40歳の色々、平均年収、貯金、結婚、趣味など。

40歳代といえば、子供がいればまあまあ大きくなって、子育てから若干解放されるという人も多い年齢です。

しかし、徐々に学費などが頭をよぎってきて、もっと貯金しなきゃという考えを持つ人も多いでしょう。

仕事では、それなりの役職につき、責任のある仕事をするようになるけど、上からのプレッシャーも辛くなってくる頃。

上と下に挟まれる立場に、ストレスが溜まってしまっているなんて人も多いのではないでしょうか。

そんな40歳代ですが、年収や結婚事情はどうなっているのでしょうか。

今回は40歳代の平均年収や平均貯金額、結婚や趣味を紹介していきます。

関連記事:40代のハイクラス転職を成功させる為のコツとは?このまま定年なんてもったいない!

関連記事:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連記事:年収700万円の割合、手取りや生活の実態。700万円あれば贅沢できる?

40歳代の平均年収や年収分布、就業率など

まずは、40歳代の年収の状況について紹介していきましょう。

40歳代の平均年収

平成27年度の平均年収が発表されました。

国税庁「民間給与実態統計調査」(平成28年度)によると、

40代前半(40歳~44歳)の平均年収は、460万円となっています。

ちなみに男女別では、

  • 男性:563万円
  • 女性:302万円

40代後半(45歳~49)歳では、494万円。

男女別では

  • 男性:633万円
  • 女性:299万円

となっています。

男性は、40代後半で、年収が大幅に増えます。40歳代になると役職につきだすことで年収もあがっていくということでしょう。

一方で女性は、30歳から比べても若干減ってきています。30歳ではフルタイムで働いていたものの、子育て等でパートタイマー等は増えていった為であると考えられます。

ちなみに18年前の平均年収は

  • 40代前半(40歳~44歳)男性:645万円
  • 40代後半(45歳~49歳)男性:695万円

大幅に減ってしまっていることがわかります。

昨年度に比べると40歳代の平均年収は増えています。

平成9年度から下がり続けていた全年齢含めた平均年収はここ2年でようやく上昇に転じました。

しかし、実際には生活は豊かになっていないと感じる人は多いのではないでしょう。

ちなみに参考までに、1年前の平均年収も紹介しておくと、以下の通りとなっています。

40代前半(40歳~44歳)の平均年収は、461万円となっています。

ちなみに男女別では、

  • 男性:567万円
  • 女性:294万円

40代後半(35歳~39)歳では、486万円。

男女別では

  • 男性:626万円
  • 女性:292万円

となっています。

40歳代の年収分布

では年収の分布はどんな感じなのでしょう。

転職サイトdodaの調査結果によると、

  • 300万円未満:8.2%
  • 300~400万円未満:15.9%
  • 400~500万円未満:19%
  • 500~600万円未満:16.1%
  • 600~700万円未満:13.2%
  • 700~800万円未満:9.5%
  • 800~900万円未満:6.8%
  • 900~1000万円未満:4%
  • 1000万円以上:7.3%

となっています。

ただし、この調査対象は、転職サービスの登録した正社員の男女のみであるため、国税局に比べて平均は高めとなってます。

それでも、最も多いのは400~500万円です。正直、厳しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

40歳代の転職事情

転職35歳限界説なんて言葉がひと昔前はありましたが、最近はそんなこともなくなりました。

年々転職成功者の年齢は上昇しており、スキルのある40代は転職市場でも価値が高く貴重な人材として注目されています。

もしまだ年収をアップさせたい、違う場所でチャレンジしたいという場合には転職活動してみるのも大いにありだと思います。

実際に転職して年収アップできた人も少なくありませんからね。

今はかなりの売り手市場、転職はしやすい状況にありますから、転職を考えている人はまずは転職支援サービスに登録してみましょう。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. JACリクルートメント
  3. マイナビエージェント
  4. ミイダス

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

JACリクルートメント

対象の年代20代~50代
どんな人に向いている?・キャリアアップ・年収UPを実現したい方
・自分のキャリアを生かして転職を行いたい方
・求人紹介や書類添削、面接対策など転職のサポートをしっかりと受けたい方
・利用者の満足度の高いエージェントを利用したい方

リクルートエージェントやマイナビエージェントは属性や年齢を問わずに利用しやすい転職エージェントですが、JACリクルートメントはどちらかといえば社会人経験があり、自分のキャリアを生かして転職したい方におすすめの転職エージェントです。

年収600万円以上の好待遇の求人を多く取り扱っており、JACリクルートメントを利用することで年収UPを実現できる可能性が高まります。

また、利用者の約92%の方がサポートや転職活動の結果に満足したと回答しており、JACリクルートメントでの転職活動の質の高さがうかがえますね。

エージェントからは求人の紹介から内定獲得後の入社日や年収の交渉まで、最初から最後まで一貫してサポート・作業代行を行ってもらうことができます。

自力で転職活動を行うよりも、JACリクルートメントを利用することで内定率の向上と手間の削減を実現することができるので、キャリアアップや年収UPを目指している方はぜひ登録してみましょう。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

40歳代の就業率

上記はあくまで、民間で働いている人の統計となっています。

会社経営者や個人事業主、公務員などは含まれていません。

では、そういった人も含めて、40歳ではどの程度の割合の人が働いているのでしょうか。

総務省:労働力調査によれば、

男性の就業率は93.1%、女性の就業率は70.4%

n4102030

男性は30代に比べると、約3%程度落ちています。早期退職の人がいたり、身体を壊してしまったり。色々な要因があります。

また、女性は30代に比べると高くなっています。子育てが落ち着き、再度働き出す人が増えるのだと思います。

40歳代の平均貯金額

40歳の平均貯蓄額っていくらでしょうか。

総務省:家計調査によると

40代の平均は単身世帯が1,153万円。

2人以上の世帯で962万円。

この数値は高いと感じる人が多いのではないでしょうか

それもそのはず。40代ともなると、数千万、下手したら億というすごい額を貯めている人もちらほらいます。

そういう人たちが平均額を引き上げているのです。

ちなみに、中央値は単身世帯で600万円、2人以上の世帯で640万円です。

こちらの数値のほうが、しっくりくる人が多いのではないでしょうか。

40代にもなると、老後のことを考えてある程度貯金をしていくという意識を持つことは必要です。固定費を見直すなど、少しでも貯金ができるような体制を整えていきましょう。

40歳代の結婚、独身の割合

総務省統計局の国勢調査(2010年)によれば、

結婚している人の割合は、40歳~44歳で、

  • 男性:66.4%
  • 女性:73.2%

独身の人の割合は

  • 男性:28.6%
  • 女性:17.4%

という結果になっています。

男性の1/3が独身、女性の1/4が独身なんですね。

ちなみに、男性はこの年齢以降も徐々に結婚している人の割合は増えて行きますが、

女性はあまり増加しないといった、男女の違いもあります。

40歳代の趣味

次に40歳代の趣味について紹介していきます。

趣味探し.comによれば40代の趣味ランキングは、

1位・・・在宅ワーク

2位・・・一人旅

3位・・・バイク

4位・・・神社・仏閣巡り

5位・・・自転車

6位・・・アーチェリー

7位・・・射撃

8位・・・株

9位・・・登山

少し意外な結果ですかね。

私の周りで多いのは、

  • 自動車いじり
  • 釣り
  • ゴルフ

といったところです。特にゴルフをやっている人はまだまだ多いように感じます。

40代をどう過ごすか

40代の人を見てると、かなり2極化しているように感じます。

生き生き仕事をしている人。完全にやる気を失っている人。

ただ、諦めるのはまだ早い年齢ですから、色々と動いて楽しく過ごせるようにしたいものですね。

関連:年収別の手取り額一覧、節税方法、各国の税金。給料はこんなに減ってしまう!

関連:年収1000万の手取り、割合等。サラリーマンが年収1000万を得るには?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?