会社がつまらないと思ったら考えるべきこと。辞めるかどうかは慎重に。

会社がつまらない。そんな悩みを抱えている人は多いはずです。

中にはもうこんな会社なんか辞めて、転職してしまおうかなと悩んでいる人もいることでしょう。

そんな人の為に本記事ではぜひ考えるべきことを紹介します。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

会社がつまらないからと言ってすぐに辞めるという判断は危険

毎日のように行き、長い時間過ごす会社がつまらないというのは、人によってはかなりストレスが溜まる辛いことになります。

辞めたいと思う人も決して少なくはないでしょう。

ただ会社がつまらないからと言って安易に辞めてしまうのは、あまりに浅はかで危険です。

たとえば給料が低いから、休みが少ないから、残業が多いからと言ったのは、会社に原因があるというのも明確で、転職後に目指すべきことも定まっています。

しかし会社がつまらないというのは、そういった理由に比べると曖昧さがあり原因も不明瞭。転職後にどうなりたいかも、ある程度は頭にあるかもしれませんがその実現性も不明で、もし実現したとしてもそれで満足できるとも限りません。

会社がつまらないことを理由に転職するのはだめだと言っているわけではありません。むしろもっと楽しいと思える環境があるなら転職すべきだと思っています。つまらないというのは周りが思う以上に辛いことですから。

ただ慎重さは必要だと言うことです。辞めて後悔、前の会社の方が良かったと後悔、つまらないという不満が消えず転職を繰り返す。そういったことにならない為、しっかり考えに考え抜いてどうするかを決めなくてはいけません。

会社がつまらない原因の把握

まずあなたがすべきは会社がつまらないと思っている原因をしっかりと把握することです。

たとえば以下のような理由が考えられます。あなたが当てはまるものはありますか?

仕事自体がつまらない、やりたいことができない

仕事自体がつまらなければ、会社なんてつまらないと感じて当たり前。特に仕事をバリバリやって行きたいと思っている人は特にそうでしょう。

やりたいことができるとは限らないのが会社員。

仕事である以上つまらなくてもやらなくてはいけない仕事はあるし、当然想像していたものと大きなギャップがある人もいる。希望の部署に配属できない人も少なくありません。

仕事のマンネリ化、新たな仕事を与えられない

たとえ最初は仕事が楽しくても、ずっと同じ仕事をしていればだれだってマンネリ化し飽きてきます。

そこで、新たなステップとしてより難易度の高い仕事であったり、他分野・他領域の仕事を与えられるとまた新鮮な気持ちで仕事を取り組めますし、自分自身の成長の実感にも繋がるのですが、必ずしもそうはいかないのが会社員。

いつまでたっても同じ仕事で、毎日同じことの繰り返しで、それがつまらない原因になっている人も多いかと思います。

人間関係や雰囲気の不一致

会社が楽しいものになるか、それともつまらないものになるかの大きな原因に人間関係や社内の雰囲気があります。

あまりに人間関係が上手くいかず無視やいじめといったことも起きるような状態や、社内の雰囲気が自分の性格には合っていないのにそれに合わせることを強要されるという状況であれば辛いと感じますが、そこまでは行かないとしてもつまらない原因になっている人は多いと思います。

たとえば和気あいあいとした雰囲気が好きなのに周りは静かで黙々とやる人ばかりであったり、年の近い人と仲良くしながらやりたいのに周りは自分よりかなり年上の人ばかりであったり、年の近い人はいても気が全く合わない人ばかりだったり。

私自身も、同じ仕事をしていながら人間関係の違いによってとても楽しかった時もあれば、つまらなくてつまらなくて仕方がなかった時もあったという経験をしています。

よく仕事は何をするかより誰とするかの方が大切なんて言われている通り、人間関係が会社に行く楽しさを、人によって多かれ少なかれ違いはあるでしょうが左右することは間違いないでしょう。

不適切で不満の残る評価

評価に対する不満が会社のつまらなさに繋がるというのも、少なくないでしょう。

せっかく自分なりには頑張ってやってきて成果を出してきたのにそれを認めて貰えず、他のたいして仕事ができない人が評価される。そんなことがあれば、やる気も失ってしまいますよね。

私の周りでも不当に評価を下げられ、それを機につまらない、やってられないという言葉ばかり言うようになり、結局辞めていった人がいました。

やる気がなくなると、それまで楽しいと思っていたはずの仕事、そして会社自体がつまらないとしか思えなくなるというのを実感したことがある人は多いのではないでしょうか。

さらになぜそうなのか、深く考えてみる

これまで紹介した会社がつまらない原因ですが、どれか当てはまったものはありますか?あくまで主要な原因で、人によっては他の原因という人もいるかと思いますから自分としてはどうなのかを考えてください。

そしてその原因がわかったら、次にそのことについてなぜそうなのかをさらに深く考えてみましょう。

とにかく突き詰めて、なぜを自分に繰り返してみて下さい。そうすればより真に迫った答えがでてくるはずですし、この先への道筋になります。

なぜ仕事自体がつまらないと感じているのか

あなたはなぜ今の仕事がつまらないと感じているのですか?

自分がやりたいことが違うから。では自分がやりたいことは何でしょうか。なぜそれをやりたいのでしょうか。それは今の仕事ではどうしても無理なのでしょうか。

たとえば社会貢献できる仕事がしたいが今の仕事はそうではないという人がいます。

ではなぜ社会貢献したいのですか?具体的にどういうことがあなたにとっての社会貢献なのでしょうか。今の仕事では直接的ではなくとも間接的には社会貢献に繋がっているかもしれません。それではだめなのでしょうか?

やることが固まりすぎていて、自由度がなさすぎるという理由からつまらないという人がいます。ではなぜそうなっているのでしょうか。そもそもあなたはどのような自由を望んでいるのですか?

仕事がつまらない。やりたいことではない。そう思うのは簡単です。ただもっと深く考えておかなければこの先どうするべきなのかは見えてきません。

なぜ同じ仕事ばかりで新たな仕事を与えられないのか

新たな仕事を与えられず、ずっと同じ仕事ばかりを続けることになれば飽きてしまうのはもちろん、成長を実感できなくなりつまらなくなってしまうのは当然です。

ではなぜあなたは同じ仕事ばかりで新たな仕事を与えられないのでしょうか。もっと深く考えてみましょう。

今の仕事を代わりにやる人がいないからなのか、上司に部下を成長させるつもりがないからなのか、仕事がそれしかないからなのか。会社のシステムとしてそういうものだからなのか。

「飽きた」で終わらせず、なぜそうなってしまったのかを一歩踏み込んで考えてみましょう。

なぜ人間関係に不満を感じているのか

人間関係であれば、なぜ、どういうところが自分に合っていないと感じるのか、どういった人間関係を望んでいるのかといったことを考え、さらにそうなってしまっている原因についても考えてみましょう。会社としてそういう社風だから、上司がそういった雰囲気を好む人だから、色々とさらに深い原因は考えれるはず。

なぜ満足できない評価になってしまっているのか

しっかり評価して貰えなかった原因はなんでしょうか。

上司が客観的に判断してくれる人ではなかったから。好き嫌いが激しいから。学歴による派閥があるから。そもそも評価指標が実態に則していないから。

単に評価がされなかったと不満を感じるのではなく、それがなぜかを考えなければ対策も生まれないし、辞めるかどうかの判断もできません。

環境ではなく、自分に原因がないかを考えてみる

さらに深く理由を考える場合、注意しなければいけないのが環境のせいばかりにしないということです。原因はあなた自身にもあるかもしれません。

意識して考えないと、つい環境ばかりのせいにしてしまいがちですが、もし実は原因が自分にあるにも関わらず環境のせいばかりにしていれば、たとえその会社を辞めたとしてもまた同じことで悩みます。

仕事をつまらないものにしてしまっている要素はないか

やりたいことができなかった、ギャップが大きかった。その時、あなたはどうしましたか?

この仕事はつまらないと決めつけ、仕事と真剣に向き合わってこなかったという人もいるのではないでしょうか。

一度その仕事をやることになった以上、ぜひ楽しもうとする努力はしてみるべきです。ギャップなんておそらくどんな仕事についても多かれ少なかれあります。そこで前向きに取り組むことができなければ、この先どんな仕事に就こうがおそらく「つまらない」と思ってしまうでしょう。

もちろん楽しもうとやるだけやってみたけど、やっぱりだめだったということだってあるでしょう。他に強くやりたいと思っていることがあるならなおさらです。

ただやる前からつまらないと決めつけてしまうと、もしかしたら楽しいと思えるはずだった仕事もつまらないとしか感じられなってしまいます。

新しい仕事を与えて貰えない要素はないか

同じ仕事ばかりで飽きてしまった。ではなぜ新しい仕事を与えてもらえないのでしょうか。

もちろん会社側や上司に問題がある場合もあるでしょうが、そればかりとは限らないはずです。

あなたの仕事ぶりがまだ認められておらず、ステップアップする段階にはないとみなされているのかもしれません。

上司にアピールできておらず、上司は今の仕事に本人が高いやりがいを感じていると思っているのかもしれません。

今の仕事、最低限のことはできるようになったかもしれませんが実は与えられた仕事の範囲内でまだまだやれることが残っているのかもしれません。

自分に原因がないか。本当にそう言い切ることはできますか?

人間関係が上手くいかないのは自分にも責任はないか

人間関係が上手くいかない原因は、本人にあることも多いです。

最初から拒絶してしまっていませんか?自分には合わない、自分とは違う人間だと決めつけ、馴染もうとする努力をしてみましたか?

もちろん性格はそれぞれですから、合う合わないもあるでしょう。それは仕方がないことです。

しかし、馴染む努力は必要なことです。

この先、人間関係はころころ変わっていきます。たとえ転職して一度は自分に合った良い人間関係ができたとしても、自分や周囲の異動等で変わっていきます。だからこそ、合った場所を探すのではなく自分から合わせていくということも、会社をつまらないものではなくする為には大切な能力です。

本当に客観的に見ても評価は高いか、アピールできているか

実力・成果に見合わない評価をされてしまうという人は確かにいます。

しかし、周りから見ていると正しい評価なのに本人は不満を感じていて文句を言っている人も少なくないように感じます。

自分を過剰評価していないでしょうか。本当に高く評価されるべき人なのでしょうか。自信を持つことは大切ですが過剰評価は今後の自分の仕事にも悪影響を及ぼすので、気を付けなくてはなりません。

そしてもう一つ大切なのは、上司にしっかりアピールすることです。

上司はしっかり見ていてくれるなんて勘違いをしないでください。よく見てくれている上司もいますが、自分からアピールしなければよくわかってくれない上司もいます。

仕事は自己満足で終わってはいけません。自分で上げた成果は自信を持ってアピールしましょう。

辞める前、転職する前に注意すべきこと

もしここまで考えた上で、今の会社ではやっぱりつまらないままだから転職した方が良いというなら、思い切ってしてみると良いでしょう。

ただいくつか注意して下さい。

つまらないことから脱却する為に他のことを捨てても良いのか

今のつまらない会社からもっと楽しいと思える会社を探そうと思った時、もしかしたら給料が下がる、休みが少なくなるなんてこともありえます。

例えば大企業からベンチャー企業への転職はまさにこの例です。

しかし、これはさらに慎重になり覚悟を持たなくてはなりません。

楽しさを追い求めて給料や働きやすさを捨てて転職したものの、すぐに後悔することになったという人が数多くいる為です。

もちろんその転職を行って大正解だったという人もいますからだめではありませんが、あらかじめ覚悟しておくことは必要だと思います。

もし覚悟が決まらないなら、今の条件を落とすことない範囲でできる転職を考えなくてはなりません。

仕事を辞めるのは転職先が決まってから

もっと楽しい会社に!と思って仕事を辞めたとして、あなたが望むような会社に転職できるなんて保証はどこにもありません。

もしかしたら辞める前の会社に比べ、もっとつまらなくて条件の悪い会社にしか転職できないかもしれないというリスクもあります。

確かにつまらない会社は一刻も早く辞めたいという気持ちもわかります。しかし早く辞めることができるというメリットに対し、デメリットがあまりにも大きすぎます。

ですから特別な理由がない限りは転職先を決めてから仕事を辞めるという流れを守るようにしましょう。

安易にフリーランスという道を選ばない

中には転職ではなくフリーランスという形を選ぶ人もいますが、まだ何も実績がない段階でこの道を選ぶのは危険です。

少なくとも副業という形で実績を作り、貯金も作り、安定した収入と生活が確保されてからにしましょう。

安易にフリーランスを選んだものの思っていた以上に稼ぐことができず、貯金を切り崩して生活していたが底をつき、結局会社員に戻るがブランク期間もあって望むような転職はできないなんてことも可能性としてあるのです。

真剣に考えれば転職は成功する

転職に失敗した、転職して後悔したという人に話を聞くと、たいして深く考えず、先のことも想像せず、感じた不満から勢い任せに行ってしまっている人が多いです。

おそらくもっと真剣に考えた上で転職するかしないか、どういった会社へと転職するかしないかと決めていれば失敗しなくて済んだでしょう。

もしあなたがまさにこれから転職しようと考えているならば、ぜひ勢いや思い込みではなくしっかり自分と向き合い現実を直視しどうするかを決めるようにしてください。

おすすめ転職サービス

最後に当サイトでおすすめする転職サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT