転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?

転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?

より良い給料、より良い環境を目指して転職をしたとしても、その転職が失敗に終わってしまうリスクはもちろんあります。

転職をするにあたり、このリスクについてはよく知っておかなければなりません。

しかし、リスクがあるからといって転職せずに同じ会社で働き続けることも実はリスクがあることです。

そこで、今回は転職する場合のリスク、同じ会社で働き続けるリスクについて紹介していきます。

関連:転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

関連:転職にまつわる失敗談。これから転職しようと思っている人は要チェック!

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

転職すること、転職しないこと、どちらにもリスクはある

転職することにリスクがあるということは、わかっている人も多いでしょう。

やはり、何かを変えるという行動にはリスクが伴います。

しかし逆に何も変えずにいるということにもリスクがあるにも関わらず、見逃す人が少なくありません。

確かに何も変えないというのは楽ですし、リスクに気づかないことで気楽に過ごせるかもしれません。

しかし、そのリスクに気づかずにいると、時間が経ち手遅れになってしまってから気づき後悔につながってしまう可能性もあるのです。

だからこそどちらのリスクについても知っておき、それを踏まえた上でどの選択をするか決める必要があります。

転職するリスクとは

まずは、転職する場合のリスクについて紹介します。

年収ダウン

転職におけるリスクとして一番わかりやすいのが年収ダウンのリスクです。

転職では、必ずしも年収アップさせることができるわけではなく、その人の現在の給料、能力、職種によって、年収がダウンしてしまう可能性もあります。

特に、不景気の時期に転職することは、買い手市場となり年収ダウンする確率が高くなります。

出世を捨てる

転職すると必ずしも、昇進できなくなるわけではありませんが、良くも悪くも評価はゼロからスタートです。

もしも現職において高い評価を得ていて、出世の見込みが高い人はもったいない選択となるかもしれません。

新しい環境に馴染めない

仕事の内容や会社の情報などは、転職前でも知ることができますが、職場の環境はなかなかわかりにくい部分があります。

特に人間関係が上手くいくかは実際に働いていないとわからない部分です。

実際、条件等は良くても職場の環境に馴染めないことで転職したことを失敗と位置付ける人も少なくありません。

イメージとの相違

自分がやりたいと思う仕事をしたいと思って転職したけど、実際働いてみるとイメージと違っていたというのはよくある話。

また仕事の内容だけではなく、社風であったり、残業の有無であったりと、転職前に抱いていたイメージが違っていることもよくあります。

入社前に全てを把握することは困難であるが故、そういったリスクもあります。

人脈を捨てる

仕事をする上で、人脈というのは非常に大切。

長く働いたからこそ、社内や関係会社と人脈を築くことができます。

転職すると、それらの人脈がなくなり、また一から築いていかなくてはなりません。

転職せずに同じ会社で働き続けるリスクとは

では次に、同じ会社で働き続けるリスクについて紹介します。

年収アップのチャンスを捨てる

転職するリスクとして年収ダウンの可能性を挙げましたが、働き続けるリスクとしては年収アップのチャンスを捨てることがリスクになります。

大きく年収をアップさせようと思ったら、同じ会社で働き続けるよりも転職するほうがずっと可能性がありますし、年収アップできる確率もかなり高いです。

同じ会社で働き続けるということは、そのチャンスを捨てているということなのです。

キャリアアップのチャンスを捨てる

転職によって得られるものは年収アップだけではありません。

労働条件、職場環境、仕事内容など様々な点で現在抱えている不満を解消することができる可能性があります。

同じ会社で働き続けると、基本的には変わらないことが多い中で、労働者の立場から変えることができる唯一の手段が転職と言えるでしょう。

視野が狭くなる

同じ会社で働き続けていると、他の会社について知る機会もなく、視野が狭くなりがちです。

そうなってしまうと、会社の悪いところ、自分の悪いところが全く見えなくなってしまいます。

変化に対応できなくなる

同じ会社で働き続けることによって、変化にも対応できにくくなってしまう可能性があります。

その会社でしか通用しない能力ばかりを磨き、いざ転職しようと思っても他社でも通用するスキルが身についていかないのです。

そのままずっと同じ会社にいればいいかもしれませんが、将来何があるかわかりません。

会社自体の方針が変わるかもしれないし、倒産する可能性だってあるのです。

マンネリ化

同じ会社で、同じ人と、同じ仕事を続ける毎日だと、どうしても仕事がマンネリ化していきます。

向上心もなくなり、毎日ただお金の為だけに働き続けるなんてことにもなりかねません。

転職のチャンスは年々減っていく

必ずしも転職することが良いわけではありませんし、同じ会社が働き続けることが良いわけではありません。

ただ、どちらかのリスクだけを考え盲目的に判断するのではなく、どちらのリスクも踏まえた上で判断するようにしましょう。

いずれにしろ、早めに転職に関する情報収集は行って起くといいかもしれません。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:あなたのスキルはどれくらい評価される?自分の転職市場価値をリクナビNEXTで確認

関連:将来性のある仕事、業界に転職したい。どう探せばいい?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ