入社2年目で仕事がない・暇だという状態はかなり危険!このままではどんどん取り残されて手遅れになるかも。

2年目になってもまだたいした仕事を与えてもらえず、毎日を暇で過ごしている人は少なくないでしょう。

今回はそんな状況に陥ってしまった場合に考えられる今後の影響や、そうなってしまう原因及び改善方法を紹介します。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

入社2年目で仕事がない・暇だとなっていることには危機感を覚えるべき

仕事がない、暇だというのは時間がたつのは遅いし、周りからの目線も気になるしで精神的にかなり辛いですよね。

ただその精神的ストレスのみならず、2年目という立場だからこその悪影響があることを知らなければなりません。

1年目で仕事がない時とはわけが違う

手取り足取り仕事を教えてもらわなくてはならない1年目の場合、忙しいなどの理由で教えてもらえずに仕事を与えて貰えないというケースが多々あります。

自分の仕事をこなしながら新入社員に仕事を教えて与えるということはかなり難しいことで、上手くできない人がも少なくありません。

しかし、2年目にもなると事情は違います。

全てが一人前というわけにはいきませんが、多少なりとも一人でこなせるようになっていることは増えているはず。

たとえわからないことがあっても自主的に調べたり、聞いたりしてある程度は一人で仕事を進めることができるようにもなっているはずで、1年目の頃のように手取り足取り教える必要もありません。

すなわち2年目というのは、仕事を与えられやすい立場で、与えてもらって当然の立場なのです。

にもかかわらずできていないということは、何かしらの問題を抱えているということ。楽観視できることではありません。

大きく成長する時期だからこそ、周りとの差がどんどん開いていく

入社2年目というのは長い会社生活の中でみると大きく成長できる時期です。

そしてそれは同時に、周りと大きく差が開く時期であるとも言えます。

あなたが仕事がない、暇だと嘆いている間も、周りはばりばり仕事をし、新たなことをどんどん覚え、多くのことを経験していっています。

あなたが何も経験できず成長できない間も、周りはどんどん成長していっているのです。

もしこのままの状態で過ごせば、同じ会社の同期とは能力に明らかな差がつき、当然評価にも差がつき、昇格等によって如実に結果として現れるでしょう。

長い会社生活のたった1年であっても、重要度が非常に高い1年なのです。そこでの遅れを取り返すことは容易ではありません。

入社2年目で仕事がない・暇という状態になってしまう原因は?

では入社2年目で仕事がない・暇だという状態に陥ってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

あたかも仕事を抱えているように見せかけている

周りが忙しそうにしている中で、自分ひとり仕事がなく暇な状態で過ごすというのはかなり辛いこと。

それゆえに、たいして仕事がないにも関わらず仕事を抱え、忙しいように振舞って周りの目をごまかそうとしてしまいがちです。

しかし、それだと周りは仕事を与えたくても与えられません。

まだ2年目の新人が忙しそうにしているのにさらに仕事を任せてしまうと、終わるまでかなり時間がかかってしまうかもしれないし、今抱えている仕事が何なのかはわからないけど影響がでそうだし、余計ミスをしたり精神的に追い込んでしまうことにもなりかねない。

仕事がない状態をごまかしている限り、仕事はもらえないのです。仕事がない、暇だということははっきり伝えましょう。

適切な形で仕事を貰おうと動いていない

だまっていれば仕事は勝手に与えてくれるなんてことを思っていませんか?

会社次第、上司次第、先輩次第ではありますが、多少仕事に慣れてきた程度である2年目の人に対しては、そこまで積極的に仕事を与えないケースは多々あります。

すなわちずっと受け身で、ただ与えてくれるのを待っているだけでは、仕事は貰えないのです。

特に2年目の場合、より具体的に仕事を貰いにいかなければなりません。

「何かやることありませんか?」では不十分。「〇〇の仕事をやりますよ」「〇〇は私に担当させてください」など具体的に伝えなければなりません。

周りはあなたが1年間の経験によって何ができるようになっていて、何ができないのかがわからないのです。

入社したばかりあなたにとっては長い1年だったかもしれませんが、周りにとってはたいして長くはなく、まだまだ何もできないと思われている可能性だってあります。

だからこそ、自分から、積極的に、できることを示し、できないことでもやってみたいことを示し、やらせてもらえるように働きかけなければならないのです。

自信がなさそうに見える

2年目でまだ経験は浅いという時点で、仕事を任せるというのはやはり不安な面もあります。

そんな中でさらに自信がなさそうに見えると、不安はより強くなり、なかなか仕事を任せられません。

すでに経験しできることがわかっている仕事なら与えることができますが、まだやったことがなく、本人も自信がなさそうなことを「とりあえずやってみて」とは中々言えないのです。

その結果、与えてもらうことができる仕事の範囲がかなり狭まってしまいます。

2年目ではできないことが多いのも当たり前です。わからないことばかりなのも当たり前です。

ただそんな仕事でも、とりあえず自信をもってなんとかやってみようと意志があることをアピールしないと、いつまでたっても新しい仕事に挑戦できず、与えられる仕事も限られてしまいます。

信用がない

信用を失うのはあっという間です。まだ社会人経験が1年ちょっとしかない2年目の人でも、その期間で信用を失っているケースは少なくありません。

そして信用を失えば、仕事は与えてもらえなくなります。

まだ2年目ですから、わからないのも当然、できないことがあるのも当然、ミスだってあるでしょう。それは仕方がないことです。

しかし、指示したことを行わない、報連相を行わない、やりたくない仕事に対して嫌な顔をする、仕事に対して真剣さが見えないといったことは仕方がないことではありませんし、信用も簡単に失います。

改善するためには自分から仕事を貰いに動くしかない

では仕事がない・暇だと場合には今後どのようにすればいいのでしょうか。

それはやはり、自分から仕事をとにかく貰いに動くということです。

上司や先輩に抱える仕事がないことをアピールし、とにかくこれをやります、あれをやりますと申し出続ける。

それしかありません。

まだ2年目です。新たな仕事の提案なんてそんなにできるものではないし、会社としてやるべき仕事を覚える為には、必要な仕事を与えられないとどうにもなりません。

そしてもしそれでもろくに仕事を貰えなかったり、単なる雑務だけしか与えられないようなら転職を考える。

貴重な2年目、周りがどんどん成長している中で、自分だけ取り残されていっていることを仕方がないとあきらめてはだめです。

今の時代、3年以内で転職することはもはや一般的なこと。一つの会社にこだわり続ける必要性は一切ありません。

長期的に自分のキャリアにとってマイナスにしかならないと感じたなら、思い切って違う会社へと転職するべきです。

まとめ

入社して3年目までにどのように仕事をしてきたかが今後の仕事人生のほとんどを決めるなんて言われることもあるくらい、非常に大切な時期。

特に周りを見ていると、2年目が大きな分岐点となった人が多々います。

会社、上司、先輩に恵まれる人ばかりではありません。そこに運の要素があることは間違いないでしょう。

しかしもし恵まれなかったからと言って諦めるかどうか、そしてどのように過ごすかはあなた次第です。

自分から改善すること、環境を変えることは自分でできるのです。

まだ2年目だからと甘えず、周りのせいにして腐らず、自分の長期的なキャリアをしっかり考え、できるう最善のことを取り組んでいきましょう。

第二新卒向け転職サービス

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。総合的な求人数では dodaリクルートエージェントに及ばないものの、未経験歓迎の求人は業界トップクラスです。

未経験者の転職に関して本当に強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT