転職で不採用となった会社への再応募。もう一度受ける為の条件とは?

転職で不採用となった会社への再応募。もう一度受ける為の条件とは?

どうしても入社したい会社があって転職活動を始めたものの、残念ながら不採用となってしまったらどうしますか?

新卒採用の場合だと期間が決まっている為、チャンスは1回きりですが、中途採用の場合だと1年に何度か採用活動を行っている会社もあるし、1年後にまた再チャレンジすることだって可能です。

ただ一度不採用になってしまった会社に再応募する時にはいくつか注意しなくてはいけない点があります。

関連記事

 

転職で不採用になった会社への再応募は可能?

まずはそもそも、一度不採用になった会社に対して再応募することの是非について紹介していきます。

不採用になった会社も応募は可、成功した事例もあり

中途採用の場合、不採用になった会社への再応募は基本的に可とされていますし、実際に2回目のチャレンジで転職を成功させた人もいます。

一部の会社では応募条件に「前回の応募から1年たっていること」「一度応募した経験が有る方は不可」となっている場合もありますが、基本的には再応募できる場合がほとんどです。

ただし、転職サイトのように自ら求人を掲載して応募する形態であれば求人が出る度に自由に応募することができるものの、転職エージェントのように求人を紹介して貰った上で応募する形の場合だと短期間内での再応募はできません。

転職エージェントの利用期間は一般的に3ヶ月程度とされており、その期間内で一度不合格になった企業を再度紹介してくれるなんてことはまずありません。

しかし違う転職エージェント会社を利用し、その転職エージェント会社でも同じ企業の求人を扱っているのであれば、一応応募することは可能となります。

不採用後にすぐ応募しても意味がないことがほとんど

不採用になった会社への再応募が可であるとしても、不採用後から期間を開けずに応募しても不採用となってしまう場合がほとんどです。

不採用になったからはスキル不足、経験不足、ミスマッチなどそれなりの理由があります。

ある程度の期間がたてば採用基準を満たすスキル、経験が身についたり、企業が求める求人の質、求人の内容(年齢や求めるスキルの内容など)も変わる為、不採用であった理由が解消される可能性はあります。

しかし短い期間では解消されることがなく、応募したところで当然同じ結果が待っているだけなのです。

転職サイトで見るとまだ求人を募集していたり、違う転職エージェント会社で求人を紹介して貰うことができたとしても、応募は控えた方が良いでしょう。

再応募までの期間は最低でも半年、理想は1年以上

では再応募までの期間はどれくらい空けると良いでしょうか。

企業によってその期間は変わり、半年でも良いという会社もあれば、1年から2年程度は空ける必要があると考えている企業もあります。

1年以上あればおよそ半数の会社では再応募に対する問題はなくなる為、一つの指標として考えておきましょう。

再応募で成功させる為に必要なこと

ある程度の期間を空けることで、再応募して内定される可能性は幾分かでてきます。

ただ一度不採用になった会社を、以前と同じように応募したところで再度不採用となってしまうのが関の山。

再応募を成功させようと思うなら、何かしら工夫をしなくてはなりません。

不採用になった理由を見直す

まずすべきが、以前応募した際になぜ不採用になったかを考えること。

スキル・経験が不足していたからなのか、企業の求めている人材に対して年齢やスキルの面でミスマッチが生じていたのか。面接での受け答えが上手くできなかった為なのか。

次に応募した時に採用される為には、この不採用となった原因を潰しておかなくてはなりません。

アピール内容を見直す

いくら採用基準に満たすスキル、経験を身につけたとしても、それがアピールできなくては意味がありません。

実は以前不採用となった原因も、アピールが十分できていなかったことが原因だということも考えられます。

だからこそアピール内容はしっかり見直し、違うアプローチ方法でアピールしていくことも考えていかなくてはなりません。

応募経路を転職エージェントに変える

以前の応募が転職サイトを通して応募したなら転職エージェントを利用して応募するようにしたり、違う転職エージェント経由などを利用して応募するなど応募経路を変えることもひとつの手です。

転職エージェントを使うことによって、アピール内容を精査することができるし、前回の話をすれば何が不足していたのかを客観的な視点で見てくれます。

自分ひとりでは中々不採用となった理由がわからない場合が多いですから非常に有用です。

同じ会社にこだわり続ける必要性ももう一度考えよう

このように新卒採用と違って中途採用では、一度不採用となったとしても再度チャレンジすることができる仕組みにはなっています。

どうしても行きたい会社があるなら、受かるまでチャレンジするというのも決して悪いことではありません。

ただ再応募を目指す場合、あらためて同じ会社にこだわり続ける必要が本当にあるのかという点はもう一度考え直してみてください。

再応募時の内定率はかなり低いのが現実

1~2年の期間が経てば確かに再応募をすることは可能。

ただ実際にその企業で内定にたどり着くことができる可能性は、他の会社を受けた場合よりも低いのが現実です。

今の会社でも満足できているならまだいいんですが、不満で仕方がないにも関わらず成功率の低いものを目指すのはあまりおすすめできません。

他にも自分の希望を実現することができる会社はないか

もしその会社に入りたいと思う根本的な理由があるなら、それを明確にしてみましょう。

そして、その希望を実現できる会社が他にないかを探してみてください。

一つの会社にこだわるより、会社を絞らず条件でこだわった方がそれを実現できる可能性、それに近づく可能性はずっと高くなります。

会社を絞らなければ、どんなタイミングでも何社でも同時にチャレンジすることができますからね。

まずは視野を広く持つことが大切

もちろんその会社でしか実現できないことがあるならばこだわって転職活動を進めることは一つの方法。

ただまずは何より視野を広く持つことが大切です。

そしてそれは転職を希望している人に限った話ではありません。

視野が狭ければ狭くなってしまうほど、せっかくあるチャンスに気づくことができません。

そのまま過ごしていれば、きっと将来後悔してしまうことになるでしょう。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ