40歳で月収が手取り25万円しかない。この少ない給料なら転職すべき?

何かとお金のかかる40歳。手取り25万円程度だと給料が少なすぎて生活が厳しいと感じている人は多いのではないのでしょうか。

実際、40代の人の転職理由も「給料が少なくアップさせるため」というのが常に上位になっています。

ただ、40代ともなればそう簡単に転職に踏み切れませんよね。

給料が上がると確約されているわけではありませんし。

そこで今回は40歳で手取り25万円はどういった位置づけにあるのか、そして転職すべきなのかどうかについて紹介していきます。

 

ミドル層の方におすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が格段に高くなります。
ミドル層は経験が豊富なため、企業にとっても即戦力となる非常に魅力的な人材です。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、あなたの経験や実績を活かせるベストな企業に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
転職者の6割以上が年収UP

公式

doda X
ハイクラス向け転職サービス
・年収800万円以上の求人多数
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

40歳で手取り25万円は少ない?

40歳で月収が手取り25万円は少ない?

ではまず40歳で手取り25万円はどの程度なのかについて見て行きましょう。

40歳の平均手取り額

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、40代前半の平均年収は470万円となっています。

ボーナスを3ヶ月分と過程した場合だと月収の総支給額は30万7千円程度です。

そこから健康保険料などの社会保険料や所得税等の税金が引かれ、手取り月収は25万円程度(※控除額は前年度の年収や家族構成によるので手取り額は推定です)となります。

ただ、この数値はパート等の非正規社員も含まれた数値なので、続いては厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」を男女別に見ていきましょう。

これによると、40代前半男性の賃金は36万円、女性は26万8千円となっており、手取りでは男性が30万円、女性が23万円程度になります。

  男性 女性
40~44歳 36万円 26万8千円
45~49歳 39万円 27万1千円

40歳で手取り25万円はどれくらい?

これらの結果を見ると、まず男性で正社員として働いている場合だと、手取り25万円は平均よりも5万円~6万円程度少ないとわかります。

また、女性の場合だとパート等短時間勤務の人の割合がかなり高いので、一見すると平均以上のように見えますが、正社員として限定した場合だと決して恵まれているとは言えません。

ちなみに厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、40代前半男性の賃金分布は以下の通りになっています。

賃金構造基本統計調査を基に作成したもの

手取りが25万円の場合平均より5万円程度低くなるため、年収は40代の平均値より60万円~72万円程度低くなります。

手取り25万円だと年収は400万円~500万円、中にはボーナスゼロで年収が400万円を切るという人もいるでしょう。

生活を考えると正直厳しい

もし家庭を持っているとなるば、この年収での生活は正直厳しいですよね。

数値で見れば最頻値を上回っているものの、ボーナスが多くて年収が男性の平均563万円どころか600万円を超える人だっていますからね。

子供の学費に親の介護、何かとお金がかかるので結婚している人だと共働きをしている人も多いはずです。

40歳で転職することの実情

40歳で転職することの実情

転職は、年齢が上がるにつれて難しくなります。

特に40歳になると応募できる求人がガクッと減り、希望する仕事を探すだけでも一苦労です。

しかし、40歳は社会人経験が豊富で実績も積んているため、即戦力として求める企業もあります。

今までの経験や実績をアピールできれば、転職は十分に可能です。

正当な評価をしてくれる会社に出会えるなら、長期的に見て転職可能かどうか判断した方が良いでしょう。

やみくもに動くのではなくまずは40歳の適切な転職活動の進め方をしっかりと理解してください。

40歳で転職する際に押さえるべきポイント

40歳で転職する際に押さえるべきポイント

続いては、40歳の転職で押さえるべきポイントについて解説します。

自分のスキルや経験を活かせる転職先になるべく絞る

40歳以降の転職は、ポテンシャル採用ではなく専門職採用になります。

そのため、転職先は「自分のスキルや経験を活かせるようなところ」に応募しましょう。

自分のスキルが存分に生かせるところであれば年収アップの期待値は高まります。

年収の交渉についてはしっかり行う

年収の交渉はしっかりと行いましょう。

なぜなら年収の交渉を行わなかったばかりに、交渉して入った人に比べて年収が少なくなるためです。

交渉の有無で年収が100万円近く差が出る場合もあります。

言いにくい話であっても年収の交渉はしっかりと行うようにしましょう。

なるべくリスクは抑える

40代は20代に比べれば転職が上手くいく可能性は低いのが現実です。

だからこそ、転職活動はできる限りリスクを抑えて行う必要があります。

リスクを抑えた転職活動の基本は「在職中に行い転職先が決まってから仕事を辞める」ことです。

そうすれば、仕事が見つからない間貯金を切り崩しながら生活するような心配がなくなります。

40歳で転職するなら転職エージェントを利用するべき

40歳で転職するなら転職エージェントを利用するべき

40歳で転職する場合は、自分一人で進めるより誰かにサポートしてもらった方が良いでしょう。

そこでおすすめなのが転職エージェントです。

プロであるエージェントと一緒に進められるため、希望に沿った求人に出会える確率は格段に高まるうえに様々なサポートを受けられます。

では、どのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

自分の希望にマッチした求人を紹介してくれる

転職エージェントでは、企業の内情を把握しているため本当に正当な評価をしてくれる企業を紹介してくれます。

また、あなたの経験や実績を活かせる企業を探し出してくれるのです。

自分だけでは、どの企業が今までの経験やスキルを活かせるのか分かりませんが、転職エージェントなら難なく最適な企業を見つけられます。

書類の添削や面接対策によって成功率は格段に上がる

転職エージェントでは、履歴書・ESの添削や面接対策を実施してくれます。

客観的な視点から書類の添削や面接の対策を受けられるため、自分一人気付けなかったアピールポイントなどが見つかります。

また、企業の特徴や内部情報も把握しているので、各企業に合わせた履歴書の作成や面接対策を実施してくれるのも魅力の一つです。

給与交渉も行ってくれる

給与交渉をしたくても、「マイナスのイメージが付きそうだから不安」という方は多いでしょう。

しかし、転職エージェントならあなたに代わって企業と給与の交渉を行ってくれます。

もちろん交渉経験も豊富なので、満足のいく条件に落とし込める可能性は非常に高くなっています。

ちなみに、これだけのサポートがありながら利用料金は完全無料です。

40歳の転職は進め方が勝敗のカギとなっているので、ぜひ成功率をアップさせるためにも転職エージェントを利用してみてください。