年間休日130日以上の会社に転職したい!そんな会社はどれくらいある?

誰だって休みが多ければ多いほど嬉しいですよね。当然転職時には休日の数も会社を選ぶ判断基準になると思います。

年間休日数は会社によって大きく異なります。

1企業当たりの平均は107日程度ですが、会社によっては130日以上ある会社もあれば、逆に70日にすら満たない会社もあります。およそ倍も違うのです。

一応、労働基準法上では4週に4日の休暇を与えれば良いとなっていますから最低は52日であればいいんですが、やっぱりそれは少なすぎ。

せめて平均くらいの休日数、できることなら休日が130日以上ある会社でプライベートも充実させながら働きたいところですよね。

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

年間休日130日の会社なんてあるの?

年間休日120日以上という会社なら求人情報を見ているとよく見かけますが、年間休日130日以上となると中々見たこともありません。

日本では、たいてい週休二日制か完全週休二日制が導入されていますが、まれに週休三日制を取り入れている会社があり、そういった会社では年間休日が130日以上となります。

では、実際のところどれくらいあるのでしょうか。

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によると、年間休日数が130日以上ある会社は全体のたった1.8%しかないという結果になっています。要するにほとんどないということです。

ちなみに、年間休日数が69日以下というなかなか厳しい会社は1.3%。ほぼ同じ割合です。

さらに、リクナビネクストで公開されている公開求人を調べてみました。その結果引っかかったのはたったの30件です。全求人数が7000件以上ある中で30件なので0.5%にも満たない数字になっています。

厚生労働省の結果よりもかなり低い数字ですが、考えられる原因は2つ。休日数が恵まれていて離職率が低い為、あまり求人募集をかけないということと、好条件の会社は公開求人よりもスカウト機能や転職エージェントを経由していることです。好条件の求人は応募が殺到する為、あえて非公開求人を利用することが多いようです。

まあ結果としては、年間休日130日の会社は実際にあるにはあるし、求人もあるということがわかりました。ただ選択肢としてはかなり少なくなってしまいます。

年間休日130日以上の会社に行くとすると他のことは我慢も必要

もし年間休日130日の会社に行こうとすると、かなり選択肢が少なくなってしまう為、他の条件面では妥協しなくてはいけない点もでてくるでしょう。

仕事内容であったり、年収であったり、勤務地であったり。働く上で大切なのは休日数だけではない為、それらを犠牲にしてでも休日が多いほうがいいのかということはよく考えた上で転職しなくてはなりません。

いくら休日が多くても年収が下がって生活が下がったり、あまりにも仕事がつまらなくて仕事をするのが苦痛になってしまうと転職したことを後悔してしまうことになるので注意してください。

年間休日120日以上なら選択肢は広がる

私個人的には転職時の休日の目安は年間休日120日が良いと考えます。土日休みに加えて祝日や年末年始に休めるという形です。さらに有給休暇がとりやすい会社で全消化できる会社であれば20日加わりますから、年間で140日以上休めることになります。

年間休日が120日以上の会社は、全企業の中でおよそ3割の会社が該当しますから、転職時の選択肢としてはかなり豊富です。

その為、休日以外でも仕事内容は給料などの面もこだわって転職活動をすることができます。

転職前に一度、自分がどういたった働き方をしたいのか、現実的な状況を確認しながら考えてみるといいと思います。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)