手取り30万円以上の仕事に転職することは可能か。昇給で実現する可能性は?

手取り30万円以上の仕事に転職することは可能か。昇給で実現する可能性は?

ある程度の年数働けば、30代になれば、手取りは30万円なんていって当たり前。そんな風に考えていた人もいるかもしれません。

しかし現実は厳しく、いくら働いてもろくに昇給がなく30代になっても手取り25万円、下手したら20万円にも満たない、そんな人はたくさんいます。

働いている会社で昇給がまともにない以上、給料を増やして手取り30万円以上を実現しようとすれば転職が必要となってきます。

ただ、もちろん転職すれば誰でも給料があがるわけではありません。

関連:手取り25万円は世間的に高いほう?手取り25万円の仕事を探す際の注意点は?

関連:基本給が高いことの大きなメリット。ボーナスは大きく違うかも。

転職で手取り30万円は現実的か

転職によって手取り30万円以上を実現しようと考えた時、その難易度はどれくらいあるのでしょうか。

手取り30万円の相対位置

まずは手取り30万円が世間的にどれくらいの位置にあるのかということを見ていきましょう。

手取り30万円の場合、社会保険料や源泉徴収税などの天引きされるものを考えると総支給額は38万円程度は必要になります。

年収はボーナスがどの程度あるかにもよりますが、仮に夏冬あわせて4ヶ月分あるとすれば年収はおよそ600万円程度。

民間企業で働いている人の平均年収は420万円ですから、平均としてはかなり高い位置にあることがわかります。

ただ、正社員で限定すれば平均年収は485万円、さらに正社員の男性に限ると538万円と手取り30万円により近づいてきます。

ちなみに年齢別にみると年収600万円を超える年齢層は45歳から60歳までの男性のみとなっています。

この結果から、手取り30万円を貰っている人はそれほど多くはなく、転職で実現しようと思っても難易度はそこそこ高いと考えられます。

転職による年収アップの実情

転職時に年収が決まる際に、前職での年収が影響する場合があります。ですから、現在手取り20万円の人と、現在手取り25万円の人であれば、後者のほうが転職で手取り30万円以上貰うことができるようになる可能性は高いのです。

もちろんあくまで一つの要素であって、他にも会社の給与基準やその人自身のスキルも関係するので一概には言えませんが、一つの指標として平均年収アップ額を紹介します。

転職サイトDODAの調査結果によると、年収アップの平均額は56.7万円。単純に12ヶ月で割った場合は4、5万程度の給料アップとなります。その為、手取り25万円以上の人であれば転職することで手取り30万円になる可能性は十分にあると言えるかもしれません。

もちろん、これはあくまで平均。中には400万円以上も年収がアップした人もいます。

昇給による可能性

一旦、転職せずに昇給に期待し続けた上で手取り30万円以上になる可能性を考えてみましょう。

リクナビNEXTの調査結果によれば、昇給額は中小企業で1.45%、大企業で2.59%となっています。

仮に手取り30万円以上となる総支給額38万円のうり残業代などの手当てが5万円あるとすると、初任給20万円からスタートした場合は中小企業で36年、大企業で21年かかることになります。

もちろん会社によってかなり差がある部分ですし、出世できて役職がつくことで一気に給料がある場合もあります。ただ、平均だけ考えれば特に中小企業の場合は厳しいものがありますね。

手取り30万円を目指す転職の取り組み方

現実的に考えて、今の会社が昇給がほとんどなく、先輩社員が自分と全然給料が変わらないようであれば、転職によって給料アップを目指すしかありません。

ただ、上述したように手取り30万円以上は世間的に見れば平均以上ですし、そう簡単なものではありません。

自分の現在の状況をしっかり確認

転職前には今一度自分の現在の状況をしっかり確認しておきましょう。

会社によってはある年齢までは全然給料が増えないが、ある年齢を境に自動的に昇格し給料がアップする会社もあります。昇給の仕方は会社によって全然違いますから、しっかり確認する必要があるでしょう。

次に自分の能力的な問題。世間的に見て平均以上の年収を貰おうとするならば、それ相応の実力がついていることが必要になるでしょう。それこそ未経験の仕事に転職する場合はさすがに難しいです。

会社にだけ求めるのではなく、会社に対して貢献することも考えなくてはなりません。

まあ能力は自分で低いと思っていても意外な部分を評価してくれることもあるので、自分で判断して諦めてしまう必要はないのですが、少なくとも誰もができることではなく、会社にとって貢献できる人間であることが必要であるということは覚えておいてください。

希望すること、妥協できることを明確に

休日の数は減らしたくない、残業はしたくない、仕事はきついのは嫌だなど全ての希望を実現することはさすがに虫が良すぎます。

年収アップを目指している時点で、現在の仕事から条件が悪くなる部分もあることは覚悟しましょう。

転職前にはあらかじめ、妥協することができることを考えておいてください。

手取り30万円を目指し方

手取り30万円は、転職直後に貰えることができるのが理想かもしれませんが、現在の自分の状況から考えて困難だという可能性も非常に高くあります。

もちろん最初は目指して全然かまいませんが、どうにもこうにも無理だという場合も残念ながらあるのです。転職エージェントに相談し希望にあった仕事を紹介して貰えるならいいのですが、紹介してもらえないようなら方向転換する必要があります。

無理なら無理で数年後に手取り30万円を目指すことも考えてみてください。今の会社の昇給ペースに比べて早く到達できる会社で考えれば見つかる可能性はかなり拡大します。

企業規模にこだわらない

大企業のほうが給料は高いし、中小企業のほうが給料が低いというイメージを持っている人は多いでしょう。まあ平均的に考えるとこれはまぎれもなく事実です。

ただ中小企業であっても高い年収を提示してくれる会社はたくさんあり、そういった会社のほうがより能力重視を見てくれるので年収アップもしやすい傾向にあります。また、転職難易度自体も大企業に比べれば下がってくれますね。

もちろん、大企業には安定性や福利厚生の充実度などもメリットもありますから、総合的に考える必要はあります。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:30代で手取り20万円以下で働いているなら、その会社に居続ける必要はない。すぐに転職をしよう。

関連:年収500万円~600万円ってどうなの?手取りや貯金の実態。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ