課長級の転職事情や転職成功に向けて注意すべきポイント、課長向けおすすめ転職サービスまとめ

課長など管理職の立場で転職するというのは、実は決して珍しくないこと。

特に昨今は課長級に対する需要が非常に高くなっており、実際に多くの人が転職に踏み切っています。

そこで今回は、現在の課長級の転職事情や成功に向けて注意すべきポイントなどを紹介していきます。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JACリクルートメント
・外資系、グローバル企業に強い
・年収600~2000万

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

課長級の転職事情、課長級の転職が今熱い!

現在はマネージャークラスの転職が活況

転職は若くないと無理、課長になってから転職なんて厳しい、管理職はその会社で長く勤めてきた人がやるもの。

これらの考え方は大きな間違いです。

確かに以前までは「若さ」が重視され35歳転職限界説なんていう言葉もあったし、管理職は生え抜きの人がやるものだという傾向がありました。

しかし今は違います。

労働人口減少に伴う人材不足、就職氷河期の採用抑制に伴うミドル層の不足、事業拡大、新規事業の立ち上げなどに伴う専門性が高くマネジメント経験のある層の需要の拡大といったことが理由となり、管理職は社内で育てるだけでは不足してしまっている為、課長級の転職需要が非常に伸びているのです。

もちろん簡単に転職できるわけではありません。

求人の絶対数自体は全体から見ると少ないし、求められる能力も高い為、20代で転職する場合に比べれば難しくはなってしまうでしょう。

ただ活況であることは間違いありませんし、実際課長級で転職を成功させる人も年々非常に増えているのです。

課長級の転職に関するデータ

enミドル転職が調査した結果によると、現役コンサルタントのうち85%の人が35歳以上の人材を対象とした求人が増えると答えています。

そしてその中で特に増えるだろうと思われる役職は以下の通りになっています。

  1. 課長級・・・70%
  2. 部長・次長級・・・43%
  3. 主任・係長級・・・40%
  4. 役職なしのスペシャリスト・・・36%
  5. 本部長・事業部長級・・・16%
  6. 顧問・・・10%
  7. 経営者・役員・・・5%

課長級が圧倒的な1位となっています。

課長級に関してはすでにかなり需要が高い状態です。しかし現役コンサルタントは、今後もそれがさらに増えていくことと予想しているのです。

このデータからもわかるように課長は転職できないというのが間違いだというのがわかりますよね。

転職時の年齢は関係ある?

課長と言っても年齢はばらばらですよね。30代前半で課長に昇格した人もいれば、40代で課長している人もいるでしょう。

ただ課長級が転職する場合だと、この年齢はそれほど気にするようなことではありません。

課長級の募集と言っても、会社によって求める人材は異なります。

マネジメント経験は少しでいいから実務もこなせる若いプレイヤーもできる人材が欲しいという会社なら30代を欲しがるでしょう。

マネジメント経験が豊富ですぐに管理する側で活躍できる人材が欲しいというなら40代で課長歴の長い人を欲しがるでしょう。

重要なのは企業が求めている人材と一致すること。それができれば30代と若い課長でも40代の課長でも転職することは十分に可能です。

課長級の転職で求められることや、転職後の仕事内容

では課長級には具体的にどういったことが求められるのでしょうか。

そして転職後はどういった仕事をすることになるでしょうか。

マネジメント能力に加え、高い専門性や実務能力

重視する度合いは変わっても、マネジメント能力は当然必要。

前職では課長としてどれだけ規模の人材をまとめてきたか、どのようにマネジメントしてきたか、実績として何を残してきたか、そういったことを求められます。

ただ課長級の転職場合はマネジメント能力だけではありません。

マネジメント能力に加え、業界なり職種なりに精通した高い専門性であったり、プレーヤーとしてできる実務能力を持った「プレイングマネージャー」であることが求められます。

単にマネジメントができればそれでよいとうわけではないのです。

即戦力として期待できる人材であること

課長級には即戦力であることが期待されています。当たり前ですがゆっくり時間をかけて育てていくなんてことを、この年代、この役職の人材に対して考えてはいません。

だからこそ、経験や実績、スキルや知識、さらには人間性についても厳しい条件で、できるだけ求めている人材と一致している人を探します。

転職者側としては、いかに自分が希望している条件を満たしていて、さらに企業が求めている人材に一致している求人を探さなくてはなりません。

転職後にすぐ管理職になるとは限らない

転職後の働き方についてですが、課長級がマネジメント経験を評価されて転職したとしても、すぐに管理職の立場でマネジメントしていくとは限りません。

転職後はまずは課長よりも一つ下の立場でプレーヤーとして1,2年働くといったケースが非常に多いです。

いくらマネージャー経験があっても、会社によってマネジメントのやり方も違えば、そもそも仕事のやり方、必要な知識も変わってくる。

さすがにそんな中でいきなり部下を抱えてマネージャーとしてやっていくのは難しく、まずはその会社でのやり方を身につける為、まずはそのような扱いとなるのです。

課長級が転職を成功させる為のポイント

ではここからはいくつか、課長級の人が転職を成功させるポイントについて紹介していきます。

管理職転職に適した転職サービスを使う

まず絶対に必要なのが、管理職転職に適している転職サービスを使うことです。

課長など管理職の求人は絶対数が少ない上、そのほとんどが非公開求人となっています。

※非公開求人:企業サイトや転職サイトで一般に公開されていない求人

役職が上になるほど、任せる業務は重要なものとなります。ライバル会社等に知られたくないことも当然含んでいます。それ故、求人の募集は非公開にされ、必要ある人にしか見れず、応募もできないようになっているのです。

その為、管理職向け転職サービスを使わないと、そもそも応募することにすらたどり着けません。

アピールすべき内容を見誤らない

何をアピールできるのかのか、そして何をアピールすべきなのかはしっかり考えなくてはいけません。

課長としてマネジメントを重視しているのにプレーヤーとしての実績ばかりアピールしても高い評価は得られません。

一方でマネジメントよりもプレーヤーとしての実務能力を求めている会社に対して、マネージャーとしての実績ばかりをアピールしても高い評価は得られません。

求人について待遇や仕事内容をしっかり確認する

求人について、待遇や仕事内容はしっかり確認するようにしましょう。

中には課長とは言ってもたいして高くない給料で、仕事内容も管理職としての仕事なし。立場が管理職でいくら残業しても残業代が出ずこき使われる。そんないわゆる名ばかり管理職であることも少なくありません。

管理職の募集だから、課長の募集だからと安易に考えず、しっかりその会社についても調べるようにしましょう。

管理職・マネージャー層におすすめの転職サービス

「自分には実績や経験があるからスムーズに転職ができるはず」そう思っていても実際にうまくいくかはわかりません。

転職をするのであれば、ただ転職をするのではなく役職のステップアップや年収アップも視野に入れて進める方が多いと思うので、これらの成功率を上げるためにも適切な転職サービスを使うことをおすすめします。

ここでいう適切な転職サービスとは、いわゆる転職エージェントと呼ばれるサービスです。

通常の転職サイトでは自分ひとりだけで進める必要がありますが、転職エージェントはサポートをしてくれる方がつくので効率的に転職活動を進めることが可能です。

年収アップや入社日の交渉など、精神的にも不安が発生する部分もエージェントの方が担ってくれるため、交渉事が苦手な方にも向いています。

企業の登録数が多い大手サイトから年収アップが積極的に狙えるハイキャリア向けなど様々あるので、自分のやり方や今後のビジョンに合致している転職エージェントを選んでみましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【キャリア・年収アップ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

その他にも営業職や企画系の求人にも強く、今後のキャリアアップや年収アップを目指す方におすすめです。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

【ハイクラス転職の定番】JACリクルートメント


  転職サイト|転職エージェント 

エージェントが外国人またはバイリンガルという徹底ぶりで、外資・グローバル企業の転職に強いサービス

ミドル世代やハイクラスの求人を希望している方におすすめです。

通常エージェントと求職者は1対1ですが、JACでは1人の求職者に複数人のコンサルタントがついて最適な人材を提供してくれます。

◎オンラインでのweb面談実施中(お申し込みはこちら)