40代で営業から転職は可能なのか? 失敗したと後悔しないためにチェックしておきたいこと営業職で働く方の中には、この仕事を辞めたいと思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

辞める理由には、待遇面や異業種への興味などさまざまありますが、40代という年齢でも営業から転職することはできるのでしょうか。

今40代の方が新卒だった平成の初期は、終身雇用が減少傾向でもまだ1ヶ所の企業に勤める生え抜き社員が存在していました。

それから20年以上が経過し社会人の多くが転職を考える昨今、転職することが珍しくない時代へと変化しつつあります。

その流れをチャンスと捉え、40代営業からの転職を決意したなら退職前の準備が大切です。

ここでは後々失敗したと後悔しない為に、転職を成功させる秘訣を解説していきます。

ミドル層の方におすすめの転職サービス

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの2サービス公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda X
【ハイクラス向け転職サービス】
・年収800万円以上の求人多数
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ

公式

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が格段に高くなります。
ミドル層は経験が豊富なため、企業にとっても即戦力となる非常に魅力的な人材です。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、あなたの経験や実績を活かせるベストな企業に出会えるでしょう。

40代営業マンが転職を決意! 退職前に考えるべきことを確認

40代営業マンが転職を決意! 退職前に考えるべきことを確認

40代で転職しようと思ったとき、まず始めに何から行動すれば良いのでしょうか。

まずは退職するべきと考えている方は、退職願を書く手を休めて1度なぜ転職したいのかを考えてみてください。

これまで十分に時間をかけて検討し、周囲の意見にも耳を傾けてきたつもりでも、自分の思いや考えだけで退職することを優先させていることもあります。

どんな退職理由なのか、複数ある場合は一つひとつ明確にすることで、自分の希望や不満を把握できるようになります。

併せて本当にこのタイミングで退職するのが良いのか、ほかの方法はないのかなど自分を振り返り周囲を見渡してみましょう。

なぜ転職したいのか理由や目的を明確にすれば次の仕事に活かせる! 目の前の不満に縛られずに考えよう

40代の営業マンが転職したいと思うとき、転職理由はほとんどがキャリアアップや自分の経験を活かしたいといった内容です。

ですが、転職を視野に入れて退職するなら、もっと具体的かつ掘り下げた理由があるのが現実的です。

退職理由の多くは、会社や仕事への不満が根底にあることがほとんどですが、不満に縛られて転職するのではなく、何をしたいかで考える方が次の仕事探しにもプラスに作用します。

主な退職理由

  • 仕事内容全般
  • 賃金などの待遇面
  • 企業の将来性への不安
  • 評価制度への疑問

退職理由はネガティブな思いが強く感じられますが、転職理由は下記のように具体的でポジティブなものが多くなります。

転職理由

  • 心身共に成長できるようなやりがいある仕事をしたい
  • 今よりも高収入(高待遇)が欲しい
  • 成長力のある企業で働きたい
  • 多面評価(360度評価)の企業で正当な評価をして欲しい

また、もう1つの退職理由として自分の経験を活かしたいという声がありますが、次の仕事も営業職を選ぶかどうかによって退職しなくても良い場合もあります。

次の仕事も営業職を選ぶ? 社内の異動では無理かどうか

自分の営業経験を活かせる企業に転職したい方は、次の仕事も営業職の方が活躍のチャンスが期待できます。

同業他社の仕事なら転職の成功率も高まり、即戦力として実力を発揮する機会もあるでしょう。

また、消費者向けの営業は自分に合わないと感じているけれど営業職を続けたい方の場合、法人向けの営業に転職することで悩みを解決しつつ営業経験を活かすことができます。

営業職は種類が豊富なので、次の仕事も営業職を選ぶなら多くの選択肢があるものの、異なる業界を選択するときはかなり事前のリサーチが重要になります。

営業の仕事は業界が違えば客層も全く違う

営業の仕事はさまざまな業界で常に求められ、業界をまたいだ転職の場合、営業スタイルや客層もガラリと変わることが珍しくありません。

例えば、これまで半導体や電子部品などの一般営業をしていた方が、通販の問い合わせ対応が中心の内勤営業に転職した場合、営業スタイルは外勤から内勤へ、セールスは電話をかけることに変化し、客層は企業から主婦など個人に変ります。

このように、前職と全く違う業界を選んだ場合は、自分の周囲がすべて入れ替わるような状態になり、これまでの営業経験があまり役に立たないこともあるのです。

そのため、次の仕事も営業職を選ぶなら同業他社ではなくても、あまり遠すぎない業界に転職することが理想的です。

別の職種への転職を考えるなら別の部署に異動という手もある

40代営業マンの中には、営業ではない未経験職種に転職したい方もいることでしょう。

営業職は自分に合わないと気付いた・他の未経験職種に興味があるという転職理由の場合は、無理に転職しないで異動を願い出ることも選択肢の1つです。

退職しないで別の部署に異動できれば、自分の評価を下げることを最小限に留めることができ、福利厚生なども現状のまま利用することができます。

他社に転職よりもリスクが少なく穏便に希望を叶えられるので、別の職種で働きたい方は人事部に異動について相談することをおすすめします。

家族がいる方は家族への相談とサポートが期待できるか把握する

40代の転職は、30代・20代の転職と比べてリスクが高く、必ずしも成功するとは限りません。

もしも、退職したあとすぐに転職先が見つからなければ、しばらくは収入が途絶えてしまうことになります。

家族がいる方は、しばらく収入が減っても生活できるか、転職先が決まるまで協力してもらえるかなど必ず相談するようにしましょう。

また、転職に伴う退職の前に、自分を振り返ることは家族と一緒に考えるのがおすすめポイントです。

自分1人だけで考えていると、客観的に物事を見れなくなったり、同じ思考がめぐったりして適切な判断ができなくなることもあります。

普段から最も近い場所で自分を見ている家族なら、きっと正しい決断へと導いてくれるでしょう。

自分の市場価値はどれくらいなのかを知ろう

自分の市場価値を知ることは、転職成功を左右すると言っても過言ではありません。

市場価値とは、自分がこれまで培ってきたスキルや技術がどれほどの需要があるか見極めるもので、企業が求めるスキルを持つ人材が少ないほど市場価値が高くなります

企業が求めるスキルや技術は日々スピーディーに変化し、どれほど柔軟に対応できるか対応力も重要です。

転職活動を始める前に、これまでの経験やスキル・仕事内容を振り返り、転職エージェントに相談してみましょう。

そして、下記の3つをしっかりと確認してください。

  • 自分のキャリアが転職市場ではどれほどの価値があるのか
  • 年収相場はどれくらいか
  • 同じくらいのキャリアの人がどんな仕事に付いているか

また、自分のキャリアを整理したあとに、SNSや転職サイトを使ってオファーを待ってみるのも市場価値を探る良い方法です。

自分の理想と市場価値の差が大きいときは、転職する前に自分のスキルを磨くことをおすすめします。

転職希望の40代営業マンが経験を活かせる仕事とは?

転職希望の40代営業マンが経験を活かせる仕事とは?

40代営業マンが営業経験を活かせる仕事には、どんな仕事があるでしょうか。

営業マンは、医師や弁護士などのように資格を持っていないことがほとんどです。

  • 話す力
  • 聞く力
  • 交渉力
  • データ分析
  • プレゼン力
  • チームをまとめる統率力・リーダーシップ(管理職を経験した方)
  • 管理能力(管理職を経験した方)

しかし、上記のように仕事を通じて人と接するのに十分なスキルを持っているため、これらを活かせる仕事について詳しく見ていきましょう。

販売

販売の仕事は営業職と似ている部分が多く、特に人と接するスキルが役立つ仕事です。

飲食店をはじめアパレルなどの仕事は、営業と同じく商品を販売します。

商品知識は必要になるものの、セールスで培った営業経験をフルに活かせる仕事としておすすめです。

40代なら、自動車関係や宝飾品類など高額商品の販売職も良いでしょう。

同業他社の営業

転職先として最も力を発揮できるのは、同業他社の営業です。

同業なら扱う商材に大きな差がなく、基本的な商品知識やこれまでの人脈なども応用することが可能です。

経験によっては即戦力として採用される可能性もあるでしょう。

マーケティング

マーケティングの仕事は、市場調査やデータ分析など営業職での経験が活かせる仕事です。

担当する業界に精通していることや、これまでの経験から独自の目線でデータ分析ができるとなれば、社内でも一目置かれる存在になります。

人と接するよりも、調査やデータ分析が得意という方にもおすすめです。

コンサルタント

コンサルタント業は、クライアントの課題を見つけてコスト削減や効率化などの提案をする仕事です。

営業経験を活かして起業する方や、コンサルタント会社に転職する方も多いです。

クライアントのニーズを把握して、提案や交渉などを行っていく仕事はなじみやすく営業経験をフル活用できます。

商品開発

商品開発は、顧客のニーズを把握して新しい商品の開発や既存商品の改善などを行う仕事です。

扱う商品によっては、試作を繰り返して製品やサービスを作り上げることもあります。

これらの業務は営業でも数多く経験するため、企業によっては即戦力として採用されることもあります。

購買・調達

商品や原材料の仕入れや、購買・調達をすることが主な仕事で、人とのつながりや交渉力が求められる仕事です。

長く営業をしてきた方ならすんなりなじみやすく、特に交渉術に長けている方に向いています。

広報

広報は会社の顔とも言うべきポジションで、自社の新商品や新サービスをアピールすることが主な仕事です。

場合によってはトラブル対応なども行い、営業の仕事に非常に近い感覚があります。

会社と顧客の間に立つという営業との共通点があるので、仕事内容を理解しやすいでしょう。

企画

企画は商品開発やサービス開発の手前にある新しいものをデザイン・企画する仕事です。

また、既存商品の改善なども行うので、営業経験が役立つ部分が多いです。

消費者の声から企画することもあり、ニーズにマッチするアイディアを出すシーンでも営業経験が活きるでしょう。

転職活動でアピールすべき営業での経験について

消費者の声から企画することもあり、ニーズにマッチするアイディアを出すシーンでも営業経験が活きるでしょう。  転職活動でアピールすべき営業での経験について

転職先を絞り込んで転職活動をスタートさせたなら、自分の営業経験はしっかりアピールしていきたいものです。

ですが、具体的にどんなことをアピールすれば良いのか、迷う方もいることでしょう。

営業の仕事ではある程度のコミュニケーションスキルが必要、高いコミュニケーションスキルがあると有利などと言いますが、具体的にはどんなアピールをすれば良いのでしょうか。

アピールのポイント

  • コミュニケーションスキルの高さ
  • これまでの成果
  • その他の能力やスキル
  • 自己研磨
  • 積極性や自発性

営業経験をアピールするならコミュニケーションスキルを前面に押し出してアピールすることがおすすめです。

とはいえ、私はコミュニケーションスキルが高いと伝えるのはNGで、具体的な過去の経験を織り交ぜてアピールすることが大切です。

例えば、取引実績がないお客さまとの間で社内で提示する商品金額とお客さまの提示金額に差があり、お客さまの方が安い単価を希望していたとしましょう。

この場合、お客さまに単価は弊社に合わせてもらう代わりに、商品をお客さまのニーズに合わせて無料カスタマイズする条件で交渉した結果、お客さまに付加価値を認めてもらえ、新規顧客の獲得につながった、などのアピールが理想的です。

加えて、無料カスタマイズの件では開発部に協力してもらえるよう粘り強く交渉を重ねて、納期を延長する代わりに無料カスタマイズを引き受けてもらうことができたなど、社内での実績も添えるとなお良いでしょう。

このようなアピールはコミュニケーションスキルの高さのほか、下記3つのスキルもアピールすると良いでしょう。

  • 金額交渉もできる交渉力
  • 社内の他部門と協調しながら業務を進められる
  • トラブル対応力

営業一筋の40代営業マンが未経験職種への転職は可能なのか

営業一筋の40代営業マンが未経験職種への転職は可能なのか

転職を希望する40代営業マンの中には、営業職以外の未経験職種への転職を希望する方もいます。

一見すると営業で培った経験はどの職種でも活かせる気がしますが、未経験職種への転職は可能なのでしょうか。

40代営業マンの場合、同職・同業界の方が転職に有利で転職成功率も高く、異業種や未経験職種への転職は難易度が高くなる傾向です。

安全で確実な転職を希望するなら未経験職種への転職は避ける方が無難です。

ただ、コミュニケーション能力が高く営業職で多くの経験がある方なら可能なケースもあるので、希望する職種や業界についてしっかりとリサーチすることをおすすめします。

40代の営業経験者が転職を成功させる3つの秘訣

40代の営業経験者が転職を成功させる3つの秘訣

40代の営業マンの転職は30代や20代に比べるとリスクが高いですが、どうしても転職を諦められない方もいることでしょう。

やりたい仕事がある方やなりたい自分を求めるなら、転職するのがベストなこともあります。

そんな40代で営業職から転職したい方のために、転職を成功させる3つの秘訣を紹介します。

転職エージェントは大手を活用! できれば2社以上に登録すること

40代の営業マンが転職を決意したなら、個人で求人に応募するよりも転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントにはキャリアアドバイザーがいて、1人ひとりの希望をヒアリングして希望に合う求人とのマッチングや、面接のアドバイスなどの転職サポートを受けられます。

利用する転職エージェントはできるだけ大手が良く、その中でも40代の転職に強いところを選びましょう。

また、転職エージェントには取り扱う職種や業界に偏りがあることも珍しくないので、できれば2社以上に登録するのがベターです。

自分と相性が良い担当者を探し意思疎通がしっかりできる担当と密なやり取りをする

転職エージェントでは、登録すると担当者が付くことが一般的です。

担当者といっても経験豊富なベテランから新人までさまざまな方がいて、対応に差があることもよくあります。

転職エージェントを利用する際は、意思疎通がしっかりできる自分と相性が良い担当者を選ぶことがポイントです。

相性が良くないと感じる担当者はどんどん替えてもらい、密なやり取りができる担当者と転職を乗り切りましょう。

登録する転職エージェント同士を競合させるのもあり! より良い条件で転職できる可能性もある

複数の転職エージェントに登録したなら、自分の希望条件をそれぞれの担当者に提示してどんな求人とマッチングさせるか比べてみてください。

転職エージェントごとに扱う求人は異なるので、うまく転職エージェント同士を競合させることができれば、より良い条件の求人とマッチングできる可能性があります。

40代営業マンがこれまでの経験を活かすためにも、できる限りの好条件を目指す方が良いでしょう。

40代営業マンの転職はリスキーでも可能! 焦らず転職準備をするのが成功へのカギ

40代営業マンの転職はリスキーでも可能! 焦らず転職準備をするのが成功へのカギ

40代営業マンが転職するには、さまざまなリスクを踏まえて焦らずに準備を進めることが大切です。

特に未経験の職種や業界に転職希望なら、それぞれへの徹底したリサーチも必要でしょう。

近年では転職することが珍しくなく、転職のチャンスも幅広くなってきています。

40代からの転職は厳しいと言われますが、若い人材にはない経験やスキルを活かせる仕事もあるはずです。

リスクは付いてまわりますが、在職中から転職準備を行い転職の目的や希望を明確にしていけば、ブレずに転職を成功させることができるでしょう。

 

ミドル層におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

様々な職種に精通した専門コンサルタントが、あなたの希望する年収や職場環境を考慮したうえで、
理想の転職先へと導いてくれるでしょう

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【ハイクラス】doda X


転職エージェント

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス向けの転職サービスです。

年収800万円以上の求人が多数あり、自身のスキルや経験を活かして高い評価を受けたい方に非常におすすめです。

また、ヘッドハンターからのスカウトや手厚いサポートも受けれるので、効率よく転職活動を進めていくことができます。