長期休暇を取れる会社の特徴、取りやすい仕事、業界。中には2週間以上休める場合も。

海外には1ヶ月ほどの長期休暇を取ることがある国もあります。

しかし、日本の企業ではそんなに休暇を取ることなんてほとんどできず、長くても5日間、下手したら祝日等の休みもなくて2連休が限度なんて会社も存在しています。

40年くらいある会社生活において、その間ずっと長期で休暇を取れないというのはやっぱりしんどいですよね。

ただ、日本においてもそこそこ長期休暇を取ることができる会社というのは存在しています。

GWやお盆、正月に大型連休が設定してあったり、さらにその連休に有給休暇をくっつけることができて2週間以上の長期休暇にできるという場合もあります。

そこで今回は長期休暇の取れる会社の特徴や取りやすい仕事、業界について紹介していきます。

関連記事

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

長期休暇の取れる会社の特徴

会社によって年間休日数は大きく異なりますが、休日数が多いからといって長期連休があるかというとそういうわけではありません。

もちろん休日数の多い会社のほうが長期休暇を取ることができる可能性はかなり高くなりますが、多くてもまとめて休日を取ることができるわけではない会社もあるので注意が必要です。

有給休暇取得を義務付けている

労働者の権利として法律上義務付けられている有給休暇ですが、実際はあまり取りにくかったり、取ることを許されなかったりして、付与された有給休暇全てを取得できないという人はたくさんいます。

実際、平均有給休暇取得率は5割を切っており、何か特別な用事があったり、体調不良などで休まざるを得ない時しかとらないという人が多いでしょう。

ただ、会社によっては付与された有給休暇を必ず全て取りきるように義務付けている会社もあります。

有給休暇の付与日数は6年半以上働くと最低でも20日支給するように義務付けられていますが、1年間で20日間取得しようと思うとそこそこ大変。

毎月1日とっていても12日にしかならずに8日間も残ることになります。繁忙期に1日すら取れない月があるとその分他の日もとらなくてはいけません。

その為、閑散期やプロジェクトが終わったタイミングなどでまとめて5日間とる人も多いです。土日を考えると全部で9連休となるわけです。

会社自体が有給休暇取得を義務付けている為、上司や同僚も取得することに対して非難することはなく非常に取りやすい環境となります。

祝日が休日にしていない代わりに連休にまとめている

休日をいつにするかは会社によって自由。土日祝を休日としている会社もあれば、祝日を休みとせずにその分をGWやお盆、正月にまとめて大型連休にしている会社もあります。

後者の形であれば、毎年3回は1週間以上の大型連休があることになります。

ただ会社によっては祝日が休みでないけれど特にその代わりの休日があるわけではなく、単に休日日数が少なくなっているという会社もありますから、まずは年間休日日数が多い(120日以上)ということが条件になります。

長期休暇取得制度を導入している

階差によっては長期休暇取得事態を義務付けている会社もあります。

繁忙期を外した時期に、年二回ほど1週間から2週間程度の休みをとることが可能となる会社もあります。

GWといった世間も休んでいる時期だと旅行に行くにしても高くてなかなか行けないと感じる人が多いでしょうが、この制度があると旅行者の殺到する時期を外してかなり格安で行くことができるというメリットがあります。

繁忙期と閑散期の差が大きい

繁忙期と閑散期の差が大きいと、繁忙期はあまり休むことができない代わりに、閑散期にまとめてとることができやすいという特徴がありますね。

繁忙期に対応する為に人材は確保しなくてはならないが、その分閑散期に人手があまってしまうので、他の社員と調整して休みを取得することになります。

長期休暇の取りやすい仕事、業界

では、ここからは具体的に長期休暇を取りやすい仕事や業界を紹介していきます。

製造業

製造業界は、祝日がない代わりにGWやお盆、正月に長期連休を設定している会社が多いです、

製造業の場合、工場の保守等を行う為に長期で稼働を止めたほうが都合がいいのでこういった形をとってます。

こういった会社であれば少なくとも年3回1週間以上の長期休暇をとることが可能となります。

ただ、そういった会社であっても工場の保守等に携わる仕事(生産技術や製造技術等)に就くと、休日出勤せざるを得なくなるので注意が必要です。

一方、研究開発などだとその連休にさらに有給休暇をくっつけて休日を2週間以上にする人もいますから、どういった職種に就くかで変わってくるといえます。

また、製造業界は有給休暇を取得しやすいことも特徴。特に大手企業であれば有給休暇取得率が8割以上超えている会社は少なくありません。

銀行、金融業界

銀行などの金融業界は、普通の休日とは別に連続5日間の休暇(土日あわせて9連休)を年1から2回とることを設定してることが多々あります。

他の人が休みではない時期に長期休暇をとることができるので、旅行等にも行きやすいですね。

この制度は、もちろんワークライフバランスの向上という意味合いもあるのですが、それ以外にも不正防止の意味合いもあります。

1週間業務から離れ、他の人がその業務をすることによって不正を発見しやすくなるのです。

旅行業界

旅行業界は繁忙期と閑散期の差が大きい為、長期休暇を取ることができる会社もあります。

ただ、かなり勤める会社によって変わるので、就職、転職する際にはしっかり会社を見極めるのが大事。

また、業界自体は年間休日があまり多くはないので、長期連休はとれても普段の休みが少なくてきついということも多いですね。

長期休暇でリフレッシュすることは大事

仕事をしている中で長期休暇でリフレッシュすることはとても大事。

土日だけ休みの生活を繰り返していると、いまいち疲れがとれずにどんどんストレスがたまっていきます。

年に数回は次の日のこと、2日後のことなんて考えずに、のんびり旅行に行ったり、実家に帰ったり、何も考えずにぼーっとしたりする時間は欲しいものです。

長い会社生活。いかに楽しむことができるかというのは、仕事内容だけではなくてこういった休日も大きく関わってくるものです。

もし今の仕事には長期休暇が全然ない、それどころか休日が少なすぎるなんて場合には転職を考えてみてもいいかもしれませんね。

ここでは、おすすめの転職エージェントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。