんどなので「自分はこの会社で一体何をしているのだろう…。」と考えてしまう時もありますよね。

しかしここで覚えておいてほしいことがあります。それは、社会人は「やりたくない仕事」をすることも多いということです。

自分の好きな業界、入りたかった会社に入社できたからといって、やりたい仕事ばかりできるわけではありません。実際は、雑用や事務的な仕事だって担当します。

しかし、それも大切な仕事の一つです。一つ一つの仕事を完璧にこなし、仲間からの信頼を勝ち取ることで、大きな仕事を任せてもらえるようになるのです。

この先もずっとやりたい仕事が全くできない、あるいはできそうもない会社であれば、転職を検討すべきですが、もしそうでないならすぐに転職をせずに様子を見ることも大切です。

4.新卒社員でも会社を辞めて転職して良い

「転職は、とりあえず3年働いてから。」

そんな言葉に苦しめられていませんか。

たしかに転職は安易に決断すべきものではありません。しかし、転職をしたくなるほど会社に行くのが辛いなら、期間なんて気にせずに辞めて良いのです。

実際、入社3年以内の第二新卒の需要は年々高まっており、入社してすぐに転職を決める人も増えています。「忍耐力がないのではないか」「飽きっぽいのではないか」といった懸念を持たれることもありますが、企業選びを慎重に行えば、やりがいをもって働けるようになったり、残業が少なくなったりといったメリットが多いのも確かなので、あまり悲観的に思わないでくださいね。

その後の人生の方が長いのですから、「転職=悪」というイメージを払拭し、自分が本当に幸せになれる選択をしていきましょう。

仕事に行きたくない時に試してほしい5つの対処法

「どうしても仕事に行きたくない…。」

そんな日に試してほしい対処法を5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.思い切って休んでみる

どうしようもなく仕事に行きたくないときは、思い切って休んでしまいましょう。

入社したばかりだからといって、無理して出勤する必要は全くありません。きちんと連絡を入れた上での欠勤は、何のマイナスにもならないので安心してくださいね。

そもそもずっと休まずに働き続けられる人なんていませんし、たまには仕事から離れてしっかりと休むことも大切です。有給休暇制度はそのためにあるわけですから、積極的に活用していきましょう。

ちなみに、休む理由は「体調不良」など適当なもので大丈夫です。

2.仕事後わりに楽しみをつくる

単調でつまらない日々に飽きてしまい、仕事に行きたくないと感じているのであれば、仕事終わりに楽しみを作ってみることもおすすめです。

「 1日頑張れば、夜には楽しみが待っている!」

そう思えることで仕事へのモチベーションは自然と高まりますので、自分がワクワクできるような予定(例えば友達との飲み会や遊び、ショッピング、エステ、アニメ鑑賞など)を積極的に入れてみましょう。

また次の日が休みであれば、1~2泊程度のプチ旅行に行くこともおすすめです。 仕事をしっかり頑張った分、たまのお休みは思いっきり楽しんでリフレッシュしましょう。

3.誰かに悩みを話してみる

会社に行きたくない気持ちを誰かに話してみることは非常に大切です。

たとえそれが直接解決に繋がらなかったとしても、話すだけで気分はスッキリしますし、同じような悩みを抱える仲間が多くいることに気付ければ、気持ちもずいぶん楽になります。

仕事に対して憂鬱な思いを抱えているのは、決してあなただけではありませんので、ぜひ積極的に相談してみてくださいね。

また自分の頭の中だけでぐるぐる考えていたことを言葉にする中で、問題を客観的に把握でき、良い解決策が浮かぶことも多いです。

家族や友人など信頼できる人に素直な気持ちを打ち明けて、心を軽くさせましょう。

4.会社に行きたくない原因ときちんと向き合う

会社に行きたくない原因と真正面から向き合ってみることも大切です。きちんと原因を分析できれば、解決策も浮かびやすくなりますからね。

しかし、いきなり「原因を分析しろ」と言われても難しいと思いますので、まずはこの質問に答えてみましょう。

あなたが会社に行きたくない原因は、次の3つのうちどれに当てはまりますか?

1.あなたの個人的な努力や周囲の協力によって、解決できる。

例)通勤時間が長い、残業が多すぎる、ある特定の上司が怖い

2.時間が経過すれば、自然と無くなりそう。

例)仕事一つ一つに緊張する、職場の雰囲気に馴染めない、任された仕事にプレッシャーを感じる

3. 今後一切改善の見込みがない。

例)サービス残業や給与未払いが横行している

あなたの悩みは1~3のどれに当てはまりましたか。

もし1の個人の力や周囲の協力によって解決できるに当てはまった場合、部署移動や出社時間の変更を申し出るなど解決に向けて積極的に動くことをおすすめします。あなたの努力で状況が大きく改善される可能性が高いので、少し頑張ってみると良いでしょう。

2の時間の経過によって解決できるに当てはまった場合も、身体的症状や精神的症状が出ていなければ社会人として成長できるチャンスと捉えて壁を乗り越えてみることをおすすめします。「もう少し頑張れば、必ず解決する。」といった前向きな気持ちをもって取り組めば、きっと大丈夫です。

ただ、もちろんどちらも無理のない程度で大丈夫ですよ。限界を感じる前に逃げることも忘れないでくださいね。

また3の解決の見込みがないに当てはまった場合は、症状悪化の恐れがあるので転職することがおすすめです。とはいっても、転職はすぐにできるものではありませんので、有休消化などで一旦休息を取ってから行動すると良いでしょう。

5.どうしても仕事や社風が合わないなら転職も検討する

労働条件に問題があったり、仕事内容や社風がどうしても自分に合わなかったりする場合は、転職を検討しましょう。

ブラック企業の上司は「ここで耐えられないなら、どこに行っても通用しないよ。」などと言いがちですが、それはただあなたを転職させたくないだけですので気にしなくて大丈夫です。

合わない職場を退職し、他社で水を得た魚のように楽しく働いている人は沢山います。世の中はあなたが思っている以上に広いし、多様性に満ちていますので、「この会社しか自分の居場所はない」と思いこまないようにしてくださいね。

会社に行きたくない時にやってはいけない3つのNG行動

1.無断で会社を休む

朝起きて「どうしようもなく会社に行きたくない」と感じてしまうこともありますよね。そんな日は会社に連絡をいれるのも面倒に感じてしまうと思います。

しかし、会社や上司に連絡を入れずに会社を休むのはやめましょう。

一度でも無断欠勤をしてしまうと懲戒処分の対象にされる可能性がありますし、次に出勤する際に肩身が狭くなってしまいます。

会社を休む行為自体は決して悪いことではありませんので、精神的に弱っている時は休みをとって良いのですが、会社や上司に連絡を入れてから」ということを忘れないでくださいね。

2.思い立ったまま退職する

退職するのは労働者の自由であり権利ですので、退職すること自体が悪いわけではありません

しかし、思い立ったままに即日で会社を辞めるのは避けましょう

勤務先の規則や状況によっては、最低限の引継ぎなしに辞めると損害賠償を請求される可能性があります。今すぐにでも辞めたい職場に高いお金を払うなんてもったいないですし、ここでのトラブルは後の転職活動にも響いてきますので、ここは一歩踏みとどまってくださいね。

また、退職する際にきちんとした手続きをしないと、退職金を受け取れなかったり、失業保険が適用されなかったりと何かと損することが多いので気を付けましょう。

3.現状維持でただただ我慢する

仕事に行きたくない気持ちがとても強く、眠れないなどの身体的症状も出ている場合は、休息を長めに取ったり、転職をして労働環境を変えたりと、とにかく自分を守るために行動することが大切です。

「仕事に行きたくないけど、もう少しだけ我慢してみよう。」「気持ちを押し殺して働き続ければいいや。」と現状維持でただただ我慢していても何も解決しません

また辛い気持ちを我慢し続けると、うつ病になる可能性もあります。

我慢することも時には必要ですが、自分自身を大切にすることを第一に考えましょう。

限界まで自分を追い込まないように

「ちょっとしんどいけどもう少し頑張ってみようかな。」「もう限界だから転職しよう。」

あなたの気持ちは今どちらに近いでしょうか。

もちろんどちらが正解ということはありませんので、安心してくださいね。頑張りたい方は頑張ればいいし、転職したい方は転職すればいいのです。

ただ、ひとつ忘れないでほしいのは、限界を超えてまで頑張り続ける必要はないということです。無理をしても身体を壊すだけですので、自分に出来る範囲で頑張るようにしてくださいね。

また、もし今の仕事に限界を感じているならば、無理をせずに転職しましょう

転職は決して「逃げ」ではありません。最近は転職支援サービスも充実しており、入社して1年未満であっても転職しやすい環境が整っていますので、ぜひ検討してみてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス



【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)