仕事の失敗体験談まとめ。あなたはどんな失敗経験がありますか?

仕事の失敗体験談まとめ。あなたはどんな失敗経験がありますか?

仕事で失敗することは誰にだってあるもの。

ただ、中にはちょっとシャレにならない失敗をしてしまった!なんて人もいます。

関連:仕事がだるい時の対処法。慢性的になっていたら要注意

関連:仕事でミスばかり!ミスを連発する前にやるべき7つのこと。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

仕事の失敗体験談

できることならば、失敗なんてせずに毎日を穏やかに過ごしたいものですが、なかなかそうも上手くはいきません。

誰にだって多かれ少なかれ失敗の体験談はあるものです。

そのいくつかを紹介してみます。

パソコン、携帯をどこかで紛失!中には大量の機密情報が!

会社のパソコンや携帯電話を外出した時に紛失してしまったというミスはよく聞きます。

そのパソコンの中にたいした情報がなければ良いのですが、超重要な機密情報が入っていたら大問題。

悪意のある人に拾われてしまうと、会社に大損害を与えてしまう可能性もあります。

そうしたことから、こういった情報端末の紛失について厳しくしており、もしやってしまったらかなり怒られるという会社も多いのではないでしょうか。

少なくとも、パソコンや携帯電話などを持ち歩く際には、必要最小限の情報しかいれないことや、必ずパスワードを設定するという対策は必ず行うようにしてください。

発注ミスで大量の在庫が!

会社で発注業務をしている人の中で、発注ミスをしてしまった!という人も少なくないかもしれません

中には桁を間違えて、10倍も多く発注してしまったという場合や、逆に発注ができていなかったという場合などがあります。

親しい業者であれば、普段とはあまりに違う発注量だと連絡をもらえることも多いのですが、あまり親しくなかったり、初めての発注となるとそうも行きませんね。

重要な会議があるのに寝坊で大遅刻!

社会人にとって、遅刻は基本的に許されないもの。

しかしながら、ついつい寝坊して遅刻してしまったという人も多いでしょう。

寝坊した日が、特になにもない日であればまだ良いのですが、大事な会議がある日に寝坊で遅刻してしまった!という話もよく聞きます。

少しの失敗を内緒にしてたら大きな問題に!

ちょっと失敗したなーと思っても、上司に報告すると怒られるから内緒にしておくという場合もありますよね。

小さい失敗までなんでもかんでも報告するよりは、報告すべきものとしなくてもよいものを見極めることは大切なことです。

ただ、単純に怒られるのが嫌だからと思って内緒にしておくと、後々大問題に発展してしまった!ということにもなります。

例えば、ミスをした時点では100万円の損害だったのが、ミスを隠して対応が遅れたことで1000万円もの損害になってしまったなんてこともあるのです。

仕事を完全に忘れていた

やらなくてはいけない仕事を、ただ単純に忘れていて、納期直前や過ぎてしまった後にわかり、気付いた時には手遅れなんてこともありますよね。

ただでさえ自分の担当の仕事が多い中で、次から次へと仕事を頼まれたりすると、仕事を忘れてしまうのも仕方ありません。

如何に忘れないようにするか、自分なりに工夫していくしかありません。

大事なデータを削除!大事な書類を紛失!

ふとしてミスで、大事なデータを削除してしまったり、大事な書類を紛失してしまうというミスを犯してしまう人も少なくありません。

間違えてデータを削除してしまったり、書類を捨ててしまったりなど、自らの手で行ってしまうことも多々あります。

まだ、捨てたとわかればいいかもしれません。

機密情報が入った書類を捨てたのか、無くしたのかわからないと、かなり大変なことにもなります。

日ごろからパソコンの中や机回りの整理整頓を行うことは、とても大切なことです。

失敗するのは当たり前、大切なのは後始末

誰だって失敗するのは当たり前のことです。

失敗した時に、しっかり反省し、その後でどういった対応をとるのかということがとても大切になります。

特に、自分自身での反省および改善だけでなく、周囲にもその失敗をさせいような対策をすることが大切です。

どんな仕事であれ、人為的なミスはどうしても生じるものです。

あなたがミスをしなかったところで、いずれ誰かがそのミスを犯すことになっていたでしょう。

今後、その人為的なミスをなくし、誰もが仕事を失敗することがなくできるような対策を行えば、失敗によって下がった評価は、最終的にむしろあがることになるでしょう。

取り返しのつかない失敗をしたら

仕事の失敗によって、10万円程度の損害なら良いですが、100万円、1000万円、時には1億円以上の損害を出してしまうことになります。

失敗によって多大な損害を出したことで、クビになってしまう人もいますが、クビにならなくても会社にいづらい状態になる人も多いです。

干されてしまい、まったく仕事を与えられなくなったり、追い出し部屋に行かされたり、あまりにひどい扱いをされることおあります。

そこまでひどくなくても、完全に出世競争から外れ、一生平社員でいることが決まってしまうなんてことはあるみたいです。

大きな損害をだすような失敗は、故意的に行っていない限り。その人個人だけの問題ではありません。

管理体制、チェック機構など、何かしらの問題があるわけですから、その罪を一人に被せるというのはおかしな話です。

しかしながら、現実的にあるのです。

もしどうしようもなくなったら、転職することも考えてみてください。

そういった状態で、働き続ける理由は何もありません。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

関連:仕事で大失敗。どう対処し、どう挽回するか。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ